二日酔いにならない為の対策方法 お酒を飲む前後の予防編

久しぶりに二日酔いになり、一日中ゾンビのようになる自分。本当に碌なものではありません二日酔いは。

そんな地獄の二日酔いを防止する、もしくは素早く治すための方法を可能な限り集めました。絶対に二日酔いになりたくない時や、すぐに辛い二日酔いを治したい時に、この記事を処方箋としてご利用いただければ幸いです。

この記事では「お酒を飲む前後にできる予防方法」についてまとめてあります。「二日酔いになった後の治し方」についての記事は別にまとめますのでお待ちください。

二日酔いの予防方法10選

「ウコンの力」を飲む

有名かつ効果の高い方法です。ウコンにはアルコールを分解する肝臓の働きを促進させる効果があります。ウコンの力はコンビニなどでも手軽に手に入れることができるので、飲み会の前に飲んでおくと安心です。

また濃縮タイプのカプセル錠などは、携帯に便利ですね。

ハイチオールCを飲む

シミ・そばかすの薬として知られるハイチオールCですが、二日酔いにも非常に効きます。嫌でもお酒を飲まなければいけないホスト・ホステスの間で愛用されていると聞いたことがありますね。L-システインという成分が肝臓の働きを促進してくれるようです。

pill-316599_640-min

水もお酒と合わせて飲む

飲み会だと最後に水を頼んでくれる気の利いた人がいますが、どうせなら最初から水も合わせて飲んだほうが効果があります。肝臓でアルコールを分解する時に必要になるのが水分です。こまめに水を飲むことでスムーズにアルコールを分解することができます。

一杯目はチビチビ飲む

これは僕が居酒屋で出会った仙人のようなおじいさんに聞いた話ですが、人間の体も車のエンジンと同じで、いきなりお酒をガバガバ飲んでも、アルコールに対して身体がついていけないのだとか。悪酔いや二日酔いの原因になってしまうのですね。

最初の一杯はチビチビと飲んで段々とアルコールを身体に慣らしていく。そして、二杯目、三杯目から徐々に通常のペースで飲む。こうすると実に楽しく酔うことができますし、次の日にも残りません。これは僕が最も効果があると思う方法です。今思うと、その人は本当に仙人だったのかもしれません。

cognac-498513_640-min

ガブガブ飲まない

前項と重複するように思えますが、若干違います。酔ってくると楽しくなってハイペースで飲みたくなってしまいますが、そこで少し自重する勇気を持ちましょう。何故かと言うと、アルコールは少し時間が経ってから回ってくるので、その時は平気でも後から悲惨なことになることが多いのです。

二日酔いになりにくいお酒を飲む

一般的にはウイスキーや焼酎などの蒸留酒は二日酔いになりにくいと言われています。醸造酒に含まれる成分に二日酔いを悪化させるものが多いのが理由です。

また蒸留酒は度数が高いので、ジュースで割ったりしなければ自然とチビチビ飲むようになります。

brandy-585796_640-min

起床時間から6~8時間前になったら飲まない

次の日にアルコールを残さないようにしたいなら、分解にかかる時間を計算しておくといいでしょう。どのくらいの時間がかかるかは酒量や酒の種類にもよって変わるので一概には言えませんが、一般的には6時間、余裕を持つなら8時間程度がベストです。

例えば翌朝6時には起きるのだとしたら、日付を跨いでもお酒を飲むようなことをしなければ、深刻な二日酔いは避けられます。

就寝前・目が覚めた時に欠かさず水分補給

酔っていると一目散にベッドに飛び込んで眠ってしまいたくなりますが、その前にひと踏ん張りして水分を多めに取っておくと翌朝の気分が全く変わってきます。先程も言いましたが、アルコールを分解するのに必要なのは水分です。眠っている間もしっかりと肝臓に働いてもらうために、水はタップリと飲んで起きましょう。

またトイレなどで目が覚めた時も水分を取っておくようにします。枕元にペットボトルなどを置いておくと便利ですね。

water-290206_640-min

吐く

あまり書きたくない方法ですが、効果も結構あるのは確かです。飲んでいて気持ち悪さを感じたら、トイレに言って吐いてしまうのもひとつの方法です。アルコールを体内に残しておくよりは、出してしまったほうがいいですし。

ただ吐くことは食道を傷つけることにも繋がりますので推奨はしない方法です。僕も一時期「飲むために吐く」という無謀なことをやっていたら食道炎になったことがありました。その程度で良かったとも考えられますが……。

アルコールを分解するおつまみを食べる

お酒を飲むときはおつまみを食べたほうが良いことはご存知だと思いますが、その中でも二日酔いに効くおつまみを選別して食べていきたいところです。

定番の「枝豆」「冷奴」などに含まれるタンパク質やビタミンCはアルコールの分解を促進するのでおすすめです。大豆系は全体的に良いですね。他には「チーズ」や「バター」などの乳製品も良いです。ただ脂肪分も多いので食べ過ぎには注意。他には「しじみ」「アサリ」なども含まれているタウリンが効きます。

cuisine-831586_640-min

まとめ

「二日酔いにならないための予防方法」に関しての記事でした。お酒を飲む前にこの記事に書いてある方法をいくつか実践すれば、間違いなく二日酔いになることは無いでしょう。

キーポイントは「水分」ですね。飲む間も飲んだ後も頻繁に水分は補給したほうがいいです。

想像以上に長くなってしまったので、記事を複数に分けることにしました。続きは「二日酔いになってしまった時の治し方編」です。お楽しみに。

SNSでもご購読できます。