言い訳がましい記事を書くぐらいなら、ブログをやめたほうがいい

shield-417827_640-min

ブログ記事を書いている時に、どこかで言い訳をしている自分がいることに気が付きました。

伝えたいことがあるから記事を書いているはずなのに、同時にそれを言い訳して保身に走っている。これは悪徳でしかありません。

言い訳をするぐらいなら、そもそも記事なんて書かないほうがいい

自分が文章を入力している時に、二言目には「いや実際には~」などの言葉を使って言い訳がましくなっていることを感じるようになりました。

具体例を出すと「きのこの山の方が絶対に美味しい!でも実際はたけのこの山も悪く無いと思いますけどね」のような感じ。 この例の何が悪いかというと、たけのこの山派の人の心象も悪くしないように保身に走っているからなんですよ。自分はきのこの山が好きということを猛烈にアピールしたい。でもたけのこの山が好きな人を敵にも回したくない。だから上記のような文章になってしまい、結果的に中途半端な印象の文になってしまっているわけです。

defenses-788787_640-min

ただ保身に走るぐらいなら、ブログで記事なんて投稿する必要は無いわけで。伝えたい事があるから記事を書いて投稿しているはずなのに、その内容を言い訳までして書くなんて何がしたいやらわかりません。

何かを主張するということは、どちらかに徹底的に偏ることです。 先ほどの例だと、きのこの山が好きだと伝えたいなら、たけのこの山派の人のことなんて考慮せず、徹底的にきのこの山派に偏る必要があるのです。そこで「相手にどう思われるか」なんてことを心配していたら、伝えたい事も伝わりません。全てがぼやけてしまいます。

何かを伝えたい」「でもツッコまれるのが怖いから言い訳もしておきたい

そんな矛盾した考えは甘えでしかないわけなので、今すぐ頭から捨て去るべきなのです。

ツッコまれてこそのブログ記事だ

ブログをやっているということは、何かしらの思いを世に知らしめたいという考えのはずです。それだったら自分の意見に絶対的な自信と責任をもって発信するべきでしょう。

megaphone-50092_640-min

誰でも読んだ人全員から支持されるような記事を書きたいと思うものでしょうが、そんなものは不可能ということは少し考えればわかるはずです。むしろ批判を恐れてビクビクしながら保身に走って書いた記事は、結局何が言いたいのかよくわからず、逆に誰からも支持されない記事になってしまいます。

だったらその考えが多数派だろうが少数派だろうが、自分の意見をハッキリと伝えていくのが最も理にかなっていないでしょうか。別に誰かにツッコまれようがいいのです。仮にツッコまれたり痛烈に批判されたりしても、それだけ強い印象を与える記事だったというわけなのですから。何の印象も与えず「ふーん」で終わってしまう記事よりは余程良い記事です。

批判やツッコミを恐れることなく、自分の立場を明確にした文章を書きましょう。保身に走って言い訳がましい文章は、書いた人も読んだ人も何の栄養にもならず、むしろ害悪でしか無いのです。

SNSでもご購読できます。