GW中に行いたい!5月病の予防と対策方法を知っておこう

ゴールデンウィークに突入して浮かれている皆さん。GWが終わればまたいつもの日常が待っていますよ。

いきなりそんなことを言うのは性格が悪いですが、その時に気を付けなければならないのが『5月病』です。GW明けになると途端に5月病を発症している人は多いです。

今回はその『5月病』の原因や、予防と対策についてまとめていきます。

5月病とはそもそも何なのか

indian-627832_640

 現在では非常にメジャーな用語となった「5月病」ですが、これはどういうものなのでしょうか。

五月病

新しい環境に適応できず,焦り,ストレスを感じ,気持ちが落ち込むうつ状態。医学用語ではなく通称。もとは大学新入生が5月の連休明け頃から急激に無気力,無関心になることから名づけられたが,時期は5月にかぎらず,また中学・高校生や新入社員にもみられる。

出典:
コトバンク> ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典> 五月病とは

5月病は正式な病名ではないのですね。

だからと言って病気では無いというわけでもなく、医学的には「適応障害」や「軽度のうつ病」に分類されるので、立派な病気ということになります。

5月病の原因とは

worried-girl-413690_640

この時期やGW明けに「何もやる気が起きない」「意味もなく不安になる」「体がダルイ」という人は5月病にかかっているかもしれません。

5月病に掛かる原因としては以下の様なものがあります。

  • 新しい環境での生活についていけていない。
  • 人間関係に不満や不安がある。
  • 生活のリズムが変化した。

また上は比較的ネガティブな要素ですが、それ以外にも「入試や入社などの目標を達成した喜びが遅れてやってきた」「新生活での緊張の糸が切れた」など、安心感や開放感から発症するケースもあります。

5月病になりやすい人の特徴としては「何事にも妥協を許さない完璧主義な人」が代表的な例とされていましたが、最近ではそれ以外の人も発症しやすいことがわかってきました。

例としては「仕事とプライベートで二面性を持つ人」です。仕事をしている時に自分を抑圧しているタイプの人は、普段は明るくても、仕事に関わると途端にうつ状態になる「非定型うつ病」を発症しやすいです。

「自分は5月病かもしれない」と気になる人は、以下のチェックシートを参考にしてください。うつ病用の診断ですが症状は共通する部分があるので、幾つか当てはまる場合は5月病の恐れ有りです。

症状チェックシート

5月病はこのように誰にでも発症する可能性のある病気です。

しかし普段から対策を講じれば予防ができるのが5月病の特徴でもあります。次からは5月病の予防と対策の方法をご紹介していきます。

5月病の予防と対策方法

5月病は放っておけば治ると言われることが多いです。確かに治ることもあるかもしれませんが、その時に怖いのが「気づけば深刻な精神状態に陥っている」ということです。

言ってきた通り5月病も立派な病気であるので、取り返しの付かなくなる前に正しい対策と予防を練ることが望ましいです。

以下からはその対策方法をまとめました。

規則正しい生活を送る

adorable-21998_640

GW明けに5月病を発症した場合、最も多い原因は「連休中に不規則な生活を送った」ことです。

普段の土日で夜更かしをしてしまったなどで多少体内時計が狂ったとしても、辛いのは月曜日ぐらいで大した問題ではありません。

しかしそれがGWなどの長期休暇中全てで不規則な生活を送ってしまうと、体内時計をもとに戻すのは大変です。

大きく狂った体内時計は身体に多大なストレスをかけて、結果的に5月病を発症することに繋がってしまいます。

GW期間でも就寝と起床はなるべく同じ時間に設定しておきましょう。

人とコミュニケーションをとる

call-15924_640

「GWは一人でのんびり」という人もいるかもしれませんが5月病の原因になりがちです。

普段あまり話すのが好きじゃないタイプでも、実は何気ない日常のコミュニケーションが気づかないうちにストレスの発散になっているものです。

友人や恋人や両親など誰でもいいので、心を許せる人とくだらない話をするだけで心は驚くほど軽くなります。

運動をしよう

running-573762_640

普段運動不足の人は思い切ってGWを運動をする良い機会として使ってみてはいかがでしょうか。

ご存知の通り運動はストレス発散の代表的なものです。健康に良いですし、「運動をした」という達成感が休日を意義のあるものにしてくれます。

僕はストレスが溜まった時は近くのバッティングセンターへ行き一時間ぐらい黙々と打ち続けます。ボールに日頃の鬱憤をぶつけるのです。おすすめですよ。

食生活のバランスを意識する

salad-374173_640

食事の効果も馬鹿にできないものがあります。食事から摂取する栄養素は精神的にも良い影響を与えますし、朝昼晩と同じ時間に食事をすることは生活全体のリズムを一定に保つ効果があります。

食材としては、ビタミンが豊富な果物類やキャベツ、アスパラ、レバーなどがおすすめです。うなぎや豚肉などのスタミナ料理でよく使われるものも効果的です。

連休中だからと言って暴飲暴食はくれぐれも禁物。多少の付き合いは仕方がないですが、最低でも連休が終わる三日前あたりからは食事にも気を使いたいものです。

まとめ

もしも連休が明けてから暫く経っても体調や気分がずっと落ち込んだままであったら、できるだけ早期に医師の診断を受けることが望ましいです。精神疾患は早期の治療で症状の改善が期待できます。5月病は病気であることを忘れないようにしましょう。

本来リフレッシュ期間であるはずのGWで、逆に5月病にかかってしまうのは非常に勿体無いことです。正しい対策をとって、GW明けをサッパリとした気持ちで迎えたいものですね。

SNSでもご購読できます。