古典

耽美小説の極致――『春琴抄』

『陰翳礼讃』を読んでから谷崎潤一郎にハマり気味。そういうわけで『春琴抄』も読んでみた。『陰翳礼讃』と同様に谷崎潤一郎が日本の古典美に目覚めた時期の小説であり、また作品群のなかでも傑作との声が多い。また文体が特徴的であり作 […]

続きを読む

「自由」の意味が問われる――『砂の女』

安部公房といえば、『メタルギア』シリーズの生みの親である小島秀夫さんの話を思い出す。彼によればダンボールを使って身を隠すというあの常軌を逸した行為は、安部公房の『箱男』をモチーフにして生まれたらしい。だから安部公房を読む […]

続きを読む