ブログでファンを増やすなら、まず自分自身のファンになること

boy-69723_640

ブログにおいて大切なことは、自分のファンを増やしていくことにあると考えています。個人ブログなら、記事を書いてる自分を好きになってもらう。企業のブログなら、扱っている事業や商品に対して好感を抱いてもらう。それが重要なこととなってきます。

ではどうすればファンを増やすことに繋がるのか。当然ながらいろいろな方法が考えられますが、最も大切なことは「まず自分自身のファンになること」です。

自分のファンなれば、周りに人がついてくる

自分のファンになるとはどういうことでしょうか。

ここで言う意味は別に「自分が好きで好きで仕方がない!他人なんてどうでもいい!」というような、病的なレベルの自己愛のことではありません。それでは周囲から人がいなくなります。

それよりも「自分の周囲の物事や、自分のやっている事を心から楽しんでいる状態」が自分のファンになっている状態と言えます。

children-593313_640-min

ブログ記事では自分の思ったことを文字にして表現していきます。しかし例えばそれが心にも思っていないことを想像で書いたりする場合には、当然ながら魅力のある文章にはなりません。テクニックで綺麗な文章にまとめることは可能なのでしょうが、やはり心から湧きでた想いが詰まった文章にはどうしても劣ってしまいます。

自分のファンになっている人の文章というのは、まさに魅力に溢れています。自分が心から良いと思ったり、楽しかった出来事を文章にするからです。それは筆者が心から感じた事なので、他人から見てもそれは十分に伝わってきます。結果的にその文章を読んだ人も、気がついたらその人のファンになってしまうわけですね。

「ファンを増やすなら、まず自分のファンになろう」と言うのはこれが理由です。

自分が嫌いな人に、他人は興味を持たない

極端にコンプレックスを抱いていて負のオーラ全開のブログだったら逆に面白いですが、中途半端に自分に自信の無いことが見えてくるブログは他人をむしろ不快にさせます。文章もどっちつかずの何が言いたいのかわからないものになりがちですし、ネガティブ要素満載の記事は見ている人の気分まで暗くさせます。

unhappy-389944_640-min

「自分のファンになる」というのは、そういった残念なブログにならないためにも必要な考え方です。自分にやることなすことが好きであれば、自信のない状態には絶対にならないからです。

「自分のファンです!」と自信満々に言うのは恥ずかしいですが、僕もブログでは好きなことを題材にした記事を中心に書いています。そうしないと、やはり読む人にもその扱う対象の良さが伝わらないと思うからです。

これはブログ以外にも通じることだと思いますが、もし自分のファンを増やしたいと思うなら、まずは自分のファンになることから始めてみてください。

SNSでもご購読できます。