「無知の知」とは?「善く生きる」とは?『ソクラテスの弁明』

自分の馬鹿さを自覚した時に、フッと頭に浮かんだ「無知の知」という言葉。より深く知りたくなり、ソクラテスに関する著作の中では最も有名であろう『ソクラテスの弁明』を読んでみました。

告発されたソクラテスが法廷で行った弁明の様子を、弟子(ソクラテスとしては友人と認識していた模様)であるプラトンが書き表した作品。

「無知の知」とは何なのか?

高校の世界史の授業で初めて聞いたであろう「無知の知」という言葉。時の流れによって、それがどういったものなのか、今ではすっかり忘却の彼方に消え去ってしまいました。本書の中にはソクラテスが「無知の知」を自覚するに至る話がしっかりと書かれているので、自分なりの解釈で簡単にまとめてみます。

ある時、ソクラテスの友人であるカイレフォンはデルフォイで神託を受ける。その内容は「ソクラテス以上の賢者はいない」というものだった。それを彼から聞いたソクラテスは頭を捻った。なぜならソクラテスは、自分が賢くないことを自覚していたから。それなのに神は自分を「最も賢い」という。「きっとこれには何か意味があるのだろう」とソクラテスは考えた。

そこでソクラテスは、市内にいる賢者と呼ばれる人たちのところに趣き、彼らと対話することにした。そんなことを繰り返しているうちに、ソクラテスはあることに気がついた。賢者たちは自分が最も賢いと信じてやまないが、ソクラテスから見るとそうではないように見える。知らないことが多く、とうてい賢いようには思えなかったのである。

そしてソクラテスは考えた。「何も知らないのに、自分は全てを知っていると信じている人たち」よりも「何も知りもしないけど、それを知ったようにも勘違いしていない」という点において、自分は彼らよりも賢明に思える。神が「ソクラテスこそ最も賢い」と言ったのは、どうやらその差のことなのだろうと。

それこそが「無知の知」だったということですね。雑な言い方をすれば、勘違い野郎どもな賢者たちよりも、無知を自覚している自分のほうが優れていると、ソクラテスは悟ったわけです。

know-1082654_640

その後もソクラテスは神託の真偽を確かめるべく、賢者たちとの対話を続けました。そして賢者と思えない人たちには「あなたは私から見ると全く賢者には見えませんけどね(ゲス顔)」と指摘することも行っていきました。そういった人たちに無知を自覚させることが、神託の意味だと考えていたからです。

しかし当然ながら、そんなことを繰り返していくうちに多くの人間から反感を買うことになってしまいます。そうしてついには告発されてしまい、法廷で行った「ソクラテスの弁明」に話が繋がっていくわけですね。

法廷でのソクラテスの姿に哲学を学ぶ

馬鹿を自覚しない馬鹿の多い今の時代、この「無知の知」だけでも吟味する価値は非常に高い。ただソクラテスと言えば哲学の祖とも呼ばれる人物です。彼の行動の一つひとつから見いだせるものは大いにあります。

最終的にソクラテスは死刑判決を受けてしまいますが、弁論の中でソクラテスは「自分が厚顔無恥であったならば、判決を覆すこともできた」と言っています。多くの被告人のように泣きわめいたり、媚びへつらって哀願すれば死刑を避けることもできたというわけですね。しかしソクラテスは「そのような恥辱を大衆の前で晒すぐらいなら」と、潔く死刑判決を受け止めます。

しかし私は、弁明の際にも身に迫る危険の故にいやしくも賤民らしく振る舞うべきではないと信じていたし、今でもそういう弁明の仕方をしたことを悔いない。むしろ私はかくの如き弁明の後に死ぬことを、そんなにまでして生きることよりも、遥かに優れりとする。

そして「有罪宣告をした人にも、告発した人にも、少しも憤りを感じていない」とまで言います。死刑を宣告されたその時までも、彼の毅然とした態度は一貫して崩れることはありませんでした。それはソクラテスの「善く生きる」という哲学によるものなのでしょう。

最も立派で最も容易なのは、他を圧伏させるのではなくて、出来得る限り善くなるように自ら心掛けることである。

この法廷にいた人物として、最も有名なのがプラトンです。ソクラテスのこの力強い弁論や生きる姿勢が、後に彼を偉大な哲学者とする大きな要因となったのは確かでしょう。

筋道だった弁論やソクラテスの考え方などは、現代でも注目する価値があります。

色褪せない名作古典

本書は最後に改訂されたのが約50年前なので難しい言葉が多いですが、それだけに腰を据えて、一文一文咀嚼しながら腰を据えて読むことができたと思います。例によって3色ボールペンを持ちながら読書しましたが、これだけ線を引いたり書き込んだりした本は初めてだったような。ページとしては50ページ程度なので長くは無いのですが、読み応えはあります。

文学作品として読んでも面白さがあるのがこの作品です。というよりも、見る人によって色々な見方ができるかと思います。個人的には「哲学書」としての読み方となりました。下手な哲学入門みたいな本を読むよりも、よほど有意義な時間を与えてくれますよ。

それにしてもプラトンはよくこれだけ長い弁論を記憶できていたなあ、と。ボイスレコーダーなどは無い時代ですからね。多少は脚色とかもあるのかもしれない。

本書には脱獄を提案する友人クリトンとの対話からなる『クリトン』も収録されています。こちらも合わせて読むことで『ソクラテスの弁明』の深みも増すので、是非読んでください。そのうちブログでも取り上げるかもしれません。

※アイキャッチ画像引用元:パイドン- Wikipedia

SNSでもご購読できます。