文章を書く手が止まってしまった時に試したいこと3つ

man-311326_640

「書きたいけど書けない」「手が動いてくれない」

ブログ記事を書いていると、たびたびそんなことが起こります。ネタはあるのに、何故かそれを文章にしようとすると途端に難しくなる。気がついたらパソコンの前でウンウン唸っているだけで時間が経過していた、なんてこともよくある話です。

そういった時には、少し普段と違ったアプローチをしてみると文章をスラスラと書けるようになります。

手が止まったら、その部分は飛ばしてしまう

少し強引な方法ですが、何を書くのかわからなくなった箇所は飛ばしてしまうのは効果的です。例えば詰まった箇所が中盤あたりだったら、先に結論を書いてしまう。そしてまた中盤へと戻ってくればいいわけです。

この方法がなぜ効果的かというと、先に他の部分を文章化することで詰まっていた部分が明快になっていくからです。パズルと同じようなものです。ひとつのピースをどこにはめるかを考えていても、かなり時間がかかってしまいます。そうではなく簡単に作れそうな箇所から埋めていったほうが全体像を理解できるので、最後までスムーズに進めることができるものです。

puzzle-663282_640-min

文章は最終的にまとまりのある形になっていればそれでいいので、先に書けそうなところから書いてみるのはおすすめの方法です。

箇条書きにしてみる

文章としての繋がりを意識してしまうから上手に書けなくなるものです。一度自分が伝えたいことをいくつか箇条書きにしてみると、書くべきことがハッキリしてきます。

箇条書きの良いところは、無駄な情報を削ぎ落とせることにあります。自分が何を言いたかったのかがクリアになるので、文章でつまづいていた部分を解消することができます。 また箇条書きで書きだした内容を線で繋げてみたり順番を変えてみたりすれば、自然と流れのある文章になるものです。

785c6c250a8f60c8281ab0f5637b4b27_s

いきなり文章としての体裁で整えようとしてもうまく行きません。まずは重要な部分をハッキリさせておいてから、それらを繋げていくほうが文章作成としては簡単です。

会話をイメージしてみる

文章で表現するのが難しいなら、いちど「それを他人に話すとしたらどう言うか」と考えてみると突破口になることがあります。

balloon-912805_640-min

先ほどの箇条書きと同じで、アウトプットの種類を変えてみると何を難しいと思っていたのか、どうしてそうなったのかが理解できることは多いです。特に会話は、簡潔でわかりやすく相手に伝えることが求められます。文章で伝えたかったことを会話に置き換えてイメージしてみると、言葉をどのように繋げていくか、何が重要な事なのかを理解することに繋がります。


大切なのは「自分が読み手に何を伝えたいのか」を再度理解することだと思います。最初はわかっていたつもりでも、文章化していく段階で忘れてしまうことは多いです。 文章はスラスラ書けたほうが、やはり楽しいものです。この記事に書いている方法が、文章に詰まってしまった人の役に立てば幸いです。

SNSでもご購読できます。