ブログタイトルを変更した後に必ずやっておきたいこと

昨日と今日で2回もブログのタイトルを変更した馬鹿野郎は私です。
優柔不断は悪徳でしかないですね。気をつけたいです。

さて本題に入りますが、ブログのタイトル変更をしている最中に「インデックス数が激減する」という事態に陥りました。対処をしたところすぐに直ったのですが正直結構焦った……。

その経験も踏まえて、「ブログのタイトルを変えた人は、すぐにこれだけはやったほうがいいよ」ということがいくつかあったので、共有の意味も込めてまとめていきます。

因みにWordpressでブログを書いている人向けの話です。

「サイトマップの再構築」は忘れずに行う

ここでいうサイトマップは投稿した記事の一覧がズラーっと並んでいるようなものではなく、Google等の検索エンジンにサイトの情報を読み取ってもらうためのサイトマップなので注意してください。

ウェブマスターツールを利用している人は、自分のブログのサイトマップをプラグインなどで作成しているのではないでしょうか。僕も「Google XML Sitemaps」というプラグインで自動でサイトマップを作成しています。

ブログのタイトル変更を行った時に注意したいのは、「必ず一度サイトマップの再構築を行っておく」ということです。

サイトマップが以前のままだと、ブログタイトルの変更が反映されていないままの状態になってしまいます。そうなるとインデックス数が正常に表示されないなどの不具合を起こしてしまうことも。

「Google XML Sitemaps」の場合ですと、設定ページに「サイトマップを最構築する」という箇所があるので、ここからサイトマップを最新の状態にすることが可能です。
screenshot_374-min

サイトマップの再送信を行う

ウェブマスターツールを利用している人は、サイトマップの再送信は忘れずに行うようにしましょう。
理由はGoogleに「ブログのタイトルを変更したよ」ということを知らせるためです。

僕はこの作業を怠っていたので、一時的ではありますがインデックス数が激減するという事態に陥りました。

方法はウェブマスターツールの「サイトマップ」から登録している項目にチェックを入れて再送信するだけです。

screenshot_375-min

この作業を行うと一時的にサイトマップが「保留状態」になると思いますが、おそらくGoogleが読み取るのに時間がかかっているだけなので何時間か待ちましょう。しばらくすると直ります。

念のため「Fetch as Google」もやっておきましょう

Fetch as GoogleはGoogleに「自分のサイトのコンテンツをインデックスしてくれ」と頼む機能です。なかなか記事がインデックスされないときなどは重宝する便利機能です。

これも上記と同様に、タイトル変更をできるだけ早く検索エンジンに認識してもらうために行います。

方法はウェブマスターツールの「Fetch as Google」からサイトの情報を取得し、送信するだけです。「直接リンクをクロールする」にチェックをいれないとサイト全体の情報が送信されないので注意です。

screenshot_376-min

以上のことを行ったところ、インデックス数が元に戻りました

僕は以上の3つのステップをブログのタイトル変更後に行ったのですが、インデックス数は以前と同じに戻すことができました。

screenshot_377-min

記事の掲載順位なども今のところ変化が無いです。時間が経ってから何かが起こるかもしれませんが、現状は特に何も変わっていないので、タイトル変更にそこまで怯えることもないんじゃないかな、と個人的には思っています。

SNSでもご購読できます。