速読は「いかに本を読まないか」という技術だった

速読とは「本全体を早く読む」と思われがちだけど、実はそうではなく「いかに本全体を読まないか」ということ。色々な読書術に関する本を読む中で、そのことがわかってきました。

速読のコツは、無駄な部分を読まないこと

誰が言い出したのかわかりませんが、「1冊の本の中で自分にとって大切な部分は、全体の5%程度」という話があります。5%以外の部分は自分が既に知っていることだったりするということですね。本の内容にもよるでしょうが、この話は大きくズレてはいないと思います。

速読ができる人は、その5%の部分だけを読むことが上手と言えます。速読と聞くと、フォトリーディングのように瞬時にページ全体の文章を把握する技術のように思いがちです。しかし実際はそんな高度な技術ではなく、いかに無駄な部分を読まないかが速読の最大のコツなのです。

読まないためにどうするか

ではどのようにすれば、本の中で大切な部分だけを読むことが可能になるのでしょうか。そのためには、本を読む前の2つのアプローチが大切になってきます。

ひとつは「自分の目的意識をハッキリとさせておく」ということ。

本を読む時というのは、必ずその本から何かを学ぼうとして読書に臨んでいるはずです。本を読む前に「自分がその本から何を知ろうとしているのか」という目的意識をハッキリさせることで、本の中の大切な部分を見つけやすくなります。

book-841171_640-min

もうひとつの方法として、「筆者の一番言いたいことを掴む」ということです。

数百ページある本でも、その中で筆者が真に言いたい主張は、全体のほんのわずかな部分に集約されているものです。そこを掴み、そしてその部分を集中して読むことで、読書時間をかなり節約することが可能になります。

そのために、最初に「目次・まえがき・あとがき」を読んでしまうという方法が効果的です。目次は本全体の内容をおおまかに掴むことができます。まえがきは「この本は大体こういうことが書いてありますよ」という紹介的な部分ですし、あとがきは全体の内容の総括部分です。この3つに最初に目を通すことで、自ずと「筆者がこの本を書くことで何を主張したかったのか」ということがわかってきます。

これらの2つのアプローチで本の中の重要な部分がわかってきたら、いよいよ本文を読んでいきます。大切な部分以外はガンガン読み飛ばすのがコツです。そして重要な箇所に来たら、熟読します。こうして読み方に緩急をつけていくことで、読書時間を短くしていくわけです。

ビジネス書・ハウツー本が適している

この方法が使えるのは、主にビジネス書やハウツー本でしょう。と言うよりも、小説や参考書などはそもそも速読はできません。全ての部分が重要なので、飛ばせる部分がありませんからね。

本の内容によっては速読をするのが逆効果であることも多いです。熟読をするべき本は、しっかりと熟読することが大切です。

まとめ

  • 速読のコツは、いかに無駄な部分を読まずに済ますか。
  • そのために「自分が本の中から知りたいこと」「筆者が本を通じて伝えたかったこと」を、読書前にしっかりと把握しておく。
  • 本によっては熟読のほうが大切。速読が正義というわけではない。

速読が上手な人は、30分もあれば1冊の本の内容を掴んでしまうそうです。僕はそんな人達の足元にも及びませんが、それでも簡単な本ならこの記事に書いた方法で1時間程度で読んでしまうことも可能になってきました。

より多くの本に出会うためにも、速読スキルを磨いていきたいですね。

SNSでもご購読できます。