デキる男は、アナログとデジタルのメモ帳を使い分ける

「メモ帳」と言っても、現代ではアナログのメモ帳以外にも、スマホやパソコンで記録ができるデジタルのメモ帳も存在します。

アナログにもデジタルにも、それぞれにメリットとデメリットがあるので、片方を使えばいいというわけでもありません。どうせなら、両方をケースバイケースで使いこなしてしまいましょう。

状況によってアイテムを使いこなす能力が、デキる人間には必要です。

デジタルとアナログのそれぞれの弱点を補う使い方が理想

デジタルのメモ帳は、情報の整理も簡単ですし、画像も保存できるなどメリットは非常に多いです。しかし、スマホやパソコンでメモを取ることはビジネスの場などでは失礼な印象を与えてしまうことが心配されます。

そういう場でも、アナログのメモ帳は特に違和感なく使用できるので便利です。またパッと出して書ける手軽さや、緊急時などでもコンビニで簡単に購入できることも魅力です。ただ、情報が雑然となりがちですし、キーボードやフリック入力ができないので長文の記入に向いていないところは弱点と言えます。

blogging-336376_640

このように、どちらにもメリットと同じぐらいにデメリットもあるので、両方をそれぞれに適した場面で使い分けていくことが望ましいです。そのために、あらゆるケースに備えてアナログとデジタルのメモ帳を常に用意しておくと便利です。

アナログとデジタルをどのように使い分けていくか

アナログとデジタルのそれぞれのメリットを享受するのであれば、場面に応じてどちらでも使用できるように、両方を常に準備しておくといいでしょう。

アナログのメモ帳は先程も言ったように、フォーマルな場面でも問題なく利用することができるので、常にポケットなどに入れて持ち歩くべきです。またアイデア出しの時は、アナログのほうが向いていると思うので、僕は喫茶店などのゆったりとできる場所などでも紙のメモ帳を使用してガリガリ書いています。時にはパソコンやスマホから離れる時間もほしいので、個人的にはいい時間だと思っています。

紙のメモ帳の効果的な記入方法は以下の本が参考になります。名著です。

それに対して、デジタルのメモ帳は「情報の保管場所」としての利用がおすすめです。僕はおなじみの「Evernote」にあらゆる情報を一元管理しています。ブログの下書きもEvernoteを利用しています。

またそれ以外にも、手元に残しておきたい面白い記事や、買い物リストなどもEvernoteで管理しています。紙のメモ帳が「思考をアウトプットする場所」であれば、Evernoteなどは「備忘録」的な使い方であると言えます。

また、撮った写真も管理することが容易なので、紙のメモ帳に書いた内容やレシートなどをスキャンして保管しておくこともできます。このように紙媒体もデジタルの情報に変換して保存できるのは魅力です。

他には、電車でつり革などに捕まっている場合は、片手で操作ができるスマホだと簡単にメモが取れるので意外と重宝します。スマホでメモを取る時のおすすめのアプリは「Textever」です。開いた瞬間からテキスト入力ができるのでサクサクとメモが取れます。もちろんEvernoteと連携しています。

本日のまとめ

  • アナログとデジタルは、互いの弱点を補う使い方で真価を発揮する。
  • アナログのメモ帳は主に「アウトプットの場所」として、デジタルのメモ帳は「あらゆる情報の管理場所」として使用することがおすすめ。

僕もアナログとデジタルを使いこなして、デキる男を目指していきます。

SNSでもご購読できます。