4月4日の夜は皆既月食!全力で楽しむための方法をまとめました

2015年4月4日(土) の夜は全国的に皆既月食を観察することができます。約半年ぶりの皆既月食となりましたが、今年の月食は特殊条件が揃っていて、天文学的にも珍しい部分が多いです。また次回の月食は3年後の2018年とかなり先の事になってしまいます。

この貴重な機会を目一杯楽しむためにも、月食を楽しむ方法を紹介させていただきます。

月食は肉眼で見ることができる

dog-647528_640

太陽を見る日食は肉眼だと危険があったので、専用のレンズで見ることが推奨されていました。しかし月食であればその心配はなく、夜空を見上げて直接観察することができます。

天体望遠鏡があれば一番だけど、双眼鏡でも良し

telescope_black

肉眼で簡単に見ることが出来るのが月食の魅力でもありますが、機材があればより鮮明に観察をすることが可能です。望遠鏡を通して見ると月のクレーターがハッキリと分かるほどよく見えるので、月食中の月面の明るさの変化を100%楽しむことができます。

望遠鏡ほどでは無いにしても、双眼鏡でも中々の精度で観察ができます。持ち運びも望遠鏡より簡単なのが利点です。その際には三脚などで固定してあげると手ブレもなく、常に同じ位置からの観察が可能です。

ピークの12分間を見逃すな!

blood-moon-596784_640

月食は部分月食と皆既日食の段階がありますが、月が完全に影に入る皆既月食は今年は12分間しかありません。去年の皆既月食は約1時間は観察できたのですが、これは月が地球の影を通る位置によって変わるからです。

4月4日(土曜日)の皆既月食のスケジュール

19:15~  部分月食の始まり
20:54~21:06  皆既月食
~22:45  部分月食の終わり

 また月食のピーク時には月は深紅色になるのが特徴ですが、今年の月食は地球の影の端の方を付きが通過するため、月があまり赤くはならず、かなり明るい状態のまま観察ができるようです。これは非常に珍しい現象なので、絶対に見逃したくは無いですね。

桜との共演を楽しむ

SONY DSC

桜は関東以西は満開になりつつあり、当日は絶好のお花見日和となることが予想されます。夜桜と月食を同時に楽しめるなんて人生で一度きりの機会かもしれないので実現したいものです。

岡山で「満月BAR」 4月開催は「桜と皆既月食」で楽しみダブル /岡山

ライブ中継で感動を共有する【チャンネルリンクまとめ】

audience-648476_640

自宅で月食を観察していて感動を誰かと分かち合いたくなるということもあるかもしれません。今回の皆既月食ではインターネットでのライブ中継番組が幾つかあるので、ネット上の人々とその感動を共有するとより一層楽しむことができると思います。

お好きなチャンネルからお楽しみください。ニコニコ生放送を視聴する場合はアカウントが必要になる場合があるので注意してください。

SNSでもご購読できます。