「80対20の法則」を使って、少ない努力で最大の利益を出す方法

pareto-principle-693315_640-min

少ない努力で最大の利益を出すというのは僕の中で理想の生き方ですが、そのヒントが「80対20の法則」という本の中にありました。

目からウロコの部分もあったので、紹介したいと思います。

努力をした分だけ成果が生まれるわけではない

80対20の法則とは「企業の成果の80%は、たった20%の業務から生まれている」というものです。つまり、その20%の部分にだけエネルギーを集中させれば簡単に大きな成果を出すことができる、というのがこの本全体の内容。

この法則はビジネス以外でも当てはまる場面が多いです。例えば人付き合いでも有益な時間を与えてくれるのは全体の20%の人たちだったり、人生の楽しみの80%は20%の趣味や娯楽に詰まっていたりします。ブロガーの人はもっとわかりやすいかもしれません。アクセスの大半を占めているのは、極少数の記事だったりします。これは僕も身を持って感じています。

僕たちは努力をした量と同じだけの成果が返ってくると思いがちです。しかし実際にはそのような均衡はあり得ず、むしろ原因と結果というものは不均衡であることが当たり前なのだとか。

balance-154516_640-min

だからこそ成果をあげている少数の部分を見つけ、そこにひたすらエネルギーを注いでいくことが楽をして成果を出すためには重要なのです。ではその成果を出している20%の部分はどのように見つければいいのでしょうか。

20%の部分をどうやって見つけるか

まず前提として、仕事の大半は無意味で無駄であるということを理解しないといけません。努力をした分だけ成果が返ってくるという幻想を、本書の中では「50対50思考」と呼んでいます。そのような甘い考えを捨てて、物事の中で大切な部分は少数しかないという「80対20思考」をすることが重要です。

次に現状を分析することが必要になります。例えばビジネスであれば、どの部門が利益を上げているかをカテゴリーに分けて考える必要があると書かれています。

  • 製品、あるいは製品のグループ・種類。
  • 顧客、あるいは顧客のグループ・種類。
  • 十分なデータが揃うその他のカテゴリー、たとえば地域や販路。
  • 競争相手

これらのカテゴリーを分析することで、どの部門が利益の大半を担っているのかを理解することができます。特に競争相手を分析することは、自分の強みを把握することにも繋がるので重要です。強み=成果をあげている要素であることがほとんどだからです。

tutor-407361_640-min

ビジネスであればこのように綿密な分析が必要になってしまいますが、日常生活においては比較的見つけやすいです。例えばブログならGoogle Analyticsなどのアクセス解析を利用すれば、集客性の高い記事を見つけるのは難しいことではありません。

また自分にとって大切なものを把握するなら、自分が幸福を感じる瞬間をリストアップすることがおすすめです。

目的が幸福なら、僅かな時間で普段の何倍もの幸福を味わえることは何かを考えてみよう。それが「幸福の島」である。紙を取り出し、まずいちばん上に「幸福の島」というタイトルを書き、その下に思い出すかぎり、至福のときを書きだしてみる。そして、リストアップした「幸福の島」の間に何か共通点がないかどうかを考えてみる。

正直なところ「幸福の島」なんて怪しいタイトルをつける必要は無いとは思いますが、単にリストアップするだけでも効果があります。またこれと合わせて「自分が楽しくないこと」をリストアップすることも効果的です。そうすることで、自分が本当に楽しいと思えることが対比され、明瞭になるからです。

こうして見つけた20%の部分に対して全力を注いでいくわけですが、具体例を次から見て行きましょう。

20%の部分にコストをかけ、投資する

ビジネスにおいては、利益をあげている少数の部分に資金や人員を注いでいきます。またそれ以外の部分は切り捨てていく勇気が必要です。こうすることで20%の部分がどんどん拡大していき、当初の何倍もの利益をあげることが可能になります。

business-361488_640

また私生活においては、自分が幸福を感じる物事に積極的に投資をしていきます。最初にも言いましたが、自分にとって有益な時間を与えてくれる知人は20%程度です。それならば、その人達と合う時間をもっと増やしましょう。

一番得意なことや、楽しいことに積極的に時間を使っていきます。生活の中で無駄となっている部分はどんどん削っていきましょう。時間を上手に使うこととは、20%の価値あることに積極的に時間を投資していくこと、と言うことができます。

本日のまとめ

  • 50対50思考をやめて、80対20思考を実践しよう。
  • 20%の部分を見つけるために、現状を分析をしよう。
  • 判明した20%の部分に積極的に投資しよう。

厳密には80対20ではなく70対30であったりする場合もあると思いますが、重要なのは原因と結果に不均衡が存在することに気付くかどうかです。

努力も漠然とすればいいというわけではなく、方法が大事ということですね。あまり努力せずに成功者になりたい人は、「80対20の法則」を呼んでみると参考になる部分が多いと思います。

SNSでもご購読できます。