kindle Paperwhiteのカバーケースは「Finite」がおすすめ!コスパ最強です

PB060078-min

あまりお金をかけたくなかったので「Kindle Paperwhite」のカバーケースは購入していませんでした。しかし、当たり前ながら小さなキズが目立つようになってきたので、適当なカバーケースを購入してみることに。 迷った末に購入したのが「Finite」というメーカーから販売されているケース。

こういったアクセサリ類は、実際に手元に届いてみると想像と違って残念なことになっているパターンが多いのでドキドキしていたのですが、そんな心配は不要でした。価格や質の全てで素晴らしい製品です。

これはかなりおすすめできると思ったので、優れているポイントを挙げつつレビューしていこうと思います。

カバーケースの中ではかなり安い

まず僕がこのFinite製のケースを選んだ理由のひとつに、かなり安いことがあります。

Amazonでカバーケースを検索してみると、ベストセラーとなっている製品の金額は4,680円。個人的には、これを買うのはあり得ません。だって僕はプライム会員割引で10,000円でKindle Paperwhite本体を購入したわけです。それなのに、ほぼその半分のお金をたかがカバーケースに費やすなんて愚行の極みでしょう。

それに対して、今回購入したFinite製の価格は1,980円です。値段と質の両方を考えるなら、このあたりがコストパフォーマンス的にはベストだと思いました。1,000円だと使いやすさや耐久面で不安がありますし、3,000円以上となると少し財布を開けづらい。ギリギリのラインでしょう。

ただ値段が安くても、実際に手元に届いたら扱いづらかったら意味ありませんよね。そういうわけで、次からは実際に使用してみた上で良かった部分を取り上げていきます。

外装内装ともに、かなり頑丈な作り。装着も簡単

まず実際にケースを触ってみると、かなり頑丈な印象を受けます。 外装はポリウレタンレザーとなっていて、見た目はお洒落な革製品のようでありながら、実際はポリウレタンなのでかなり衝撃には強い作りです。

PB060079-min

それに対して、画面側に接触する内装部分にはふわふわのマイクロファイバーが使用されているので、本体表面を傷つけるような心配もありません。外側と内側で、上手い具合に違う作りになっています。

PB060086-min

ケースは簡単に装着することが可能で、サイズもジャストフィットでした。

見た目はかなりお洒落。置いておくだけでもカッコいいです

先ほども言ったように、外装はPUレザーとなっているので見た目的にはかなりお洒落です。裸状態だった以前とは違って、置いておくだけでも雰囲気が出るのが気に入っています。サイズ的にもパット見は手帳のような印象になりますよ。

カラーはかなり豊富で、シンプルなものから柄ものまで様々です。

screenshot_100-min

ちなみに自分は無難にネイビーを選びました。革っぽい見た目を存分に引き出したいのなら、やはりネイビーやブラウンなどの色がおすすめです。

マグネット仕様や、折りたたみも可能で使いやすい

前面はマグネットで留まるようになっていて、ストラップなどがなくても画面を保護した状態に固定できます。 また地味に嬉しいのが、カバーを開けばスリープ状態が解除されること。今までは「電源ボタンを押してスリープ状態を解除→スワイプしてロック解除」という操作が手間だったのですが、カバーを開けると自動でスリープ状態が解除されるようになるので、操作としてはスワイプのロック解除だけで読書を開始できるようになります。

またこれは僕が気になっていたところだったのですが、カバーを反対に折り曲げることができるかどうか。Kindleは片手で読書ができる部分が魅力ですが、仮にカバーを本のように開いた状態でしか固定できないようならそれが難しくなってしまいます。 しかしそれは杞憂でしたね。問題なく折り曲げることが可能でした。これで今までと同様に使えることにもなるので、安心です。

PB060083-min

同一製品の中では最軽量!しかし個人的には……

なんとこの製品はカバーケースの中では最も薄く、さらに最軽量であるという特徴も持っています。手で持つものなので、最軽量というのはかなり大きな魅力です。強度なども、最軽量という割にはかなり丈夫に作られているように思います。

ただこれは私感ですが、今まで裸状態でKindleを持っていた僕からすると、若干重く感じました。というのも、Kindle Paperwhite本体が205gであるのに対して、このケースは100gなので、装着した状態だと今までの1.5倍の重さに感じるわけです。さすがに違和感なく使用は不可能でした。

とは言っても、その他のカバーケースだと150g近いものもあるので、それに比べるとやはりかなり軽いです。それに50gだけど耐久に問題があるよりは、100gでも頑丈なほうが良いですしね。これでこの商品の素晴らしさが損なわれるということではありません。

匂いは完全に無臭!

匂いを商品を買う際の判断基準にする人がいるかは知りませんが、一応書いておくと全くの無臭なので安心してください。

内装のマイクロファイバーは鼻を近づければ、ほのかに独特の香りがしますが、嫌な臭いというわけではありません。そもそも普通に使っていれば絶対に気づくことのない匂いです。

「Finite」は価格・品質・見た目の三拍子が揃ったイケてるカバーケース

かなり満足のいく買い物となりました。本体に傷が目立つようになる前に買いたかったなあ、と少し後悔しています。 Amazonのレビューでもかなり高評価となっていますね。やはりこの価格帯の中ではかなり良い製品なのでしょう。

screenshot_101-min

価格と品質を求めるのであれば、まず満足できると思います。それに加えて見た目も優れているので言うことなしです。安さと丈夫さを求めたい人は、とりあえずこのFiniteのカバーケースを買っておけば間違いないですよ。

Kindle Paperwhiteは、読書をする人にとっては本当に革命的なアイテムです。2015年で最も買って良かった商品ですね。

今だと「Amazonプライム会員」に無料体験登録するだけで、4000円引きで購入することができます。まだKindleも持っていない人は利用しない手は無いので、忘れずに登録しておきましょう。

Amazonプライムの無料体験登録はこちらから

SNSでもご購読できます。