もし言葉が無かったら人間はどうなるか/『ことばと思考』

本書は「異なる言語の話者は、世界を異なる仕方で見ているか」という問いについて答えを出そうとしている。

例えば世界には「左」という言葉の概念を持たない民族が実際にいる。そういう人たちは左という概念をどのように捉えているのだろうか。もしかしたら「左」や「left」といった言葉を持っている日本や英語圏の人々とは見えている世界が全く違うのだろうか。

またこれも実際に存在するらしいけれど、ある民族は「色」を表すのに二種類の言葉しか持たない。日本語で言うなら「明るい色」と「暗い色」という感じだ。そういう民族は世界がどのように見えているのだろうか。僕たちは「黄色」や「ピンク」という言葉を使い分けているけれど、彼らはそれを「明るい色」と一括りにまとめてしまう。彼らがレモンや桃を見たとして、それは僕たちが見ているものと同じなのだろうか。

そういった考えるだけでは結論の出そうにもない問いに対して、入念な調査や実験を用いて本書は解き明かそうとしていく。ここまでなら割とありがちな言語と思考の関係性についての本だけれど、本書は第4章以降で子どもの思考形成の過程を取り上げていることが差別化となっている。言い方は悪いけれど、子どもはこういった言語とか思考とかを考えるときにはうってつけだ。まっさらな状態だった子どもが、どのように言語と関わり、それにどのような影響を受けて思考を育んでいくのか――そういった視点で見ていくと、僕のようなシロウトでも非常に理解がしやすい。

「ことば」が人間の認識に与える影響

本書の数々の実験は、「ウォーフ仮説」に基づいて行われている。この仮説の内容は以下のようなものだ。

ウォーフはアメリカ先住民のホピ族の言語であるホピ語の分析などをもとに、人の思考は言語と切り離すことができないものであり、母語における言語のカテゴリーが思考のカテゴリーと一致する、と主張した。

つまりは記事の最初で話した「異なる言語の話者は、モノの考え方や世界の認識の仕方も異なるのか」という問いに対して、ウォーフは「異なるにきまってんだろ」と説いたわけだ。

この仮説を確かめるために、あらゆる側面からの実験が行われた。そのひとつが「色」という概念からの切り口だ。実験の内容は、まず青と緑の色の中間にある色――つまりは日本でいう青緑色――のチップを被験者に見せ、そのあとに青と緑のチップを両方見せる。そして「どちらが先ほどのチップと似ていますか?」と質問する。

この実験を「青と緑を区別しない」というメキシコ先住民のタラフマラ語話者と、「両方の色を区別する」アメリカ人の話者に対して行った。仮に言語が認識に影響を与えないのであれば、どちらの話者も双方の色を均等に回答するはずである。この実験の結果、言語の影響を受けていたのは予想に反してアメリカ人のほうであるということがわかった。アメリカ人はまず最初に見たチップを青と認識してしまうと、その後に見たチップも青と似ていると判断した。緑と認識したら、(実際には等間隔の色なのに関わらず)緑と判断してしまう。それに対してタラフマラ語の話者はどちらの色も均等に「似ている」と判断した。

colored-pencils-686679_640

ここからわかることは「それに対応する言語を持たないとモノゴトを認識できない」というわけではなく、「言語を持っているとモノの認識を歪めてしまう」ということだ。人間はモノゴトの中間にある刺激をそのままの状態で受け止めず、どちらかのカテゴリーに当てはめようとする。これを「カテゴリー知覚」と呼ぶそうだ。

つまり、ことばを持たないと、実在するモノの実態を知覚できなくなるのではなく、ことばがあると、モノの認識をことばのカテゴリーのほうに引っ張る、あるいは歪ませてしまうということがこの実験からわかったのである。

ただ一方で「言葉を持たないことで見えないモノがある」ことがわかる実験もある。例えば「左右」という言葉を持たない民族は、線対称の図形を頻繁に「同じもの」として認識してしまうという結果がでた。これは特定の言葉の存在が無いことにより、知覚できないものも存在することの証明のひとつだろう。彼らにとっては鏡に写して見る世界と現実の世界は、ほとんど同じもののように見えているのかもしれない。

言葉を超えて共通する概念もある

ここまでの実験を見ると、「言語の違いは人間になんらかの影響を与える」と言えそうだ。ただ実験によって全人類に共通の概念があることがわかった例もある。例えば「歩く」と「走る」という動作の境界は、言語を超えてかなり共通の認識となっていることがわかった。

日本語とは違って、英語では一連の動作を

  • walk(歩く)
  • jog(ゆっくり走る)
  • run(走る)
  • sprint(全力で走る)

の4つで表現する。しかしそれにも関わらず、日本語の話者が感じる「歩く」から「走る」、英語話者が感じる「walk」から「jog」の変化のタイミングは、ほぼ同じという結果が生じた。それはスペイン語やオランダ語などの他の言語話者でも同様の結果だった。

つまり、日本語、英語、スペイン語、オランダ語という多用な言語で、確かに日本語でアルク、ハシル、と表現できる一連の動きをどのくらい細かく分割するかは異なるのだが、日本語のアルクとハシルの境界は、どの言語でも守られており、アルクとハシルの境界をまたいで同じ動詞が使われることがなかったのである。

この結果は言語や文化の違いを超えて、人間にはある共通の認識が奥底にはあるということを実感させる。そしてこの傾向は、人間の生存にとって重要なモノゴトであるほど強まるように思う。

run-634702_640-min

こういった結果を踏まえて、著者は異なる言語間の普遍性に目を向ける大切さを述べている。異国の生活を見るとどうしても自国と違う部分ばかりが目についてしまうが、それと同じぐらい共通点を見出すことも大切なのだ。

それぞれの言語の特徴に目を向けると、多様性のほうが目立つし、違いのほうが共通性よりも見つけやすい。しかし、人の思考の性質、言語の性質を共に理解するためには多様性のみならず、共通性の理解は非常に重要で、それに目を向けることは必須なのである。

歩くと走るの動作の境界を見てもわかるように、共通点に目を向けると全人類に存在する本質的な部分に迫ることができる。多様性ばかりに目を配っていても、行き着くところは「人はそれぞれ違う生き物だ」というつまらない結論だろう。そこに共通性を見出していく視点を持つことで、初めて人種や文化を超えた共生・共存の道が見えてくるのかもしれない。

どうして「ことば」は必要なのか

本書は終盤で、言語が存在する本質的な意味合いについても触れている。著者が言うには、人間は言語を介して全く違うモノ同士を同じカテゴリーに当てはめ、そこから類似性を発見することによって未知のものに対しての対策を取ることができるのだという。

それらのカテゴリーに名前がつけられると、人はそれらを「同じもの」として認識し、モノ同士の見た目が大きく違っていても、名前の共有を手がかりに、見たことがないモノの性質や行動について、予測をすることができる。

例えば「椅子」がある。腰掛けるアレだ。世界にはさまざまな形の椅子がある。その形状は無限と言ってもいいかもしれない。仮に世界に「椅子」という分類が無く、全てAとかBとかの固有名詞で呼ばれたらどうなるだろうか。おそらく僕たちはそれらに出くわすたびに「これに勝手に座っていいのだろうか?そもそも座るものなのだろうか?座ったら怒られるんじゃないか?」と悩むことになるのではないだろうか。しかし実際そんなことにはならない。なぜなら僕たちは、その形や設置してある場所によってそれらを「椅子」というカテゴリーに当てはめて、「椅子=座ってもいい」というように判断するからだ。

これは大人だと実感しづらいことかもしれない。しかし子どもの思想形成の過程においては非常に重要なことだ。子どもにとって世界は知らないことだらけだ。それらのひとつひとつを丁寧に理解している暇はない。そこで異なるモノ同士の類似性を発見し、同じカテゴリーに当てはめて、次の行動の指針としていく。それを繰り返して様々なことを子どもは効率的に学習していくわけだ。

つまり、言語は、子どもに、自分以外の視点から世界を眺めることを教え、世界を様々に異なる観点からまとめ得ることに気づかせ、様々な切り口、様々な語り方で自分の経験を語ることを可能にし、さらに、経験を複数の様々な視点、観点から反芻することを可能にするのだ。そのことに対する気づきそのものが、ヒトの子どもを、ヒト以外の動物が持ちえない、柔軟な思考へといざなうのである。

言語の最も偉大なところは、無限に存在する事象の「分類」を可能にしたことなのだろう。だからこそ動物と違って人間は未知のものにも法則性を見出して立ち向かうことができるし、その結果から学習することもできる。

おわりに

最初に書いた「異なる言語の話者は、世界を異なる仕方で見ているか」という問いに関する答えは、実は本書の内容だけでは導き出すことはできていない。著者もその深すぎる問いに対してイエスかノーかで答えるのは難しかったようだ。

ただこういった分野の素人であり、特に大きな責任もない僕が勝手なことを言うのであれば、ウォーフ仮説を肯定したいと思う。むしろ、そうであってほしい。言語の数だけ見える世界が違うということは、それだけ様々な世界の見方があるということだ。少々ロマンチックすぎるかもしれないが、そっちのほうが考える上ではおもしろさがあるような気はする。

非常に深いテーマに対して、様々な角度からの実験によって立ち向かっているのが本書だ。その実験の結果だけでも興味深い内容ばかりだし、そこから導き出されていく言語と思考の関係性がおもしろい。

SNSでもご購読できます。