最速でGoogleアドセンスの審査を通過するため7つのコツ

google-76522_640

先日「Googleアドセンス」の審査を全て通過し、晴れて利用可能となりました。良く聞く情報として、アドセンスの審査は非常に厳しく、取得までに時間が掛かると言われています。

しかし僕は特にそのようには思いませんでした。幾つかの事前知識されあればそれ以外は特に難しいことをする必要はなく、承認までに掛かった時間は準備を含めても8日しか掛かりませんでした。

この記事では僕がアドセンスを承認されるまでの8日間に行ってきたことを7つのステップにまとめました。各段階に沿って進めていけば時間をかけずに承認まで進むことができるはずなので、アドセンスの審査が中々通らないという人や、これからアドセンスを始めたいという人は是非参考にしていただきたいと思います。

※この記事は審査の申し込み方法などは解説していないので、登録方法などが知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

申請用のブログを一から作る

アドセンスの審査を通過する為の条件は後述しますが、有名なところでは「記事内にリンクが含まれない」「記事内で画像を使用していない」等が挙げられます。

既に自分のサイトを持っている人はわかると思うのですが、全ての記事の中で画像やリンクを一切使用していないというのはかなり厳しい制限です。自分もこのサイト以外に幾つかのサイトを持っていますが、画像とリンクが無い記事というのを探すほうが難しいでしょう。アドセンスの審査通過が難しいと言われる所以はこのような部分にあると思います。

だからと言って、今まで投稿してきた記事を全てチェックしてリンクと画像を取り除いていくのは相当な労力がかかります。それならばいっそ1から新しいブログを作ってしまいましょう。

一つでもアドセンスを承認されたアカウントがあれば他のブログに貼り付けることが可能なので、これは有効な方法です。既存のサイトを条件にそって修正するよりは、一から条件に合ったブログを作成するほうが労力も少ないので断然おすすめです。

ブログサービスの選定

ブログサービスは「Seesaaブログ」を選びます。Seesaaブログはカスタム性が高く、初期の設定で広告を消すことのできる数少ないブログです。商用利用も問題無いです。

逆に絶対に選んではいけないブログサービスは「FC2ブログ」「Blogger」「アメーバブログ」です。

「FC2ブログ」で作ったブログが仮に申請を通過したとしても、広告収益の20%がFC2に持って行かれてしまいます。鬼ですね。また「Blogger」では他サイトにアドセンスを貼りたいときに再度申請が必要となり、「アメーバブログ」はそもそも商用利用が禁止です。

何にせよ余程の理由が無い限り「Seesaaブログ」を利用するのが最も無難でしょう。

Seesaaでのブログ作成方法は下記のリンクを参考にしてください。ただし、ブログ作成に際して幾つかの注意点もありますので、一度この記事を最後まで目を通してから作成に着手するのがより間違いが少なくなると思います。

ブログデザインは無駄な情報を一切省く

Googleアドセンスは明らかに営利目的であるサイトを極端に嫌います。アドセンスが他の広告等と競合するのを警戒するからです。

これは逆に言うなら、サイトがシンプルであればあるほどGoogleは安心するので、審査も通過しやすくなるということです。

具体的にどうするかと言うと、次のことを実践しましょう。

  1. 広告は非表示にする。
  2. ブログのデザインは白を基調とする
  3. サイドバーには「新着記事」「新着コメント」等は一切無くして、「プロフィール」のみにする。

上記を守って作った僕のブログがこのような感じです。

最上部の広告は消すことができるのですが、作成時に消す方法に気付かず放置していました(笑)消す方法は後述しますが、結果的には審査に影響は無かったので消さなくても大丈夫なのかもしれません。

またプロフィールをサイドバーに含めることで、Googleからの信用性が増すので必ず残すようにしてください。最低でも名前・連絡先・一言紹介文はあると良いでしょう。

特に連絡先は絶対に含めるようにしてください。信用性を高める上での最重要項目となります。自分はGmailで適当なアドレスを取得して、プロフィール欄に記載していました。

審査に通るための、Seesaaブログのカスタマイズ方法

テンプレートの変更方法や、広告の非表示方法など、審査通過に必要なブログのカスタマイズ方法を解説します。

【テンプレート変更】

1.マイページにアクセスして、デザインをクリック。

2.「シンプル」タブの中に「超シンプル」という2カラムのテンプレートがあるはずなので、「追加する」をクリックして自分のブログに適用しましょう。

3.「保存する」をクリックして、テンプレートの設定は完了です。次はサイドバーをカスタマイズしていきます。

【サイドバーのカスタマイズ・広告の非表示】

1.「デザイン」ページの「コンテンツ」をクリックします。

2.各項目はドラッグを押したり、×を押すことで追加と削除ができます。

初期は左の画像のようになっていると思うので、これを右の画像のようにしてください。具体的には、初期のサイドバーの中身は全て消して、左下の方にあるプロフィールを追加すれば完成です。赤い項目が広告にあたる部分なので、これでサイドバーからは広告を消すことができました。
 

【広告を消す方法】

1.マイページから設定ページヘ進めるので、そこから更にブログ設定へ進みます。

2.下の方にある「共通ヘッダー」を「表示しない」にして最下部の保存を押します。これでブログ上部に表示されていた広告が表示されなくなります。

3.今度はその他の広告も非表示にします。再度設定ページに戻り、「広告設定」をクリック。

4.全ての項目を「広告を表示しない」にして保存を押します。これで全ての広告非表示の設定が終了です。

不適切と思われる内容はあらゆる部分で徹底的に避ける

Googleアドセンスはあくまでも一般的なコンテンツを扱うサイトに広告掲載されることを望んでいます。以下はアドセンスが定めている禁止コンテンツの一覧です。

アダルト コンテンツ
個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
著作権で保護されているコンテンツ
薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)
Google ブランドを使用しているサイト
暴力的なコンテンツ
武器および兵器に関連したコンテンツ
その他の違法なコンテンツ
引用元:コンテンツ ポリシー 禁止コンテンツ

この基準は徹底して厳しく制限されています。例えば「ビール」「焼酎」といった単語を記事内で使用していただけで承認を受けることができなかった、という例も存在するようです。

よって、申請用ブログは細部に渡って一切禁止コンテンツを含めないようにしなければいけません。それはブログタイトル・記事タイトル・記事本文内・ユーザー名などあらゆる部分まで徹底しましょう。禁止されているたった一つの単語を使用しただけで審査を落ちるなんて馬鹿らしいですよね?そうならない為にも、油断は禁物です。

どのような記事を書くか(文字数・内容)

一つの記事の文字数は最低でも500文字以上に

文字数の少ない記事をGoogleは評価をしてくれません。記事数が幾ら沢山あるからといって、その内容が薄いものでは広告を貼るに値しないと思われてしまうからです。

僕の場合は毎記事500文字以上を必ずクリアするようにして、結果的に審査も通過することができました。1000文字となると多いような気がしますが、500文字ならばすぐに書けるはずです。

文字数をカウントするには「Crescent Eve」というテキストエディタが便利です。書いた文を範囲選択してから「ツール」の「文字数をカウント」で調べることができます。単純にHTMLエディタとしても有能なのでおすすめです。

「Crescent Eve」ダウンロードページ

実際に文字数をカウントした際の画面。

 

記事の内容に関しての注意点

  • 他のサイトの引用・コピペをしない
  • 画像・動画を貼らない
  • リンクを貼らない

記事を書く際には上記の三点に当てはまっていないかを注意するようにしましょう。Googleのコンテンツポリシーに違反する可能性が高いです。

書く記事の内容は「日記」がおすすめです。

今日起きたことや日頃思っていることを淡々と書いていく日記は紛れも無くあなただけの体験談であり、そのオリジナル性は審査の際に好評価を受ける要因になります。

内容の面白さなどは全く関係ないので適当に書いてしまいましょう。勿論先ほど取り上げた「不適切な内容は含まない」という条件付きですが。

更新頻度・投稿時間に規則性を持たせる

ブログは一日一記事、毎日更新するようにします。評価の対象として更新頻度も重要となっているからです。滅多に更新をしないブログと毎日きっちりと更新するブログはどちらが好印象かは明確でしょう。

これは裏技的なやり方ですが、僕は暇な時に一気に数日分の記事を書いてしまい、予約投稿で一日置きに投稿するようにしていました。一日置きに投稿していたのは「自然なブログ」であることを演出するためです。

例えば開設した初日にいきなり数十個の記事が投稿されたブログがアドセンスに申請してきたら明らかに怪しいわけです。そのように感付かれない為の方法として、一日一記事のペースで投稿することが大切になります。

投稿する時間帯も規則的にするのが良いでしょう。自分の場合は毎日23時に投稿するようにして「寝る前にその日の出来事を書いているブログ」のように演出していました。

Googleに警戒心を持たれないような普通のブログにすることが重要です。

Seesaaブログの予約投稿設定。何時から公開するかを設定できる。

こちらは投稿時間の設定。例え夜に投稿したとしても、設定で時間を昼などにできる。

 

どのタイミングで審査の申し込みをするか

審査申し込みの際の注意点として、Googleは次のように述べています。

承認されるためには、ウェブサイトが公開されていて、審査に十分なテキスト コンテンツが含まれている必要があります。
引用元:お申し込みが承認されるためのヒント

つまり審査を通るためには、一定の量の記事数が必要となっているということです。ではその「一定の記事数」とはどのくらいなのか?

答えは「5個」で問題ないです。

少なくない?」と思うかもしれませんが、実際に僕は記事数が5個になった段階で申し込みをして審査を通過しました。

審査は申し込んだ段階から始まるわけなので、当然できるだけ早めに申し込んだ方が承認までの時間も早くなるわけです。記事数が5個というのは審査を通過することができ、かつ早く審査を終わらせることができるギリギリのラインだと思います。

一次審査・二次審査の間も更新を続ける

ここは陥りやすいところですが、審査の間も更新は休まず続けましょう。もう言う必要もないかと思いますが、不自然さを出さないためです。「更新を止める時は、晴れて承認を受けた時」が鉄則です。最後まで気を抜かないようにしましょう。

一次審査の完了はメールに通過の通知が来たら、二次審査の通過はブログに張ったアドセンス広告が表示されたら、となっています。注意しましょう。

また、承認を受けたブログは閉鎖するなり放置するなりは自由です。Googleから怒られるといったことは無いので安心してください。

ブログ作成からアドセンス承認までに通った具体的な流れ

一日目

ブログ作成。デザイン等を変更した後、条件にそった記事を投稿。

二日目

記事を書きためる。予約投稿を駆使して数日先まで予め投稿しておく。

三日目~四日目

記事は投稿済みの為やること無し。

五日目

記事の投稿を確認。これで記事が五個となったので、一次審査に申し込む。

六日目

一次審査通過の知らせがメールで届いている。即二次審査へと進む。広告はサイドバーのプロフィールの上に設置することに。記事の投稿も勿論忘れない。

七日目

記事を投稿。

八日目~終了

記事を投稿。サイドバーの広告が表示されていることに気付く。無事承認完了となった。

あとがき

以上が僕が審査を通過するまでに行ってきた全てです。

8日という短い時間で通過できたのは運が良かった部分も否めないかもしれませんが、それでもこの記事の書いてある通りに実践すれば最短コースで承認まで漕ぎ着けることが可能だと思います。

Googleアドセンスの審査を通過するのは決して難しいことではありません。この記事が審査が通過できずに苦戦している人やこれからアドセンスを始めようと思っている人の助けに少しでもなれたなら幸いです。

SNSでもご購読できます。