ランニング初心者があえて安いシューズを買うべき理由

「初めてランニングシューズを買うなら、高くてもしっかりしたものを買ったほうがいい」というようなアドバイスを過去にもらったことがあります。間違ってはいないとは思うのですが、個人的な経験からすると初心者こそ最初は安物から買うべきではないかと考えています。

ピッタリのシューズを選ぶのは難しい

ランニングシューズは、結局は自分に「合う」か「合わない」かが重要です。シューズは製造しているメーカーも様々で、その中にも色々な特徴があるからです。クッション性の強さだったり、重量であったり。サイズも重要な要素となるでしょう。

ランニング上級者であれば、経験も豊富で自分に合うシューズを理解しているので問題は無いでしょう。しかし初心者の場合はそもそも経験自体が無いため、シューズを正しく選ぶことが難しいのです。

one-kara(3)

自分に合うシューズを探す手っ取り早い方法として、ショップの店員に選んでもらうというのは効果的な方法です。しかし、同時に注意も必要です。その時は足にフィットした印象でも、実際に走ってみたらシックリこない、ということも珍しく無いからです。こう言っては元も子も無いかもしれませんが、結局走ってみるまではシューズの良し悪しは判断できないのです。

「高いシューズ=良いシューズ」ではない

どうして高いシューズがあまりおすすめできないかというと、高額なシューズは上級者向けに設計されていることが多いという理由があります。上級者向けのシューズは記録の向上を目的とした軽量なものが多く、ランナーのフォームなどが固まっていることが前提となっています。

run-634702_640-min

そういったシューズを初心者が購入してしまうと、クッション性が弱めになっているために怪我の原因にもなってしまいます。フォームなどが固まっていない初心者のうちは、シューズは走ることをサポートしてくれるものを選ぶのが正解なのです。

初心者は安いシューズをいくつか買って、勉強しよう

せっかく大枚をはたいて購入したシューズが合わなかったら損した気分になりますよね。それを避けるために、最初は初心者向けの数千円のシューズを選んだほうがいいです。仮にそれが合わなかったとしても、大した出費でも無いですので、次に切り替えていきましょう。そうして数種類のシューズを試していくうちに、自分に合うシューズを模索していくのです。

shoes-666059_640-min

ランニングを始めたての頃は、勉強期間と思うようにしましょう。先程も言った通り、自分に合うシューズと出会うには試行錯誤しか無いです。その期間で「自分に合うシューズはどういったものなのか」「サイズはどのくらいが走りやすいのか」をしっかりと把握し、それを後々に活かしてくのです。高いシューズを買うのはそれからでも遅くないですし、この方が間違いも少なくなります。

まずはランニングに関しての知識を習得していくことが大切です。高いグッズを買うとモチベーションも上がるので悪いことばかりでは無いのですが、だからといって無駄な部分にお金をかけることはありません。

まとめ

  • 最初から高いシューズを買うのは危険だし、無駄な出費になりがち。
  • まずは安いシューズをいくつか試して、自分に合うシューズの傾向を掴もう。

ちなみに僕に最も合っていたのは、Amazonで期待せずに購入した3000円のシューズでした。アシックスのロードジョグというシューズです。

このように意外なものがピッタリだったりするので、やはり試行錯誤しかないのでしょうね。

SNSでもご購読できます。