魔物を料理して食べる。なんて面白いんだ『ダンジョン飯』【レビュー】

ステマ漫画とか思っててごめんなさい。多分、この漫画にハマらない人はいないんじゃないですかね。

今年イチバン面白いと思えた漫画『ダンジョン飯』を紹介します。

ダンジョンに生息するモンスターを料理する非常識漫画

九井諒子、初の長編連載。待望の電子化! ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!! 襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

以前にこのブログでも紹介した『竜のかわいい七つの子』の作者である九井諒子さんの漫画。作風は長期連載となっても健在です。

ストーリーはダンジョンへ潜る主人公一行が、食糧難を解決するために「そうだ!モンスターを食べよう!」と京都へ行くようなノリで料理をしては食べるという内容。

セールの対象となっていたので購入したのですが、その日のうちに2〜3周は繰り返して読んでしまいました。かなりの中毒性がある漫画なんです。

ファンタジーな世界の中にある、妙なリアルさ

九井諒子さんの漫画が持つ最大の特徴である「ファンタジーとリアルの融合」は当然この『ダンジョン飯』でも健在です。ロールプレイングゲームのようなファンタジー満載の世界観なのですが、読んでいるとそうとは思えないようなリアルな事情に溢れているのです。

ひとつは「食料の調達」。こういったファンタジー作品では、食事や睡眠などの生活部分は地味だから、多少は描写はされてもあまり深く掘り下げられていくことはありません。

しかし、この漫画ではそれこそがメインテーマとなっているわけです。 食べなければ戦うためのエネルギーが作れないし、餓死することになります。それは考えれば当たり前のことなのですが、そういった部分を無視する作品が多かっただけに、この漫画は非常に新鮮な印象を与えてくれます。

screenshot_109-min

そもそも何故主人公がモンスターを食べるに至ったかというと、元から興味があったという理由もありますが、それ以上に「金欠だったから」という実にリアルな事情があったからなのです。

screenshot_108-min

他にもロールプレイングゲーム特有の「」が丁寧に設定されている部分も新しいです。作中ではダンジョン内で死亡した人は、死体回収屋(死体拾い)によって外へ運ばれ、蘇生されるという設定になっています。

screenshot_114-min

ダンジョンでの冒険という内容的にも死というものが身近に存在するものとしての描写が目立ちますが、かといって重苦しいものというわけではなく、あくまでファンタジーの世界観を補完する要素としての存在に感じ取れます。このあたりのバランスはさすがですね。

screenshot_112-min

ありえないのに、うまそうな料理たち

一応この漫画は料理・グルメ漫画という立ち位置ではあると思うのですが、料理の材料がモンスターということなので僕たちにはそれを再現したりすることは不可能です。毎回ご丁寧にレシピが掲載されるのですが、全く参考になりません。

screenshot_118-min

ただそれにも関わらず妙に美味しそうなんですよね。むしろそれがたまらないんです。架空の料理だからこそ想像が膨らみに膨らんで、逆に美味しそうに見えてしまうんですよ。バジリスクのローストや人喰い植物のタルトなどのゲテモノ料理ばかりなんですが、調理工程もしっかりと描写されているので読んでいるうちにその料理に惹き込まれていくのです。

またこのモンスターを食べるという部分が、冒険の思わぬヒントになったりすることも面白いです。モンスターの特性を知ることに繋がるなど、主人公たちの目的であるダンジョン制覇にも一役買っている部分は、ロールプレイングにおける成長(レベルアップ)とも言える魅力的な部分だと思います。

screenshot_119-min

常識人から非常識人までいる魅力的なキャラクター

僕は漫画やアニメではストーリー以上にキャラクターの魅力を重視してしますが、この『ダンジョン飯』を高く評価する理由もキャラクターが非常に個性豊かで魅力に溢れているからです。

まず主人公の戦士・ライオス。一見するとまともに見えるのですが、おそらく作中で最も変態的な趣向の持ち主。モンスターに興味を持つうちに、気がついたら食べてみたいと思うようになったというサイコパス。仲間からはそのモンスターに対する執着をドン引きされることも。

screenshot_115-min

次にエルフ族の魔法使い・マルシル。実にかわいい。マルシルがかわいいから、この漫画を読んでいるという人も多いです。パーティの紅一点であると同時に、常識人でもあります。当初はモンスターを食べることにかなりの抵抗を示していたけど、その魅力にハマりつつあるように思います。

screenshot_110-min

ハーフフットの鍵師・チルチャックもマルシル同様に常識人の分類に入ります。ただマルシルほどモンスター料理に抵抗感は無い様子。個性豊かなパーティの面々に四苦八苦させられる苦労人

screenshot_117-min

最後にドワーフの戦士・センシ(ドワーフ語で「探求者」という意味)。モンスターを料理することになった元凶のような存在。長年魔物食の研究をしていたらしく、その腕前はかなりのもの。捕まえたモンスターの料理は、基本的に彼が全て取り仕切ります。その知識量はかなりのもので、ダンジョンに対する哲学も崇高なものがあるカッコいいキャラクター。

screenshot_113-min

このようにそれぞれ毛色の違うキャラクターがパーティを組んで冒険しているわけなので、言ってしまえば面白くならないわけが無いんです。

異色だけど妙な説得力にあふれた漫画。それが『ダンジョン飯』

九井諒子さんは、自分が最も面白く描くことができる漫画をしっかりと理解していますね。彼女以外には絶対に描けない世界観の漫画だと思います。ファンタジー作品の中で、まさか料理をフィーチャーしようなんて考えつきませんよ。

ロールプレイングゲームのような世界の中で展開される、妙にリアルな描写や設定がかなり癖になります。実際に読んで、その掛け合わせの絶妙さを堪能してみてください。

2015年11月現在、コミックスで2巻まで発売中です。「最近面白い漫画読んでないなあ」という人は、きっとこういう漫画を求めているのだと思いますよ。

SNSでもご購読できます。