Googleアドセンスの審査申し込み方法と承認までの流れ

mac-459196_640

Googleアドセンスの審査に申し込む方法を紹介します。アドセンスの審査は「一次審査」「二次審査」という段階を踏んでいくので、各段階を順を追って解説していきます。

Googleアドセンスの審査は難易度が高いことでも有名なので、確実に審査を通過したい人は合わせて前回の「最速でアドセンスの審査を通過するための7つのコツ」も読むことをお勧めします。

Googleアドセンスとは

Googleアドセンスは、広告がクリックされれば収益が発生する「クリック報酬型広告」の代表として人気が高いですが、登録までの審査通過の条件や利用に関する規約が厳しいことでも有名です。

一度規約違反を起こしてしまうと再度利用できるまでが面倒なことになるので、細部にわたって注意をすることが必要です。

一次審査の申し込み方法

※アドセンスへの申し込みにはGoogleアカウントが必要です。仕様上Gmailの取得が同時にアカウント登録にもなるので、持っていない方はアドレスごと取得してしまいましょう。

無料メールアドレスの取得方法(Gmail、Yahooメール、Outlook.com)


1.「Google AdSense‎ 」のページへ行き、「今すぐ開始」をクリック。

2015-03-06_01h49_44

2.左下の「はい(Googleアカウントでログインする)」をクリック。

ga1

3.広告を掲載したいサイトのURLを記入。言語は日本語にしましょう。その下に利用規約等が書いてありますが結構重要な内容なので頭に入れておくといいでしょう。

ga2

4.個人情報の入力欄です。「アカウントの種類」は「個人」を選択。会社の場合は「ビジネス」を選びます。また「お支払い受取人」の名前は必ず銀行口座の氏名と一致するようにします。

一番下の「メールサービスの設定」は基本的には全て受け取るのが良いです。全て記入したら「お申込みを送信」を押します。

ga3ga4

5.このような画面が出たら一次審査の申し込みは完了です。

ga5

一次審査申込み後

上記の画像には「審査に一週間ほどかかる」と書いてありますが、特に問題の無いサイトなら審査通過の知らせが翌日ぐらいにはメールで届きます。早い時は2,3時間で合格通知が来ることも。

ga6

一次審査通過を知らせるメール。

逆にこの一次審査を通過できない場合、明らかに規約に違反している可能性があるので、再度自分のサイトを見直す必要があります。

最速でGoogleアドセンスの審査を通過するための7つのコツ

二次審査の申し込み方法

一次審査を通過したので、二次審査へ進むことになります。

二次審査では実際に自分のサイトにアドセンス広告を掲載して、それの表示をもって審査通過となるという少し特殊な形となっています。以下はその解説です。

アドセンス広告の作成方法

 1.一次審査を通過した後にアドセンスのページヘ行くとこのようになっていると思います。今回はまずサイトに貼り付ける広告を作成していくので、上部にある「広告の設定」をクリック。

ga7

2.規約が表示されます。目を通したら最下部の「はい」にチェック後、「Adsenseアカウントに移動」をクリック。アドセンスのマイページに移動します。

ga8ga9

3.サイトに貼る広告を作成していきます。「広告の設定」ページの「新しい広告ユニット」をクリック。

ga10

4.広告の設定をしていきます。「名前」の部分は画像のように「ブログタイトル・貼る場所・サイズ」などを記入しておくと後から管理がしやすくなります。「広告サイズ」は一般的な「300×250」のサイズにしています。その他の項目はデフォルトの設定のままで問題無いです。全ての設定が終わったら「保存してコードを取得」をクリックすれば完了です。

ga11

5.「広告コード」が発行されます。「コードタイプ」は「非同期」で問題無いです。サイトでこのコードを張った箇所に広告が表示されることになります。これは後からでも見ることができるので、現段階で保存しておく必要性は特に無いです。

ga12

6.これにて広告の作成が完了したので、次は実際にサイトに貼り付ける作業をします。

アドセンス広告をサイトに貼り付ける方法(Seesaaブログ編)

アドセンスの審査はSeesaaブログで申請用のブログを作って臨む人が多いと思うので、今回はSeesaaブログでの方法を解説します。

基本的なやり方はどのブログサービスでも同様なので、Seesaaブログ以外を利用している人も参考になると思います。


※Seesaaブログでのサイト作成方法などは下記の記事を参考にしてください。

 1.Seesaaブログのマイページから「デザイン」をクリック。

ga13

2.デザイン一覧にある「コンテンツ」をクリック。

ga14

3.左下の方にあるコンテンツの一覧の中に「自由形式」という項目があると思うので、それを右の方にあるサイドバーの一番上にドラッグして配置します。

ga15

 4.正確に配置できたらこのようになっているはずです。今度は配置した「自由形式」をクリックします。
ga16

 5.このようなウィンドウが出現するので、タイトルに「スポンサーリンク」か「広告」と記入します。サイドバーにアドセンスを貼り付ける場合は、その他のコンテンツと混同しないようにスポンサーリンク等のタイトルを記載するのが義務付けられているので注意してください。

そして下の空欄には先ほど発行したアドセンス広告のコードをコピーして貼り付けます。下にスクロールしていくと「保存」ボタンがあるので忘れずにクリックします。

ga17

6.設定が完了すればこのようになっているはずです。問題がなければ「保存」を押して終了です。

ga18


ここまで設定が終わったら後はブログの更新を続けつつ広告が表示されるようになるのを待てばいいのですが、幾つか設定しておかなれけばならないこともあるので、次はそちらも解説していきます。

広告を自分のサイトにのみ表示する設定方法(アドセンス狩り対策)

この設定をすることは非常に重要です。先ほど発行したGoogleアドセンスのコードは「右クリック→要素の検査」から簡単に第三者から調べられてしまいます。例えばそれが悪意のある人によって変なサイトに貼られまくったりすると、自分のアカウントがアドセンス利用停止に追い込まれてしまうわけです。Googleからすれば誰が広告を貼ったのかなんてわからないですからね。

このような嫌がらせを「アドセンス狩り」というのですが、これを防ぐ方法があります。広告を自分のサイトだけ表示されるように設定すればいいのです。以下はその方法の解説です。


 1.ホームの右上から「設定」ページヘ行きます。

ga19

2.左サイドバーの「アクセスと認証」をクリック。

ga20

3.「広告の表示を許可するサイト」にチェックを入れます。ドメインを記入する枠が表示されると思います。

ga21

4.枠の中にドメインを記入すると、そのサイトでのみアドセンスが有効になります。ここに記入するのはサイトURLの「http://」と「/(最後の)」以外の部分となります。このサイトであれば「livelognet.com」の部分ですね。記入ができたら「保存」を押します。

ga22

5.「広告の表示を許可したサイト」に先ほど記入したドメインが表示されていることを確認できたら、以上で設定は完了となります。

ga23

以上でアドセンス狩りの対策は大丈夫です。

二次審査の流れと注意点

二次審査で貼り付けた広告は、審査が合格するまでは空白のままで表示されません。逆に言えば表示されたら合格と考えていいわけですね。二次審査の合格はメール通知などが無いという情報を見たことがあるのですが、自分のところには届いたのでもしかすると最近はそういう形態になっているのかもしれません。

二次審査合格の通知。

二次審査合格の通知。

審査中に注意したいことは、ブログの更新はその間も必ず継続するということです。準備で安心してしまってボーっと結果の通知を待っていたら不合格だった、というケースも多いようです。合格しなければ元も子も無いので、その間もしっかりと更新をしてアピールを欠かさず、そしてアドセンスについての勉強も続けていくことが大切です。

SNSでもご購読できます。