頭の良い人は「自分と違う意見」を成長のチャンスと考える

silhouettes-776666_640-min

あなたの周囲にも「この人は頭の良い人だ」と思う人間がいるかと思います。理由はよくわからないが、醸し出す雰囲気や物腰に知性を感じるような人。

そういった人の決定的な部分として、自分と違う意見とぶつかった時の対処法が違うのです。

頭の悪い人は、違う意見を「自分に対する攻撃」と捉える

頭が悪い人は、いつまでたっても成長しない人と捉えても結構です。そういう人達の特徴として、批判や指摘に対して過敏であるという特徴があります。

例えば何かを主張した時、誰かから「いやこういった考えもあるんじゃないですか?」というようなことを言われたとしましょう。この時に頭の悪い人は「自分を否定された」という感情を一番最初に抱くのです。場合によっては不機嫌になったり怒りを露わにしたりするかもしれません。

angry-man-274175_640

主張とは多くの場合に、第三者の意見によって研鑽されて真理に到達していくものです。しかし頭の悪い人はそれを全く理解しておらず、ただ自分の考えを周囲に理解してもらいたいことだけを考えています。ひたすらに「賛同」が欲しいのです。

頭の良い人は、自分と違う意見と出会うことをむしろ望んでいる

それに反して頭の良い人は、自分と違う意見の尊さを理解しています。先程も言ったように、自分と他人の意見を擦りあわせていくことで、さらに自分の考えが高みに登っていくことを望むのです。

他人から反論や批判をされた時も、それを貴重なものだと考えます。あなたの周囲にいる頭の良い人は、常に冷静で物腰も穏やかではないでしょうか。それは、周囲からの手厳しい意見に対して腹を立てるより先に、そこから何を学び取るかをすぐに考えているからなのです。怒りなどというものに、無駄なエネルギーを注ぎません。

entrepreneur-593371_640-min

頭の悪い人と良い人を比較すると大きな差があります。頭の悪い人は誰からの意見も受け入れず、どこまでも自分の殻に閉じこもったままです。どれだけ的を射た事を言っていたとしても、そこからの成長がありません。

それに反して、頭の良い人はどんどん進化していきます。自分と他人の考えの両方を噛み砕いて次々に新しい思考を展開させていくのですから、何倍もの効率があるのです。

自分と違う意見を受け止めて、成長に繋げよう

言うのは簡単ですが、実は「違う考えを受け入れる」というのは非常に難しいことです。僕も普段の生活で何かを指摘されたりすると、ついムッとしてしまうことはありますし。

しかし難しいからこそ、それだけ他人と差をつけることになると考えることもできます。日常生活を振り返って、自分と違う意見に対しての反応を思い出してみてください。もし「頭が悪い人」寄りの反応になっていたら、少しだけそれを受け入れる心のゆとりを持ってみましょう。

そうする内に気が付くと、あなたは周囲から頭の良い人と思われる存在になっているかもしれませんよ。

SNSでもご購読できます。