書きやすくて、しかも安い おすすめボールペン 3選

普段から手書きのメモ帳もかなり使用しているので、お供としてボールペンも自分にとって欠かせない存在です。特にコストがかからず、書きやすいようなボールペンが好みです。デザインにはあまりこだわりません。

今回は自分が気に入っている、安くて、しかも書きごこちが優れているボールペンを紹介していきたいと思います。

「三菱鉛筆 uni ジェットストリーム」

screenshot_469-min

そのあまりの書きやすさから発売から瞬く間に話題になり、海外でも支持している人が多いというモンスター商品。ボールペンの定番と言えばジェットストリームという人は非常に多いです。

筆記時の抵抗が少ないことが、そのなめらかな書き味の秘密。またインクが乾くのが非常に早いので、履歴書を書く時などにも安心して使用できます。僕も当時は実際にジェットストリームの0.5mmで履歴書を書いていました。

使ってみて「書きやすい!」と心から思ったのはこのボールペンが初めてだったと思います。それまではボールペンなんてどれも大差ないと思っていたので。今でも見かけるとつい買いだめしてしまう中毒性を持った商品です。

一本で複数の色を使用できる多機能タイプも人気です。

最近ですと、デザインにこだわった「ジェットストリーム プライム」というタイプも発売されています。書きやすさだけが売りだったジェットストリームはもはや過去の話ですね。

「ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ」

screenshot_470-min

最大の特徴は、書きやすさが売りのボールペンの中では破格の安さであること。Amazonなら5本入りで370円なので、一本あたりは80円ぐらいです。

また入手がしやすいことも嬉しい。コンビニへ行くと必ずと言っていいほど一本単位で売っているので、急にボールペンが必要になった時などは非常に役立ちます。

ジェルインクを使用しているので、書きやすく、また滲みにくいという特徴を併せ持っています。ジェットストリームほどではないですが、速乾性も十分。

個人的に気に入っているのは書きやすさや値段はもちろんですが、いかにもボールペンっぽいそのシンプルな見た目が気に入っています。主張しすぎていないところが良い。

色が豊富な部分も素晴らしいです。おすすめの色は「ブルーブラック」。履歴書などに使用すれば、他人との差をつけることに繋がります。

画像引用元:Amazon

 

「ぺんてる ビクーニャ 」

screenshot_468-min

「ボールペンと言えばジェットストリーム」という定説を覆した新鋭のボールペン。言い方は悪いのですが、あらゆる点でジェットストリームの上位互換と言っても過言ではないかもしれません。

インクの粘土を極限まで低くし、潤滑剤を含めることでなめらかな書きごこちを徹底的に追求して生まれたボールペンだそうです。ただどれだけ商品の解説をされてもピンと来ないと思うので、実際に買ってみてください。このボールペンの凄さは実際に使用しないとわからないです。

僕は初めて使用した時に、ジェットストリームの時の感動が再来しました。技術の進化って凄いですね。ジェットストリームでボールペンの開発技術は極地に達したものだと思ったのですが、数年後にまたそれを凌駕する勢いの商品が平気で出てくるのですから。

ひとつ難点を言うのであれば、見た目があまり好きじゃないです。ポップすぎるというか。

と思っていたのですが、シックな感じの種類も存在したのですね。もう文句の付けどころが無いです。

またジェットストリームと同様に、多機能タイプも存在します。こちらはデザインも洗練されていていい感じです。

安さを求めるなら「サラサ」、書きやすさを求めるなら「ジェットストリーム」か「ビクーニャ」

個人的には、「サラサ」は安いので気軽に使いまくれることがいいですね。自分は普段からメモを頻繁に取るので、コストパフォーマンスの良さはそれだけで魅力です。

逆に「ジェットストリーム」や「ビクーニャ」は比較すると値段が高いのでフル活動させるのは少し気後れしますが、書きやすさが素晴らしすぎます。履歴書などの他人に提出する書類を書くときにも、問題なく使用することができます。

場面によって使い分けることができることもボールペンの魅力であると思います。それぞれのシーンによって最適のものを選ぶようにすると、より一層愛着が湧いてきますよ。

SNSでもご購読できます。