【Kindle本セール 50%OFFまたは50%ポイント還元】おすすめの本16冊を紹介

【追記】2016年9月14日から開始の半額セールは以下の記事で紹介しています。紛らわしくて申し訳ありません。

いまさら感がありますが、Kindle本が半額or50%ポイント還元というなかなか盛大なセールが行われているので、その中からおすすめの本を紹介したいと思います。期間は「2016年5月27日(金)00時00分~2016年6月2日(木)23時59分(日本時間)まで」となっています。

Kindle本セール 50%OFFまたは50%ポイント還元

対象の本は約15,000冊ありますが、ひと通り目を通しました。印象としては特にビジネス書やハウツー本がおすすめです。文学ジャンルはなぜか官能小説が多いのであまり期待しないほうがいいかもしれません。

それではジャンル別に紹介していきます。このブログで取り上げた本は当該記事のリンクも記載しておくので、よろしかったらあわせて御覧ください。

ビジネス・経済

今回のセールで最もおすすめなのがこのジャンルの本。良書が対象となっています。

人を操る禁断の文章術

メンタリストDiaGo氏の本。「人を操る文章の書き方」がテーマとなっています。ブログやメール、ビジネス文書など参考になるシーンは多いように感じました。

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由

あまり聞き慣れない「デザイン思考」に関する著書。従来とは少し違うアイデア発想法は考え方の良いヒントとなります。

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本

マーケティングに携わる&興味を持つ人には非常に勉強になる本です。ブログ運営にも活かせる部分が多いように思います。

超・オフィス整理術 仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか

自分もデスクを整頓することはスムーズに作業をこなす上で大切だと思っているので、読んでみたい本です。というか買いました。値段も70%オフとお買い得です。

ニコニコ哲学-川上量生の胸のうち

以前に読んだ川上量生さんの『コンテンツの秘密』が面白かったので購入しました。ニコニコ動画が一大コンテンツとなった理由に触れることができます。

文具上手

「文具」という単語にまんまと釣られました。文房具愛にあふれた本のようなので楽しみです。

同じ著者の本もセール対象となっています。

趣味・実用

文章術に関する本が特におすすめ。

内向型を強みにする

弱みと見られがちな「内向型」を強みにできるヒントが満載です。僕もまるっきりの内向型人間ですがハッとさせられる内容が多いです。

しっかり! まとまった! 文章を書く

「文章が書けない」というあるあるの悩みを解決してくれる本。前作にあたる『きっちり! 恥ずかしくない! 文章が書ける』もセール対象となっているので合わせて買うのがおすすめ。

スーパー速書きメソッド

文章を書くスピードを最近は意識することが多いので読んでおきたい一冊です。値段も安い。

暮らし・健康・子育て

このジャンルではカタログ系の本がおすすめ。「~図鑑」「~ガイド」などなど、ビジュアル的にも楽しめる本が面白そうです。

すし図鑑

日替わりセールの時に購入しましたが、寿司ネタひとつひとつに丁寧に解説してあり勉強になるやら腹が減るやらな本です。Kindle Paperwhiteだと白黒でこの本の魅力が半減するので、可能ならKindle Fireなどのカラーで読める環境があると良いですね。

文房具&手帳ベストバイガイド

見ているだけでも楽しそうな文房具ガイド。本屋に売っているのを見かけたけれど、結局買い逃してしまったのでこの機会に買おうと思います。

文学・評論

セール対象は官能小説が多いですが、ここは敢えて普通に文学作品を紹介していきます。

星の王子さま

説明の必要のない名作。子供でも読みやすい文章ですが、その内容は大人が読んでも深いものを感じさせます。

アンネの日記

教養として読む価値のある一冊だと思います。

ラヴクラフト全集 1&2

クトゥルフ神話でお馴染みのラヴクラフトの全集です。2巻までがセール対象となってます。

1巻収録の『インスマウスの影』が好きです。

月世界へ行く

このタイトルだとピンと来ないかもしれませんが『十五少年漂流記』『海底二万里』の作者と言えばほとんどの人はわかるのでは無いでしょうか。

学研まんが人物日本史

懐かしすぎて思わず紹介。小学校の時は図書室に入り浸ってこのシリーズを片っ端から読んでいました。特にムロタニツネ象先生の漫画が好きです。

学研まんが人物日本史シリーズ

おわりに

個人的にはかなりお腹いっぱいのセールです。また積読を消化する日々が始まりますな。

セールは6/2(木)いっぱいが期間となっているので、悩んでいる間に終了していたということの無いようにしましょう。

SNSでもご購読できます。