自由になるための考え方『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』

IMG_0371

「思考」に関する本を読みたいと思っていたら、おあつらえ向きにKindle日替わりセールの対象になっていたのがこちら。

エッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではない。本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティッ クな方法論だ。エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」。時代はすでにその方向へ動きだそうとしている。99%の無駄を捨て 1%に集中する方法!

「エッセンシャル思考」とは

本書の中で繰り返し言われているように、エッセンシャル思考の信条は「より少なく、しかしより良く」という考え方。やるべき作業を本質的なものに絞り、それでいて最大の成果をあげることを目標としています。

世間では優秀な人ほど常に膨大なタスクをこなすことが求められています。周囲の期待を裏切るわけにもいかず、頼まれた仕事は常に「やります」と言わなければならない。気がつくと山積みの仕事に忙殺される日々。ストレスも溜まるし、相対的にひとつひとつの仕事が雑になるので周囲の評判は下がるばかり。期待に応えようとしたのに、なぜか悪い結果に……。悪循環ですね。

世の中は、このような負の連鎖に溢れています。まるで「忙しさに追われる自分」がステータスであるかのように振る舞う人さえいるのです。本書はこのような悪循環が氾濫していることに対して警鐘を鳴らし、それに対する特効薬として「エッセンシャル思考」を持つことを勧めています。

thinker-1027594_640

エッセンシャル思考には3つの段階があります。それは

  1. 「見極める」
  2. 「捨てる」
  3. 「仕組み化する」

です。

「見極める」は選択肢に対して「それを本当に自分がやる必要があることなのか」を判断するプロセスです。

「これをやったら、ほかの何よりも重要な成果が得られるだろうか?」

「捨てる」は見極めた結果、自分がやる必要がないことは行わないという意思決定です。つまり場合によっては依頼を断ることになるので、相手との関係を悪くしないような技術が求められる部分です。

人生や仕事においても、いちばん重要ではないとわかっているのに、なかなか捨てられないことがある。捨てるには、努力が必要なのだ。

「仕組み化する」は「見極める」「捨てる」のプロセスを習慣とすることで、意思決定の労力を省くというもの。

人生や仕事でも、選び抜いた行動を実行するためには、やりやすい習慣をつけることが必要だ。意志の力をふりしぼらなくてすむように、行動をしくみ化しよう。

ジャック・ウェルチの有名な経営戦略に「選択と集中」というものがありますが、エッセンシャル思考の「より少なく、しかしより良く」 という考え方はそれを個人レベルで実践しやすいようにまとめていると言えます。平行して行う作業が多くなるほど、注ぐエネルギーは分散されてしまいます。行う作業を選びぬき、効果的な部分に注力することで最大効率を実現しようというわけですね。

「選ぶ」という名の自由を獲得する考え方

本書はページ数が多く、上記の「見極める」「捨てる」「仕組み化する」についても詳細な方法論が書かれてあり、非常な丁寧な本であるという印象を受けます。

そして通して読んで感じたことがあります。それはエッセンシャル思考のプロセスに共通しているのは、必ず自分の意志による選択があるということ。

「見極める」ためには、全ての選択肢に対して熟慮の必要があります。時には立ち止まって、頭をフル回転させて判断しなければなりません。

また「捨てる」ということは非常に勇気がいります。自分ひとりで生きているわけではないので、依頼を断る時には相手にも納得してもらう必要があります。

「仕組み化」についても、漠然と繰り返していれば自然に習慣になるわけでもありません。悪い習慣の原因を突き止めて、それを良い習慣に変えていく考え方をせねばなりません。

direction-1015716_640

逆に言えば忙しさを受け止めてしまっている「非エッセンシャル思考」の人は、考えることを放棄していると言えます。それは自分本位ではなく、他人本位の生き方です。「自分がどうしたいか」よりも「他人がどうしたいか」を重視しているわけです。

仕事だけでなく日々の生活でも、似たようなことはある。自分のしたいこと(望みや目的や価値観)がわか らず、他人の目ばかり気にしてしまうのだ。いい車に乗り、きれいな家に住み、ツイッターのフォロワー数を増やすことに夢中になる。その一方で、大切な人と 過ごす時間が削られ、心も体もないがしろにされていく。

つまるところ、エッセンシャル思考は自分を自由にするための考え方です。常に最適な選択をし、最大の成果を上げる。それによって、その行く先にある自由を獲得しているわけです。

要するに大切なのは「選ぶ」ということだ。周囲に流されず、自分自身の選択をする。それは実に自由な体験だ。

日々の生活に彩りが無いと悩んでいるならば、それは日常の中で「選ぶ」という行動が極端に減っているのかもしれません。やはり自分の人生を充実させるには、自分で進路を決める必要性があるのでしょう。そういう人にエッセンシャル思考は助け舟となる考え方のように思います。

SNSでもご購読できます。