Amazon Fire タブレット 8GBのカバーケースも「Finite」がおすすめ!安価&高品質で間違いないです

KindleやFireタブレットは安価で購入できるのが魅力ですが、そのぶん純正のアクセサリ類は値段が高いので悩む人も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめしたいのが「Finite」から発売されているカバーケースです。

自分はKindle Paperwhiteのカバーを買う際にFinite製のモノを選んだのですが、安いのに丈夫かつ使いやすい構造に感動。思わずレビュー記事まで書いてしまいました。

そういった過去があったのでFireタブレットを購入した時もFinite製のカバーを迷わず購入してみたのですが、こちらも期待した通りの完成度で安心しました。その魅力を今回の記事で余さず紹介していきたいと思います。

見た目がかなりお洒落

カバー外部はPUレザーとなっています。スマホのカバーなどによく使用される素材です。本革ではありませんが、見た目としてはほとんど見分けはつかないので十分にお洒落です。

img_0563

それとは反対に、画面に触れる内側はマイクロファイバーとなっているので本体を傷つける心配がありません。

img_0561

外側は丈夫に、内側は柔らかい素材になっているのでバランスがいいです。

値段が最大の魅力

先に言ったように、Amazonの純正のアクセサリは値段が高いので少し手が出にくいです。例えばAmazonが販売している公式のカバーは3,680円となっています。僕の場合はFireタブレット本体を「プライム会員+セール」というあわせ技で3,980円で購入したので、ほぼ本体代金と同じ価格でカバーを買うハメになってしまいます。これではあまりにも馬鹿らしい。

Finiteのカバーの価格は1,380円となっています。このぐらいの値段であればかなり手が出しやすくなります。

screenshot_660

ただ安くても質に問題があったら元も子もないので、次からは品質面に触れていきます。

スタンド機能は問題なし。片手でも簡単に持てる

タブレットでは映像コンテンツを楽しみたいので、スタンド機能は必須と言えます。その点でカバーを選ぶ際の重要な要素となりますが、Finiteのカバーはそれも問題ありません。

画像で見るとこのような感じです。見た目だと少し心許ないように思えますが、倒れるようなことは特にありません。テーブルの上に置くぶんには何の問題もないでしょう。

img_0562

img_0559

あと縦置きも一応はできます。

img_0560

またこのようにカバーを反対側に折りたたむこともできるので、片手で持つことも簡単にできます。

img_0557

色の種類が豊富

カラーバリエーションが豊富なのも見逃せないところです。純正カバーが4種類なのに対して、こちらは20種類もあります。

screenshot_661

単色だけではなく、柄物もあるのがユニークです。ゴッホの絵がカバーになっていたりとおもしろい。

813gcaonwtl-_sl1000_

コスパを重視するなら「Finite」が最適解

Kindle Paperwhiteに続いてFiniteのカバーケースを選びましたが、こちらも安心と信頼の品質で大満足。安いカバーなら他にも色々とあるとは思いますが、それに質が伴っているのがこの商品の素晴らしいところかと思います。

純正カバーにお金をかけるならば、Finiteのカバーを選ぶほうが断然おすすめです。

本体のFireタブレットですが、プライム会員であれば断然購入をおすすめします。プライムビデオ、プライムミュージックなどのサービスとの親和性が尋常じゃなく良いです。

プライム会員になるコトも非常におすすめです。以前まではお急ぎ便と送料無料ぐらいしか特徴がありませんでしたが、今では音楽&映画見放題、セールの優遇といった様々な特典があります。ひと月あたり325円と格安で利用することができます。

Amazonプライムの無料体験登録はこちらから

SNSでもご購読できます。