良質な記事とは何か?既にGoogleがネタバレしてた

ブログの運営をしていると「『良質な記事』や『読まれる記事』とは何か」というのは永遠のテーマだと思います。

しかしその答えは、既にGoogleが教えてくれていました。

どこの誰が書いたかわからない「アクセスアップ術」「読まれるための記事作り」のような記事を漁るよりも、まずは天下のGoogleからサイト作りの基本を学ぶほうが間違いが無いのではないでしょうか。

Google公式の「良質なサイトを作るためのアドバイス」

adult-15700_640-min

Google ウェブマスター向け公式ブログ」で、検索エンジンがページの品質を評価する際の項目として、以下のものを挙げています。

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  • 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  • サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

引用元:良質なサイトを作るためのアドバイス

長い!合計25項目です。うんざりしますね。

毎朝この全項目をGoogle本社の方角に向けて音読すれば、質の高いサイトがどういうものかが理解できるかもしれません。

しかし上記の項目はよく読むと、それぞれ共通する部分があることに気がつきます。それさえわかれば、全ての項目をいちいち読む手間が省けそうです。

では次からは、その共通する部分とは何かを見て行きましょう。

Googleが認める良質なサイトの共通点 4つ

quality-500958_640-min

 

25項目のアドバイスを全て熟読するのもいいですが、僕は面倒くさがりなので嫌です。

そこでそれぞれの項目に共通する部分で細分化してみたところ、結局「良質なサイト」に必要な要素は4つであることがわかりました。

これならサイト作りを振り返りたい時も4つのエッセンスだけを思い出せばいいので楽です。ではそれがどういうものか見て行きましょう。

Googleのポリシーに反していないか

いくつかの項目では違法であったり、公序良俗に反する内容を避けるべきと示唆しているものがあります。当たり前のことなんですけどね。

  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?

「クレジットカードの情報をそのサイトに渡すことができるか?」とは、いかにもアメリカチックな言い回しですね。つまり信頼のおけるサイトかどうか、ということを言っているのでしょう。

Googleのポリシーに反する行為として、著作権違反・暴力的な内容を含む・誹謗中傷などが含まれます。Googleアドセンスを利用している人は、審査の際に意識したことだと思うので、わかりやすいと思います。

Googleのポリシーに関しても明言されているページがあるので、参照するとよりわかりやすいです。

参照:ユーザー コンテンツおよび行動のポリシー

ここに関しては普通のサイトを運営している人は特に意識しなくても問題ないでしょう。

記事の質は一定以上のレベルであるか

ポリシーに反していなければ何でもいいということではなく、記事単体として見てもある程度の質は当然求められます。

  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?

文章の構成や文法などに誤りはないか、一定の文章量はあるか等、単に内容が面白ければ良いというものでもなく、最低限は人が読める記事としての形を保っていることが求められています。

文章作成ソフトで作った支離滅裂な文などは論外ということですね。

また見出しタグや改行タグを正しく使えているかという点も大切です。これは人間以外にも、検索エンジンのクローラーがサイトの構造を正しく把握できるかにも関わってくるからです。

オリジナリティのある記事であるか

これはほかのサイトでもよく言われることですが、その記事が独自のものであることの重要性はGoogleも繰り返し述べています。

  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

俗に言うパクリ記事というもののことですね。もしGoogleから記事をパクってると認識されるとサイトの評価はガタ落ちし、掲載順位も当然下がります。またサイト内に似たような記事が多いことも好まれないようです。

また単にオリジナリティに溢れた内容でも、それについて深く掘り下げていなかったり、自分の意見がどこにも無いような記事だと評価はされません。

ユーザーの満足を考えたコンテンツであるか

突き詰めていくと、Googleのサイト評価で最も重要視しているのはこの部分でしょう。

  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?

自分が書きたいことを書くことも重要だと思いますが、ネットで公開する以上は読み手のことも考えなくてはいけません。そう考えた時に、ユーザー目線でのコンテンツ作成は必要なことです。

ブログに訪れた人が面白いと思える記事がたくさんあるか、巡回していて目的のページが見つけやすいか、広告が多すぎないか、などを考えていかなければなりません。

これはアクセスアップ術などを取り扱うサイトでも繰り返し言及されていることだと思いますが、それだけ重要度も高いということなのでしょう。

やはり最も重要なのは「ユーザー目線」

man-475559_640-min

25項目を4つのカテゴリーに分けていきましたが、さらに突き詰めていくと結局全ては「ユーザーの満足に繋がるかどうか」ということが共通しているように思います。

ポリシーに反する記事が何故いけないかというと、それを多くのユーザーが求めていないものであり、時には生活などに弊害をもたらすものだからです。

また記事の質をあげるのも、最終的にはそれがユーザーの満足に繋がっていくからでしょう。

オリジナリティのある記事が何故求められるかというと、それは「サイトの評価を下げないため」ではなく「そのほうがユーザーにとって興味深いから」です。

Googleは「ユーザー目線」をとことん追求している企業であり、それが今日の成功に繋がっていると言えます。

Googleが教えてくれたこれらのヒントを元に、自分のサイト作成を今一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 常にユーザーのことを考えよう。それがそのまま質の高いサイト作成に繋がります。

僕も常に意識していこうと思います。

SNSでもご購読できます。