電子書籍がおすすめすぎる!そのメリットをまとめました

kindle-498025_640-min

Kindle購入後、電子書籍のメリットを痛感することになったので、どのような部分が優れているのかをまとめていこうと思います。

いやあ良いものですよ、電子書籍は。

なんといっても安い

僕が電子書籍に魅了された理由はこれです。電子書籍は通常の本と比較して、値段が安く設定されていることがほとんどです。

またKindleの場合は「日替わりセール」「月替りセール」をやっているのが魅力です。

例えば今月のセールだと、こちらの本。定価だと4,104円だけど、セール中につき1,680円となっています。半額以下なのでブックオフより安いですよ。2014年11月発売の本がここまで安いのはなかなかありません。

こちらも定価1,620円の本が599円

安いだけで見るなら300円以下の本もたくさんあります。

こちらのはあちゅう氏の本はなんと99円。買おうかな。

「春画のからくり」という本も275円です。面白そう。

7/8の日替わりセールは「珍夜特急」という漫画でした。99円

こんな感じでセール中だと半額以下で購入することができるのは、財布が寂しい僕のような人間にはぴったりなのです。

またセール中の商品を物色している時は、掘り出し物を探している時のようなワクワク感があります。もともと古本屋巡りが好きだったので、同じ感覚で楽しんでます。

読みたい本をすぐ読めるって凄い

これも冷静に考えると凄いことです。

紙の本だと、本屋へ行くか、Amazonから配達されるのを待つかだったのですが、その手間も無くなりました。だって電子書籍なら、注文すれば一分もかからず目的の本が読めるんだもの。寝転がりながらだって可能です。

何もしていない男性

また時間を選ばないというのも嬉しいです。深夜だろうと、読みたい本があればすぐに読むことができます。良い時代になったものです。

場所を取らない

これは特に言うまでもないですね。端末の中に本棚があるようなものなので、何と言っても邪魔になりません。部屋に本が積まれる光景も無くなるでしょうね。

library-425730_640-min

外出時もKindleさえ持っていけば、何冊でも本を読むことができます。飽きた時のために2冊ほど本を持つのが習慣だったのですが、もう鞄が重くなる心配もありません。

引用が楽

Kindleにはハイライト機能というものがあって、文中にマーカーを引くことができます。

screenshot_2015_07_07T07_39_47+0900-min

そしてこのハイライトした部分は、何と「amazon kindle」というサイトで見ることができるのです。

screenshot_491-min

これがどう便利かと言うと、書評などを書く時の引用文を書くのが非常に楽になります。今までは本を凝視しながら、キーボードで打ち込んでいましたからね。

それがコピペすればOKになったわけです。個人的には革命ですよこれは。

これはブログを書いている人で、しかも電子書籍というよりもKindleのメリットかもしれません。ただ電子書籍はほとんどの人がKindleで読んでるだろうし、別にいいよね。

わからない単語をその場で調べることができる

昔の文学を読んだ時に困るのが、わからない漢字や固有名詞が登場した時。そんな時も単語をタップすればすぐに意味を検索することができます。

紙の本の場合だと、わからない単語が出た時は一度本を伏せて、スマホの辞書で単語を調べるということをしていました。かなり面倒だったので、電子書籍のこの優秀さに感動しています。

strategy-390308_640-min

辞書機能はKindleだけではなく、iPhoneの電子書籍リーダーならほぼ間違いなく備わっています。なんかもう紙の本でせっせと読んでいたのが馬鹿らしくなってきました。

本日のまとめ

  • 紙の本は良い。でも電子書籍はそれ以上に素晴らしい部分が多い。

単純にあらゆる効率を考えると、電子書籍で読めば間違いないと思います。

しかし人間もたまには効率なんて忘れて、ゆったりとした時間を持ちたいもの。そういう時には、静かな部屋で紙の本を読むような時間も大切にしたいですね。

SNSでもご購読できます。