速読はデメリットだらけということをわかっていますか?

book-933280_640

「速読」というと、何と無しにそれが絶対的に正しい読書法のように扱われていますが、決してそうではありません。速読にもデメリットがあり、それを理解せずに速読に手を出すのは危険なことです。

効率的な読書術として長年取り沙汰されている速読の「負の側面」を、今回は考えていきます。速読を批判することが目的ではなく、あくまでも「メリットだけではない」ということを示す意味合いです。

※本記事で言うところの速読は、「本の要点だけを拾い読む技術」と定義しています。フォトリーディングに代表される「ページを数秒で瞬時に読み取る」といった方法とは異なるのでご理解ください。

読み飛ばし箇所に金言が隠れている可能性がある

速読とはひとことで言うなら「全部を読まず、大事な部分だけを読む」という取捨選択の技術と言えます。そのためにまず目次を読んだり、あとがきを読んだりして、「この本は何を言いたいのか」を掴むところから始めます。

本当にそういった読み方で大切な部分のみを拾い読みできればいいのですが、果たしてそんな上手い話があるでしょうか。目次とあとがきを読んだくらいで、正確に本の急所をつくのはかなり難しいはずです。

つまり何が言いたいかというと、速読には常に「読み飛ばした箇所に、大切な部分があった」というリスクが付きまとうということです。熟読を好む人は、それが怖いから一言一句しっかりと読むのではないでしょうか。

dictionary-1149723_640

僕の経験上でも、一般的には大切には扱われないような他愛もない部分のほうが、インスピレーションを湧かせてくれることが多いです。またそういった箇所には著者の人間性などが出る文章が多いので、読んでいても面白いです。

長文を読む能力が養われない

僕は文章を読むにも、繰り返すことによって向上する筋力のようなものが存在すると考えています。例えばそれは長時間文章を読む「集中力」だったり、文章の行間を読む「読解力」だったり、わからない単語で躓かない「識字能力」だったりします。それらは速読ではなく、熟読を繰り返すことでしか養われません。

速読は本に対する向き合い方が浅いため、読書に必要となる基礎的な能力は養われないのです。文章を読み取ると言っても文節レベルの話ですし、その文章の裏にある背景などを読み取ることもしません。わからない部分があれば、すかさず飛ばすのが速読です。

book-923254_640

 

もともと文章を読む基礎能力が長けている人が速読をするならまだしも、大して本を読んできたことのない人がいきなり速読をやるというのは無謀ですし、結局は本から何も得られないということにもなりかねません。

未知の分野の本は速読できない

速読の弱点として、自分が知らないジャンルの本は速読できないことがあります。これは最初にも言ったように速読は「大切な部分に当たりをつけて読む」という方法なので、その分野の知識を持たないことには当たりをつけるもクソも無いというのが理由です。

そうなると読む本は、自ずと既知のジャンルに偏りがちになってしまいます。知識を深めるという点ではいいかもしれませんが、知識が広がりづらいということにもなるわけです。

books-1082942_640

確かに速読ではたくさんの本を消化することにはなりますが、それによって新しい分野の知識を得ることが疎かになりがちという点は、忘れてはいけない部分です。

まとめ

基礎的な読書能力が無い人は速読をするべきではありません。速読は読書に対する見識が浅い人がやっても身にならないことが多く、むしろ逆効果にさえなり得ます。

また速読ができる本には制限があります。速読をすることが目的になって、似たような本ばかり読んでも実りは少ないです。注意すべき点です。

速読は、これを絶対的に正しい方法と考えるのではなく、数ある読書法の中のひとつと考えるべきでしょう。時と場合によって熟読を選んだり、速読を選んだりすることが必要とされるのではないでしょうか。

速読に向いているのは、

  1. ある程度極めているジャンルの知識を深めるとき
  2. 膨大な資料などを短時間で読まざるを得ないとき
  3. 内容の薄いビジネス書などを読まなければならないとき

などが当てはまります。➂に関しては内容が薄いならそもそも読む必要は無いと思いますが、例えば知人に勧められた本で付き合い上ひと通り目を通さなければいけない時などには有効です。

速読によって「本を早く消化する」ということを目的にするあまり、こういったデメリットに目を向けない盲目的な人が多いです。速読にだって悪いところがあるんだよ、という記事でした。

SNSでもご購読できます。