「ブログを書きたくない」という気持ちを大切にするべき理由

先週ぐらいに「ブログ書きたくない病」を発症していました。

そんな病気がないことはもうお気づきだと思いますが、とにかくブログを書く気が起こらなかった。だから散歩したり、ゲームしたり、読書したり。ブログから遠ざかる日々を2、3日送っていたように思います。

今では病気も治って元気にブログを書いているわけですが、その時に思ったのは「そういう時間はむしろ必要なのだ」ということ。

世の中にはブログに対するモチベーションが下がった時に、それを無理やり上げるための方法論的な記事が蔓延していますが、あまり良いものでは無いと思いますね。

やっぱり何もしたくない日はあるよね

僕はうつ病でもないし、健康そのものな人間ですが、何もしたくなくなる時っていうのは結構あります。そしてこの記事を読んでいる人だって、そういう経験はあるのではないでしょうか。

「やらなければならない。やったほうが良い。でもやりたくない」。自分でもかなり面倒くさい精神状態だと思っていますが、本当にこういう気分になるのです。

book-15584_640

仕事や学校であればそういう状態に陥っても「じゃあ今日は行かない!」とは簡単にできるものではないので、ほとんどの人は行くという選択をせざるを得ません。しかしブログの場合は書かないと誰かに迷惑をかけるわけでもないので、別にやめたければやめることは自由です。

この辺りの話は以下の記事で同じような内容を書いたと思うので、よろしければどうぞ。

無理にモチベーションを上げようとしない方がいい

こういう時に多くの人は無理にモチベーションをあげようとします。そしてそういった人のモチベーションを上げてくれるような記事はググるといくらでも出てきます。「ブログのモチベーションを維持する方法」「ブログを書き続けるために」のような感じですね。

ただこのような記事にはあまり頼らない方が良いというのが僕の考えです。そういった記事を読むことで確かにやる気も復活するかもしれませんが、それは一時的なものでしかないからです。

「一時的でも上がればいいじゃないか」という意見もありそうですが、そうでもありません。「無理やりモチベーションを上げる」ということはドーピングのようなもので、すぐにまた「ブログ書きたくない病」を発症します。それは以前よりも重度なものであり、場合によっては二度とブログを書かなくなってしまうかもしれません。

being-alone-513526_640-min

ブログを全く書かない時間で学んだことは、「本当に必要であったり、好きなことであれば、自然とまたモチベーションが上がってくる」ということ。実際にこうしてまたブログを書いているわけですしね。

ブログを書かない時間は「自分はやっぱりブログが好き」ということを再認識することにもなりました。

毎日更新している人はストックがあると書かない日を作れる

目ざとい人は気付くかもしれませんが、それでも先週は毎日ブログの更新をしていました。なんでそういうことができたかというと、実に単純な話で普段からブログ記事を書き溜めていただけです。

これが良かったと思っています。基本的に更新を続けないと不安になる性格なので、書き溜め分を消化することでその不安を解消できたのは大きかったです。ブログを毎日更新している人は、ストックを用意しておくと何らかの事情で記事を書けなくなった時などに重宝します。

それに僕は「時には書かない日を持つことは重要」とさえ考えるようにもなりました。

何も書かない時期をリフレッシュのための時間に使う

ブログのことを忘れて遊び呆けていたわけですが、不思議と今はスッキリした気持ちで文章を書けています。これはブログから離れた時間が、自分にとって丁度いいリフレッシュ期間になったからだと思います。

今までは毎日のように記事を書く時間を設けていたのですが、今回の経験で週に一日ぐらいはブログから離れる時間を作ったほうが、結果的にはいいのかなと考えるようになりました。ずっと記事を書き続けるというのは僕は疲れてしまうみたいですし、休んだ後にパフォーマンスが向上するなら書かない日も必要なのかなと。

motivation-721827_640-min

もしブログを書くこと(仕事でも学業でもいいですが)に少し疲れや、意識の低下を感じた人は、数日間全く別のことをするというのは想像以上に効果的です。また「普段と違うことをやる」というのはインスピレーションを芽生えさせる上で有効なようです。

どんなことでも創造力を発揮する余地はあるので、普段とは異なる分野で頭を使い、アイデアを実行することで、マンネリから抜け出せるかもしれません。通常の活動から離れるほど良いのです。いつもコンピュータ漬けなら日曜大工に手を出してみたり、普段身体を動かすことが多いのであれば、デジタルアートなどをかじってみたりするのもいいでしょう。

 燃え尽きたあと、創作意欲を取り戻す方法 | ライフハッカー[日本版] 

また普段やっていることから離れると、それを客観的に見ることが可能になります。そうして一歩離れた視点から見ることで、普段なら気が付かないことや、自分の本当の気持ちに気がついたりするものです。

真面目に頑張り続けるというのも立派な才能ですし、それができることは十分に誇るべきことです。しかし長期的視野で見た場合、時にはそれを中断する勇気も必要ではないかというのが自分の考えです。

SNSでもご購読できます。