失ったモチベーションを取り戻すたった1つの方法

どれだけ情熱を持って始めたことでも、気が付くとやる気が出なくなっていることは誰にでもあると思います。

そういう時に、個人的に最も効果のあると思っている方法があります。今回はそれを紹介したいと思います。

モチベーションを取り戻すには「再度、目的を明確にすること」

僕は、モチベーションが失われてきているなと感じ始めたら、一番最初の気持ちを思い出すようにしています。

例えば、僕はランニングを習慣づけていて、週5回は走るようにしています。しかし、最近では梅雨時期だったということもあって走ることができない日が続き、なんとなく停滞ムードになってしまっていました。

そういう時にどうするかというと、「何故自分はランニングを始めたのか」という、そもそもの理由を明確に思い出すようにしています。僕の場合は「健康維持のため」「最近太ってきたから」「スタイルを良くして、おしゃれな服が着たいから」「モテたいから」など、理由は健全なものから不純なものまで様々ですが、これだけあります。

one-kara(3)

恐ろしいのは、これだけの理由があっても、物事が習慣化してくると、それをコロッと忘れてしまっていることです。段々と「目的のための習慣」ではなく、「習慣をこなすことが目的」となってしまい、自分の奥底にあった真の目的を見失ってしまうのです。

ランニングも、始めた当初は「身体に良い影響を与えること」が目的だったはずです。しかし、いつしかそれが「走ること」自体が目的となっていた。それではモチベーションが下がっても当然です。だって走ることを目的としたって、何のやりがいもないから続くわけないです。

物事を始めた時の動機は、最も強いエネルギーを持つ

行動の動機というのは色々と存在するとは思いますが、最も人を動かす力があるとしたら、それは一番初めに生まれた動機でしょう。0を1にすることが、最も難しいからです。

先ほどの話の続きですが、僕はランニングのモチベーションが下がった時に、再度目的を明確化することによって、やる気を取り戻すことができました。この時期は暑くてしんどいのが正直なところですが、やはり体重を減らしたいのでゼェゼェ言いながら走っています。

僕がモチベーションを取り戻すことができたのは、やはりランニングを始めるに至った、最初にして最大の動機である「痩せたい」「モテたい」ということを思い出したからです。それらは自分にとって非常に大切なことであり、行動を起こさせるほど強力なものであったということです。

running-498257_640-min

もし、このまま走ること自体を目的として惰性で走っていたら、僕はランニングをやめていたでしょう。「習慣だから」「これまでやってきたことだから」なんて理由は、動機としては非常に微弱だからです。また、それらは一番最初に自分を行動させた動機には絶対勝てないでしょう。

もし、物事が続かなかったり、モチベーションの低下を感じることがあったら、気持ちをスタート地点に戻して、「自分がどうしてそれを始めたのか」「それによって何を実現したいのか」ということを再度明確にしましょう。

頭に思い浮かべるのも良いですし、紙に書き出すのも良いと思います。想像以上の効果を発揮しますよ。

SNSでもご購読できます。