あなたの知らない代替医療の真実──『代替医療解剖』

51css83wDcL

「足つぼマッサージの効果には科学的な根拠が無い」と言われて驚いたのは最近のこと。正確には血行促進やリラックスなどの単なるマッサージの効果はあるけれど、よく言われる「土踏まずのあたりを痛がる人は胃が悪い」のような足の裏が身体の各部位に関連している根拠は全く無いのだそうだ。

「足の裏の特定部位を押せば体にも変化が起こる」という療法はリフレクソロジー(反射療法)と呼ばれており、代替医療の一種とされている。そしてこの代替医療全般に対して科学的なアプローチで徹底的な検証を行ったのが『代替医療解剖』の著者2名だ。

そのひとりのサイモン・シンの著作である『フェルマーの最終定理』は僕自身も読んだことがある。根っからの数学嫌いが果たして完読できるか不安だったのだけど、読み終わる頃には感動しきりだったことを思い出す。もうひとりの著者・エツァート・エルンストは彼自身が代替医療に長年関わってきた言わば「内部」の人物で、この本を書くにはうってつけと言える。

果たして代替医療は、通常医療に代わる革新的な療法となりえるのか。
それともリフレクソロジーのように根拠のない嘘っぱちなのか。

この本はその疑問に対する、現状で最も信ずるに値する答えを示してくれている。

代替医療の効果の信ぴょう性

本書を読み終えてわかる事実は「代替医療のほとんどは、宣伝されているような科学的根拠は無い」という衝撃的なもの。

例えば第二章で取り上げられている「鍼治療」は、人体に起こるあらゆる問題に対処できると言われている。しかし実際には効果が認められたのは僅かなタイプの痛みや吐き気ぐらいなもので、それ以外には継続的な改善効果はほとんど無いことが明らかになった。

ではなぜ科学的根拠に乏しい代替医療が、ここまで多くの人に受け入れられているのだろう。その最大の理由に「プラセボ効果」がある。

代替医療を受ける患者は、その療法に対して大きな期待をしている事が多い。また鍼治療を始め、施術の方法がダイナミックなものがほとんどだ。そしてその治療費も決して安くはない。このような条件が揃っているとプラセボ効果は特に発生しやすい。患者も「ここまでやるなら、これ絶対効果あるやんけ!」と思っちゃうわけだ。

医師の評判が高いこと、治療費が高いこと、治療法が目新しいという三つの要素が、とくにプラセボ効果を高めると結論した。

ただ「プラセボ効果だろうが、実際にそれで健康になれるんならよくね?」と思う僕のような人もいるかもしれない。プラセボ効果の特徴的なところは、決してインチキ療法というわけではなく、実際に患者も健康になり、満足して帰っていくことだ。これは一見すると問題が無いように見える。

ただ本書ではプラセボ効果に頼っている代替医療の問題性を、しっかりと追求している。

プラセボ効果のみに頼ることの問題点

プラセボ効果は確かに魅力的だけど、そこには問題点もある。

ひとつには、プラセボ効果は患者に対して嘘をつくことが前提にあるということだ。効果が無いはずの症状にも「効果がある」と言い、必要以上に誇張したことを患者に吹き込まないと、強いプラセボ効果は生まれない。

現代の医療では、治療に関する情報を医師と患者の間で明確に共有する方向性を強化している。その取り組みは双方の信頼感を強め、透明性の高い医療社会を実現していくはずだ。しかしプラセボ効果に頼る代替医療は、その流れに逆行しているのである。

こっそりプラセボ効果を利用することが当たり前になれば、医療に詐欺文化が広まり、医療という職業が蝕まれていくもとになると反論したい。

そしてこちらが根本的な部分かもしれないが、通常医療の現場でもプラセボ効果は当たり前のように存在するのだ。辛い病気にかかった時に病院へ行き、医師の診察を受け、薬をもらって帰ってくる。これだけで患者はかなりの安心感を抱くだろう。程度の差こそあれ、紛れも無くプラセボ効果がそこにはあるわけだ。

それに加えて、通常医療の治療は度重なる臨床試験をくぐり抜けてきた、科学的根拠のある治療方法である。つまりはプラセボ効果に大きく依存している代替医療とは違い「根拠のある治療効果+プラセボ効果」が保証されていることになる。

効果の証明された薬には、プラセボ効果というおまけがついてくる。それなのになぜ、プラセボ効果だけしかない治療を受けなければならないのだろうか?

つまりは最適な治療効果を期待するのであればまず通常医療を受けるべきで、代替医療を受けることはほとんどの場合は遠回りをすることになってしまう。よほどの理由がない限り、通常医療のほうが間違いは無いのである。

と、ここまでは本書の批判的な内容に乗っかって僕自身も好き勝手言ってきた。しかし代替医療が全て悪いというわけでは当然無い。本書で批判しているのは「現状の代替医療のあり方」であり、「代替医療そのもの」を根本から否定しているわけではないのだ。

最後に代替医療の重要性に触れて、この記事は終わりたいと思います。

代替医療がもつ大切な役割

ここまで悪者のように扱われてきた代替医療は、どのような役割を持っているのだろうか。

代替医療を受けた患者の傾向として、満足感が非常に高いことがある。例えばセラピストは患者のために非常に長い時間をかけて丁寧に施術を行う。また施術は一回限りで終わるということはほとんど無く、何度も足を運ぶことになるだろう。つまりは双方の間には良い関係が生じるのである。

そして、それは通常医療には欠けている側面と見ることができる。自分が医者にかかった時を思い出してほしい。一度の診察時間は短く、態度も事務的なことが多くはないだろうか。代替医療を受けるきっかけになるのは、こういった医師に対する失望が原因となっていることは珍しいことではないようだ。

世界中のどこで行われた調査でも、代替医療を使うきっかけの少なくとも一部は、通常医療への失望であることが示されている。

代替医療に従事する人々の暖かさを感じる対応は、通常医療が見習うべき代表的な点と言える。

また代替医療には大きな可能性があるということだ。科学は代替医療を真っ向から否定しているわけではなく、そこに根拠があれば当然受け入れる。現実に「魚油」などはもともとは代替医療の範疇として扱われていたのに、検証によって科学的根拠が見つかったため、通常医療として受け入れられることになったそうだ。

魚油は、通常医療によって受け入れられた代替療法の、もうひとつのすばらしい例である。

代替医療が存在すること自体はいいことなのだろう。仮にその中に根拠のある治療法があれば、医療における新発見があったと言えるからだ。

興味深いのは、安全で有効であることが証明できる代替医療はなんであれ、実は代替医療ではなく、通常医療になるということだ。

問題は科学的根拠が否定されたのに、あたかも効果があるように立居振舞っている一部の代替医療だ。そして同時にその存在を盲目的に認めてしまっている僕達、引いては社会全体にも問題があるのかもしれない。

本書はキレキレの批判的な内容の連続で、読んでいる際に「ここまで言って大丈夫なの!?」と心配だったのだが、案の定というか、英国のカイロプラクティック協会に著者であるサイモン・シンが訴えられるという事件が起きた。裁判はもつれにもつれたが、最終的にサイモン・シンの勝利に終わったそうだ。

SNSでもご購読できます。