ブログ記事がインデックスされない時にするべきたった5つのこと

not-index-blog

検索してみても自分のブログ記事がインデックスされていないと焦りますよね。しかしインデックスというものは、普通にやれば投稿してから数時間以内にされるものです。 早ければ1時間以内でされる時もあります。

現に昨日このブログで書いた記事も、投稿してから30分程度で即インデックスされています。しかも運良く1ページ目に表示されていました(「氣の呼吸法 効果」での検索による)。

screenshot_212_

つまりは「記事がインデックスされない」という状態は、何かしら原因があるということです。この記事では、僕が即インデックスされるために行っていることをまとめています。自分のブログ記事がなかなかインデックスされなくて悩んでいる人は、ここに書かれている方法で解決すると思います。

Ping送信が正しく行われているか確認する

Ping送信とは、簡単にいえばインターネット上の色々なサーバーに「ブログ更新したぜ!」と教える機能のことです。これによってGoogleなどの検索エンジンが自分のブログの更新に気づいてくれるので、インデックス速度が上がる効果があります。

幸いWordPressには「WordPress Ping Optimizer」という便利なプラグインが存在します。

自動でPing送信を最適化してくれるという代物です。導入の際にはPing送信先の設定は忘れないようにしてください。「Ping送信先 2016」や「Ping送信先 最新」などのワードで検索をかければ、今でも動作しているサーバーをまとめた記事がヒットすると思います。

基本的にはこのプラグインをインストールして、記事の投稿を行うだけで正常にPing送信は行われます。ただ問題は、時どきPing送信が失敗することです。

本来であれば、正しくPing送信が行われると画像のように「Pinging」と表示されます。

screenshot_213_

しかし極稀に記事の投稿を行ったにも関わらず、この「Pinging」が表示されないことがあるのです。 具体的な改善方法がわからないので、僕はブログ記事を投稿するたびに成功したかを必ず確認するようにしています。仮に失敗していた場合は、「Ping now」を押すことで手動でPing送信できるので、そうしています。

screenshot_214ただPing送信はやりすぎるとスパム認定されるので、最低でも30分以上は間を空けるようにしましょう。

【追記】
まさにこの記事そのものが「Ping送信されない」という事態に陥っていました。この記事の投稿時間は19:13ですが、その時間帯で送信がされていませんね。

screenshot_218

一番上に表示されている「Pinging(forced ping)」が手動で送信した時の表示です。

XMLサイトマップを正しく設定する

XMLサイトマップは、検索エンジンにブログの情報を正しく通知するためのものです。後述のウェブマスターツールを使う際にも、XMLサイトマップは必須になります。

こちらも「Google XML Sitemaps」というプラグインで簡単に設定することが可能です。

プラグインの設定は「バズ部」の記事が丁寧すぎるので、この通りにやりましょう。

Google XML Sitemapsの設定方法

このプラグインを正しく設定することで、検索エンジンに定期的に更新を通知することができます。それによりインデックス速度の上昇が期待できるということですね。

ウェブマスターツールの「Fetch as Google」を行う

Googleウェブマスターツールは利用していますか? ブログ運営の必須ツールなので、まだなら登録しましょう。

Googleウェブマスターツール

その中に「Fetch as Google」という機能が存在します。これはどういう機能かというと、ブログの更新を確認しに来るクローラー(ロボットみたいなもの)に、強制的に自分のブログをチェックさせるという若干強引なもの。

screenshot_216

基本的にはPing送信や、前述のXMLサイトマップの設定が正しく行われていればクローラーは正常に巡回してくれますが、何らかの間違いで行われなかったということも考えられます。もし自分のブログ記事がなかなかインデックスされないされないと感じた時は、このFetch as Googleを試してみるのは効果的です。

ただあくまでこれは「リクエストを送る」という意味合いであり、行ったから必ずインデックスが保証されるというものではありません。 また月間で行うことの出来る回数が制限されています。「単一のページ」であれば500回、「単一のページとそこからリンクされた全ページ」であれば10回までとなっています。500回は相当多いので、僕は少しでもインデックス速度が悪いと感じたらバンバン行ってますけどね。

秘密兵器「Pubsubhubbub」を使う

Pubsubhubbub(パブサブハブバブ)は知らない人からすると目が痛くなるような名前ですが、非常におすすめの機能です。 簡単にいえば、Pubsubhubbubはクローラーの巡回を介さず、投稿の時点で検索エンジンに更新通知を送ることができる機能です。昔このブログでも取り上げたので、詳細はそちらをご確認ください。

仕組みとしては若干難しいのですが、ありがたいことにこちらもプラグインが存在するので、詳しくない人でもインストールするだけで実装できます。

インストールして有効化すればそれだけで大丈夫です。Pubsubhubbubを導入することで、早ければ数分でインデックスされることも可能になるそうです。SEO的にはまさしく必須プラグインと言えるでしょう。

ブログの評価を上げる

そもそもまだブログの評価が低く、検索エンジンから十分な評価が得られていない可能性があります。評価が低いサイトは、検索順位が上がりづらかったり、インデックスがされづらいというデメリットがあるからです。

もしあなたがブログ運営を始めてから間もないのであれば、3ヶ月程度は様子を見るべきです。僕の経験則と色々なブログ運営者の話からも、3ヶ月を過ぎてから記事がインデックスされやすくなるというパターンは多いようです。

それにも関わらずインデックスされないという人は、地道にブログの評価を高くすることに努めましょう。良質なコンテンツを作り続け、外部リンクを多く得ることが評価を上げる最も確実で、かつ効果の高い方法です。近道はありません。

終わりに

ここに書かれている方法を実践すれば、早ければ30分で、遅くとも数時間でどの記事もインデックスさせることが可能です。狙ったキーワードで検索上位表示させるようなことも難しくなくなります。

ただいくらインデックス速度が上がっても、コンテンツの質が低ければ訪れてくれた人は満足してくれませんし、次第にサイトの評価が下がってしまいます。常に来訪者に価値を与える記事を作ることを心がけることがやはり大切ですし、最も基本的なことです。

SNSでもご購読できます。