Markdown(マークダウン)記法でブログ執筆を高速化せよ!

先日のブログエディタ『Scribe Fire』をWindowsユーザーにオススメする理由でも少しだけ「マークダウン記法」に関して取り上げました。

マークダウン記法はブログ執筆の速度を向上させる上で、今の自分に欠かせない存在です。

今回はシェアの意味を込めて、マークダウン記法の素晴らしさを紹介したいと思います。

この記事の要約

  • マークダウン記法は修得が簡単なのに効果が大きい、ローリスク・ハイリターンのブログ執筆法である。
  • 修得によって面倒なタグ打ちの手間が大幅に軽減される。
  • マークダウン記法に対応しているツールは幾つかあるけど、おすすめは「Scribe Fire」。

Markdown記法とは?

one-kara(3)

Markdown(マークダウン)は、文章の書き方です。デジタル文書を活用する方法として考案されました。特徴は、

  • 手軽に文章構造を明示できること
  • 簡単で、覚えやすいこと
  • 読み書きに特別なアプリを必要としないこと
  • それでいて、対応アプリを使えば快適に読み書きできること

などです。

引用元:日本語Markdownユーザー会

マークダウン記法の特徴に「非常に覚えやすい」という部分があると思います。一度書き方を調べれば、それ以降は何となく直感的にその操作を記憶することができるでしょう。

そうは言っても実例が無いと説得力が無いので、次からは実際にマークダウン記法を使用するとどのようにブログ執筆に役立つのかを説明していきます。

マークダウン記法の代表的な使用例

マークダウン記法を使用することで、基本的にはタグ打ちが非常に楽になると思ってくれればいいです。

使用例を代表的な部分だけ紹介しますが、これを見るだけでもマークダウン記法の素晴らしさをご理解いただけると思います。

見出し(h1,h2,h3…)の書き方

文中に見出しを作る場合は、文章の前に#を挿入させることによって可能になります。

Markdown

HTML

また#の数が見出しのレベルに対応しているので、2個なら<h2>、3個なら<h3>というようになります。

Markdown

HTML

 

引用(blockquote)の書き方

マークダウン記法では引用文は最初に「>」を挿入するだけです。これだけで自動的に引用文の完成です。

Markdown

HTML

もし段落等で分けられている場合は、改行後の文章の先頭に再度「>」をはさむ必要性があります。

Markdown

HTML

リンクを挿入する際の書き方

リンクの挿入は、リンクを貼るテキストを[]で囲み、その後に()でURLを囲むだけです。
またリンクのタイトルを付ける場合は、()内にリンクタイトルを記入し””で囲みます。

Markdown

HTML

 

リストの記入方法

順序なしリストの場合は文頭に「*」「+」「_」のいずれかを挿入後、半角スペースを空けることによって作成が可能です。

Markdown

HTML

順序つきリストの場合は文頭に「数字. 」というように記入すると作成可能です。

Markdown

HTML

リストを作成する場合は、上下に一行空きがないと表示されないので注意です。

段落(<p>タグ)の挿入方法

pタグは1行分空けることで自動的に挿入されます。個人的に最も便利だと思っている部分です。

Markdown

HTML

改行(<br>タグ)の挿入方法

これは文章の間隔を空けないまま隣り合わせると、自動的に挿入されます。

Markdown

HTML


 

代表的な使用方法は以上です。他にもテーブルタグ、水平線、画像の挿入等もマークダウン記法で行うことができますが、自分はそれらはWordpressで行っているので使用頻度はかなり低いです。

マークダウン記法を使用することのメリット

thumb-328420_640-min

ここまでご覧になっただけでも、マークダウン記法がブログ執筆の効率化にかなりの効果があることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

マークダウン記法の素晴らしい部分の1つに、先程も言ったように修得のしやすさがあります。

例えば見出しの入力は、文頭に#を見出しのレベルの数だけ打ち込めばいいので非常に連想しやすく、一度入力してしまえば余程物覚えの悪い人でも無い限り忘れないでしょう。

リストタグなども書いてみると実際にのリストの表示と見た目が似ているので、こちらも連想しやすいです。

通常のタグ打ちは文章をタグで囲む、ということが必要になりますが、マークダウン記法の殆どは文頭に指定の記号を挿入するだけです。

これにより煩わしいタグ打ちの手間を省くことができるので、執筆の時間短縮に一役買ってくれるわけです。

方法が簡単の割には、得られるメリットが非常に大きいです。言わばローコスト・ハイリターン。

マークダウン記法を使用できるツール(Windows向け)

超おすすめ!「Scribe Fire」

Scribe Fireはブラウザ上で動作するブログエディタで、Wordpressを始め様々なブログと連携可能です。

ScribeFire (2)-min

ビジュアルエディタはもちろん、マークダウン記法にもバッチリ対応しています。

今の自分には欠かせないツールです。詳しい仕様方法などは下記の記事から御覧ください。

WordPressをマークダウン記法に対応させるプラグイン

JP Markdownというプラグインを導入することによって、Worspressのエディタでもマークダウン記法が使用できるようになります。

外部ツールは使用したくはないけど、マークダウン記法は試してみたいという人にはおすすめです。

ローカル環境でマークダウン記法を使用したい人は

Haroopad」というMarkdownエディタがおすすめです。

右にプレビュー画面が表示されるので、ブログではどのように表示されるかを確認しながら記入することが可能です。また特筆すべき部分として、サイドバーにマークダウン記法のヘルプを表示しなから記入ができること。非常に便利です。

Markdown(1)

左にマークダウン記法のヘルプが表示されているので、初めてでも安心。

これがWordpressと連携できたら最高なんですけどね……。方法としてはHaroopadで書いた文章をScribe Fireか、プラグインでマークダウン記法に対応させたWordpressのエディタにコピペして投稿するという方法が考えられます。

まとめ

僕はタグ打ちをするのが苦手で、Wordpressのエディタも重くてあまり好きではないので、考えた末に辿り着いたのがScribe Fireでマークダウン記法を使用して記事を書くという方式でした。

個人的にはこの方法が非常に気に入っていますし、マークダウン記法を使用するようになってから執筆のスピードもかなり早くなったように思います。

ブログの文章を書くスピードを少しでも上げたいと思ったことのある人は、マークダウン記法が自分に一番しっくりくる方法になるかもしれませんよ。一度お試しあれ。

ではまた。

SNSでもご購読できます。