「春満開!2300タイトル一挙50%OFFフェア」からおすすめKindle本21冊選ぶ

季節の節目には恒例のKindle大規模セールがやってまいりました。実用書が中心で、半額です。

春満開!2300タイトル一挙50%OFFフェア(3/30まで)

ひと通り目を通したので、その中からおすすめできる・読んでみたい、という本をまとめていきます。なにしろ対象数が多いセールなので、目移りする人の参考になれば幸いです。

お金の流れでわかる世界の歴史

「お金」を切り口に世界史を解明していく本。読書リストに入っていた本なので迷わず買い。

他にも同類の本が3冊あり、全てがセール対象となっています。

仕事に効く、脳を鍛える、スロージョギング

「スロージョギング」と聞くと単にゆっくり走るのかと思いがちですが、通常のランニングでは得られないさまざまな効果が得られます。

よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法

最近になって鼻うがいを実践しているのですが、正しいやり方を知らないとかえって危険らしいです。誤った知識に振り回されないためにも買っておきたい本。

タランチュラ(ボブ・ディラン著)

2016年にノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランが若き頃の執筆した文学作品。ボブ・ディランは好きなミュージシャンのひとりですが、著書があるのは初めて知りました。内容はぶっ飛んでいるとのこと。

「仮想通貨」の衝撃

良くも悪くも話題になっている仮想通貨。ただ今後は仮想通貨を中心にお金の常識は変わっていくと予想されるので、こういった本で知識を仕入れておくのも悪くないかもしれません。

文房具のスゴい技術

単に文房具を紹介するのではなく、その仕組みを中心に取り上げている本。文房具好きは是非。

世界一わかりやすいマーケティングの教科書

「本当かよ」と言いたくなるタイトルの本ですが、評判を見るかぎりは悪い本ではなさそうだし、なにより単行本3,294円が810円で買えるのは大きい。

日本企業で本当に役立つ マーケティング7つの原則

こちらは日本に土壌を絞ったマーケティング本。より効果的な内容を学びたい人向け。

大人の国語力がつく漢詩一〇〇選

漢詩を最近よく読むのですが白文だと取っ付きにくさを感じるので、こういった入門向けの本から手を出すほうが間違いが少ないように思います。

現代語訳 春画

下心で買ってもいいですが、歴史的資料として見ても面白そう。「書入れ」「詞書」が現代語訳されているので、より詳細に春画の内容を知ることが可能。

自分の考えがうまく伝わる「要約」の技術

「要約」は会話でも文章でも求められるスキル。練習問題を解いていくドリル形式の本みたいです。

読書を仕事につなげる技術

単に「読む」だけでは読書は身にならない。ではどうすれば? という疑問に答える本。

大人のための読書の全技術

齋藤孝さんの読書本は熱くてこちらまで感化されるので好きです。

読んだつもりで終わらせない 名著の読書術

世にいう「名著」ほど内容が難しいことが多い。そういった本に対する攻略本。

本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール

あるあるの「本を読んだけど全く頭に入らない状態」に悩む人は是非。

プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術

「ライフハッカー」にて書評を担当する印南敦史さんによる文章術。

同著者の『遅読家のための読書術』もおすすめ(セール対象ではないのでご注意を)。

大人のための書く全技術

ビジネスマン向けの文章指南本。ビジネスメール作成は苦戦する人も多いと思うので、覚えのある人は買い。

1分間文章術

内容としては「好きな作家の文章を写すことで技術の向上を図る」というものらしい。昔からある、写すことでリズムや言葉遣いがわかるようになる、というものなのだろうか。興味あり。

頭がよくなる「図解思考」の技術

例えばメモを取るときに、言葉だけではなくイラストも用いればそれだけ情報記録の幅が広がります。この本はそういった図解の使い方を教えてくれる本です。

ルールを変える思考法

ニコニコ動画を生み出した川上量生さんの本。賛否両論のあるコンテンツですが、あれだけの規模になったのには必ず理由があるのでしょう。

こちらの本もおすすめ(セール対象ではありません)。

SNOOPY COMIC SELECTION

スヌーピーの年代別の傑作選。90年代までがセール対象となっています。意外と深い言葉もあるので、大人でも楽しめるのではないかと。

おわりに

目移りしましたが、絞ってみたら21冊と思いのほか少なめになりました。参考になれば幸いです。

期間は3月30日(木)~23:59となっています。まだ期間があるので熟慮して購入したいですね。


SNSでもご購読できます。