「文法」が好きになる話あれこれ/『日本語の文法を考える』

この本は国語学者である大野晋さんが、題名どおりに日本語の文法についてあれこれと論じている一冊である。まえがきにも書かれているが、著者が国語について思うことをフリーダムに語っている形となっているので、各章は基本的には独立した内容となっている。ときには本題から脱線し、ちょっとした小話なども展開される。気楽に読める一冊と言えるが、それでいて書かれている内容は奥深く、興味深い内容の連続である。

第一章で著者は学校における文法の授業が単なる暗記の学問となっていることを嘆いている。著者は日本語文法を「不幸な学問」と表現しているが、その理由のひとつとして文法の学問体系それ自体がまだ整っていないことをあげている。だから教師ですら文法の「なぜそうなるのか」という根本の部分を説明できず、結果的に生徒たちもどうしてそうなるのかを理解しないまま文法の仕組みを暗記するだけに留まってしまう。

本書が書かれたのは、そういった状況を脱却させるきっかけにしたいという著者の考えもあったのだろう。実際に古文の授業でこの本で扱っているような内容まで掘り下げてくれたら、さぞ楽しい時間になっただろうと思う。

主語の省略から見えてくる日本の閉鎖的社会

まず日本語の特徴として、主語を省略することがあげられている。例えばドアをノックされたときは「入ってます」と言えば事足りるし、テレビの話などをするときに「見た?」といきなり切り出すときもある。それに対して英語などは真逆である。主語をはっきりとさせるし、さらにそれによって動詞の形も変える。つまり英語は主語に重点を置いているわけだ。

こういった違いは、その国々の社会の成り立ちに深い関係があるという。例えば西欧には「広場」という特殊な文化があるらしい。そこでは暇さえあれば見ず知らずの人が集まって、商談を交わしたり議論をしたりして、そして去っていく。そういった場所で重要なのは、お互いがどのような存在であるかを明確にすることだ。互いが謎に包まれた状態のままで話を進めるわけにはいかない。だから言語の上でも主語を明確にして、それによってまず立場を表明する。インド・ヨーロッパ語族で主語を重んじるのは、そういった社会的な背景があるからと考えられるわけである。

それに対して日本は稲作が広まってからは農村社会となり、そしてその形態は明治時代に入る頃まで続いた。そういった狭い社会ではお互いが誰かということは言うまでもなく明確である。つまりそこでは主語の必要性が薄く、結果的に省略するという形となっていった。ここでも社会の形態が言語を規定していることを見いだせるのである。

もちろん欧米でもそういった省略表現をすることはあるのだろうが、それは非常に親しい間柄に限った話で、日本人のように見ず知らずの人間同士でも成り立つのは特殊である。こういった点から日本人は相手の気持ちを重要とする民族だと考えることもできるのだそうだ。相手の知っているようなことを省略するのがその現れだし、また省略された部分を推し量ろうとするのもそうだと言える。

も一つ日本語の社会の特徴がある。それは、人の移動の少ない、狭い人間関係の中で人々が生活してきたので、人は事実をすみずみまで明確にするよりも、自分の相手となる人の気持ちに遠慮し気がねをする。相手の気持ちをそこねまいとすることのほうを大事にする。いかに事実をはっきり伝えるかというよりも、いかにしてあいてにいやに思われずにすませるかに細かい神経を使うという面がある。

言語から社会の背景、さらには民族性まで見えてくるのは言葉のもっとも面白いところだと思う。

おわりに

自分が取り上げたのは文法というよりも言語学っぽい部分になってしまったが、他の箇所では文法らしい内容が多いので誤解はなきように。例えば別の章だと「は」と「が」の意味合いの微妙な違いとか、なぜ係り結びというものが生まれたのかなど、古典の授業を思い出すような懐かしい響きがたびたび登場してくる。やはり大野晋さんの本は鉄板だなと再認識させられた。


SNSでもご購読できます。