もう野球観戦はテレビでいいや。そう思った5つの理由

children-403582_640

野球は現地で見るのも迫力があって楽しいですが、最近は何だかんだで家でテレビ観戦する方が総合的に考えると良いと思うようになりました。その理由をまとめます。

1.現地へ行くまでと帰るまでの煩わしさが無い

生で野球を見るにはまずチケットを買い、何らかの交通手段で現地へ赴かなければいけません。出費もかかりますし、何よりそこまでしなければいけないのが面倒です。帰るときも電車はかなり混むので結構体力を消耗します。

テレビやネット配信なら試合開始と同時に動き出しても間に合いますし、何より安上がりです。

2.お金がかからない

現地へ行くとついついその場の開放的な雰囲気に流されて食べ物やグッズを購入してしまいがちです。しかも値段は相場よりお高いのが普通で、ビールなんて缶一本分で平均600円以上の価格です。あの迫力と雰囲気の中で飲むビールは最高ですが、少し財布が心配になります。

それならば缶ビールでも買って家で見るほうが経済的で良いと思ってしまいます。

3.トイレにすぐに行くことができる

球場観戦で個人的に一番困るのがトイレが遠くにあることです。いちいち席を立って階段を登り降りしてトイレまで行くのは億劫です。トイレに行っている間に試合に動きがあったりでもしたらもう最悪です。

4.実況が聞ける

地味に大きいのがこれです。球場観戦だと見ているのは遠くからなのでイマイチ状況を掴みづらいです。球種やコースなども席によってはよくわからないので置いてきぼりになることが多いです。当たり前に聞いている実況と解説のありがたみが身に染みます。

ラジオで実況を聞きながら現地で見るという方法もありますが、そもそも放送をしていなければ無理ですしね。

5.リプレイがある

 スーパープレーやわかりづらいプレーを再度見せてくれるリプレイも、球場観戦を経験するとありがたみがわかります。

まとめ:色々言ったけど、やはり現地観戦の迫力は凄い

自分の場合は何事にも気楽さを求めてしまうのでテレビ観戦が良いという話ですが、球場観戦の魅力だって当然あります。

球場で野球を観戦した時の迫力は凄いものです。一流選手たちのプレーの巧みさや、ファンの応援の凄まじさは生で見てるからこそ感じられるものです。

自分の性格やTPOに応じた観戦方法を選ぶのが最も野球を純粋に楽しめると思いますよ。自宅で野球が見たい人は最近だと「パ・リーグTV」や「ニコニコ生放送」などのネット配信サービスが盛んなので興味がある人はどうぞ。

 

SNSでもご購読できます。