オフラインで使えるWordPressは3分で簡単に!レイアウトやプラグインのテストに最適です。

instantwordpress

ローカル環境(オフライン状態)でWordpressが使えると、例えばブログのレイアウトを変更する時や、新しいプラグインをテストしたい時に非常に便利です。本家のブログで新しく導入したい物事を試す「実験場」のように使うことができるからです。

自分はXAMPPというソフトを利用してローカル環境を構築していたのですが、今回紹介するのはそれよりもかなり簡単な方法です。時間にして3分程度で環境をバッチリ整えることができますよ。

ローカル環境にWordpressを構築するべき理由

ローカルでWordpressが使えるというのは、つまりは「リスク回避」に繋がるということです。

WordPressは意外とデリケートな部分も多いので、PHPの記述を少し変えただけでブログが真っ白になったりします。また新しいプラグインをひとつインストールするだけで、他のプラグインが異常をきたしたりもします。

そういった取り返しのつかない事態を避けるために、事前にあれこれテストできる場があるとかなり助かるんですね。ローカル環境のWordPressはまさにそういった使い方ができます。

後々に本家ブログに導入する予定のテーマやプラグインなどを、まずはローカルでテストします。仮にバグが起きたりしても、本家のブログには何の影響も無いので安心というわけです。

ローカル環境は「Instant WordPress」で3分で準備可能

では本題のローカルにWordPressを構築する方法ですが、「Instant WordPress」というソフトを使うだけです。しかも使うと言っても、ただインストールするだけ。面倒な設定は一切不要です。

まず公式サイトにアクセスします。最新バージョンをダウンロードしましょう。

screenshot_202

インストールが始まるので少し待ちます。

screenshot_203

以上です。あら簡単。

では早速アプリケーションからWordPressを使ってみましょう。「Local WordPress URL:」に貼ってあるURLをコピペして、適当なブラウザで開きます。

screenshots_207

ログイン画面はいつもの光景。

screenshot_208

ログイン名は「admin」、パスワードは「password」になっています。そのまんまですね。ローカル環境ではセキュリティ面を考慮する必要がほぼ無いので、そのままで大丈夫でしょう。

ログインができたら、あとはオフライン状態というフリーダムなWordPressを堪能するだけです。おめでとうございます。

screenshot_209

 

screenshot_210

初期状態のサイトはこんな感じ。使いやすいようにアレンジしよう。

文章にしてみると少し長く感じますが、実際は余計な設定の必要もなく、ただインストールするだけという脅威の簡単さなので3分程度で環境を整えることができます。

ただ初期設定だとWordPressのバージョンが古いので、各項目はアップデートしてあげる必要がありますね。強いて手間がかかるところを挙げても、それぐらいの些細なものです。

まとめ

XAMPPで四苦八苦してローカル環境を作っていたのは何だったのか、という感じでした。この簡単さは衝撃的です。

本家ブログの設定をコピーして全く同じデザインにして、色々とテストしても良し。全く新しいブログを作ってみて、WordPressの勉強に使うのも良し。使い方は無限大です。

WordPressでブログをやるなら、ローカル環境があると効率が全く変わります。大切なブログを守ることにも繋がるので、「ローカル環境でWordPressが使えるなんて知らなかった」という人は是非お試しください。

SNSでもご購読できます。