ブログのテーマが決まらない?何の問題もありません。

ブログのテーマが決まらなくて悩んだ経験のあるブロガーは多いのではないでしょうか。もしくは現在進行形で悩んでいるから、この記事を読んでいるのかもしれませんね。

一般的にはブログはテーマを絞ったほうが成功しやすいとされています。テーマを絞ることで内容も専門的になりやすく、またリピーターも増えやすいというのが主な理由です。

ただ個人的にはブログをやりたいという確固たる気持ちがあるのなら、最初から無理にテーマを絞ろうとする必要は無いと思います。これは僕がこのブログで特にテーマを絞らず、好き勝手に記事を書いてきた上で至った結論です。

その理由をこの記事では書いていきます。

ブログのテーマなんて、続けるうちに定まってくる

このブログは、テーマが特に決まらないまま見切り発車で始めたようなものです。と言うのも、自分が何が得意で、どんな記事だったら書き続けることができるかなんてわからなかったので。だから最初は適当に知識の中で書けることを、何でもいいから記事にしていたと思います。

ただ不思議なもので、最初はかなり幅広く書いているつもりだったこのブログも、続けるうちに自然とテーマが定まってきたのです。今このブログで主に扱っている内容は、ランニングや書評やブログ論などが中心となっています。これは初期の頃から決まっていたテーマではなく、続けるうちに段々と定着していったテーマです。

つまり僕が言いたいのは、テーマなんて無理に決めようとしなくても、色々と記事を書きまくっているうちに扱いたいテーマが見えてくるから安心して欲しいということ。もしブログを始める前に「テーマが決まらないから、なかなかブログが始められない」と足踏みしているとしたら、それは時間の無駄でしか無いです。

girl-1064658_640

ブログはやはり「実際に記事を書く」という事が、最も多くの気付きが得られます。作ってもいないブログのテーマをあれこれ考えるよりも、試行錯誤しながら色々な記事を書いてみるほうが余程建設的です。

ブログの可能性を広げることにもなる

考具』という本に書いてあったのですが、アイデア出しの際に最も大切なのは「些細な内容でもいいから、とにかくアイデアを出しまくる」ということなのだそうです。何故かと言うと、一見すると些細でも画期的なアイデアに化けることもある。またそれらのアイデア同士が組み合わさることで、新しいアイデアに化けることもある。だから企画などで重要なのは、とりあえず可能性を広げるために多くのアイデアを出しまくることなのだとか。

これはブログにも通じることだと思います。とりあえず幅広い分野の記事を書いてみると、自分でも思いがけない記事が向いていることに気づいたりします。また書いていた記事同士が化学反応を起こすように、新しいネタに化けたりすることも。

balloon-912805_640-min

もちろん冒頭でも言ったようにテーマが絞られたブログは専門性の高い、内容が濃い記事が多くなるメリットもあります。ただ自分でも気づいていないような適性や、新たな可能性を模索するという点では、ジャンルを敢えて絞らず好き勝手に書くという手法も大いにアリだとは思うのです。

テーマを絞らないという強みもある

テーマが決まらないばかりに、ブログを始めることに足踏みをしてしまう人がいます。ただテーマが決まっていないなら、それはそれで悪いことでも無いですし、強みにもなっていきます。

とにかくあまり物怖じせずに「書いてみよう」ということですね。そうすることでしか見えてこないものってあるので。テーマを絞るにしても、ブログを初めてしばらく経ってからでも遅くはありません。柔軟に考えていきましょう。

SNSでもご購読できます。