有名ブロガーとネタ被りしてる?気にせずどんどん書こうぜ

ブログを書いていて一度は気になってしまうのが「他のブロガーとネタが被ってしまう時」です。

テーマを決めたのはいいけど、検索してみたら既に同じ題材の記事が存在している……。しかも、その記事を書いたのが有名ブロガーだったら、何となく気が引けてしまうかもしれません。

ただ僕は、例えネタが被ろうとも、その記事を書くべきだと考えています。

同じテーマの記事だから、同じ内容の記事になるわけではない

例えば「わかりやすい文章の書き方」みたいなテーマで記事を書こうとした時に、試しに検索をしてみると、同じような記事がゴロゴロ出てくると思います。それらは大手メディアの記事であったり、著名なブロガーが書いた記事であったりするでしょう。

それを見ると「今さら自分がそんな記事書いてもな……」と、つい悲観的になり、最終的には記事を書くことをやめてしまう。ブログを書いている人は、一度はそんな経験があるのではないでしょうか。

「ネタかぶってるじゃん!」

「ネタかぶってるじゃん!」

しかし、そんなくだらないことを考えて、記事を書かないのは非常に勿体無い。何故なら、テーマが同じだからといっても、全く同じ内容の記事には絶対になり得ないからです。

「わかりやすい文章の書き方」だって、ある人は「読む人を想定する」ということを最も重要視しているかもしれませんし、別の人は「起承転結を明確にする」ということを大切にしているかもしれません。その人の経験や思想によって、記事のニュアンスはいくらでも変わってくるのです。

自分の考えが含まれているなら、どんどん記事を投稿していい

記事というものは、書く人間の数だけ種類が存在するものだと思います。書いた記事に自分のオリジナルの考えが埋め込まれているのであれば、その時点でそれは唯一無二のものではないでしょうか。

それに、既に同じテーマの様々な記事が存在しているからといって、読む人がそれらを知っているとは限りません。読者にとっては、自分が書いた記事によって、その情報を初めて知ることだってあるのです。

take-532097_640-min

情報はやはり発信することが大事です。「ネタが被っているから」なんていうつまらないことを考えずに、どんどん記事を投稿しましょう。それが誰かにとっては、人生を変えるほど重要な記事になることもあり得るのです。

本日のまとめ

  • 自分が書いた記事は、この世でひとつの存在。
  • 記事は投稿して初めて価値が生まれる。どんどん投稿しよう。

もちろんパクリ記事は論外ですけどね。自分の考えが含まれていないと、何の価値もありません。

例えありふれたテーマの記事でも、自分の魂を込めた記事なら自信を持って世に送り出しましょう。

SNSでもご購読できます。