とても微妙にバズった話。せっかくだからバズる方法や要因を考えてみたよ

buzz-lightyear-717315_640-min

バズったようでバズっていない、少しバズった経験をしたかもしれません。

何故かある記事のシェア数が異常なことに

とりあえずこの画像をご覧ください。

screenshot_45-min

14日に不自然にPVが伸びてるんですよね。わかりづらいと思うのですが、前日と比べると2倍近くの数値になっているんですよ。

何か問題になることでもやらかしたか!?」とむしろ炎上方面を心配したのですが、どうやら原因はこの記事にあるようです。

6月に書いた「スロージョギング」という走法に関しての記事なのですが、どうやらこの記事が発端となっている模様。 シェア数も見たことない数字になってる。最初何かのバグかと思いました。

screenshot_46-min

「これはブログ界隈で有名な『バズる』という現象に遭遇したのではないか?」

「あれ? でもバズると一気に数万アクセスとか来るんじゃなかったっけ?」

「そう考えると、これって微妙じゃね?」

様々な思いが頭のなかを駆け巡りましたが、SNSでの拡散によって普段よりアクセスが増えたのならそれは「バズる」という言葉の定義には反しないと思うし、何より単純に嬉しいです。

せっかくなので、このようにシェア数が伸びた要因を考えてみようと思います。

バズった要因は「運」

正直なところ、スロージョギングの記事があのように急激に伸びた詳しい理由はわかっていません。Twitterと違ってFacebookのシェアって通知が来るわけでもないので、その原因も掴みづらいんですよね。発端などを詳しく知る方法はあるのでしょうか。

question

現状で考えられる理由は以下のとおり。

  • テレビなどのメディアでスロージョギングが取り上げられ、その影響。
  • ネット上で影響力のある人にシェアされ、そこが発端となって拡散。

こんな感じだと思いますが、どの理由であれ結局は「」による部分が大きいですよね。自分としても予想外の出来事でしたし、その詳しい原因もつかめないとなると、時の運によるものとしか考えられません。

バズる方法があるとすれば「記事の数」と「記事の質」を最大にすること

そういうわけで「結局は運頼み」というありきたりな結論に至ってしまったわけですが、それでもその確率をある程度まで引き上げる方法は存在すると思います。

まずは「ブログにおける記事数の充実」です。下手な鉄砲も数打ちゃ当たると言いますが、当然記事数が多いほどバズる可能性も上がるわけです。記事の数=チャンスの数と考えることができます。

cloud-709098_640-min

もうひとつは「記事の質を上げる」ということです。バズるということは、それが多くの人にとって読むに値する記事であったことの証明になりますからね。必要最低条件であると言えます。

つまり「質の高い記事を、大量に投稿する」というのが地道なようで最も近道であると言えます。考えてみれば当たり前のことですね。

今回の僕の場合は非常に小規模なバズではありましたが、良い経験となりました。記事をシェアをしてくれた方々、ありがとうございます。「質と量の両立」を意識して、次はもっと大きなバズを経験したいと思います。

SNSでもご購読できます。