FacebookのOGP設定をする絶大なメリット

OGP設定は色々と面倒なことも多いですが、それに見合ったメリットが確かに存在します。

一言で言えばFacebookで拡散される確率が何倍にも上がります。具体的にどういうことなのかを紹介していきましょう。

「いいね!」を押した人の友達にも自分の記事が共有される

例えばこのサイトがまだOGP設定がされていないと仮定しましょう。この記事を読んだ後に心優しいあなたは「いいね!」を押してくれました。それは僕の所に知らされることになりますが、言ってしまえばそれで終わりなのです(もちろんそれだけでも嬉しいですが)。その「いいね!」を押してくれたことが誰かに共有されるわけではありません。

しかしOGP設定が成されているサイトで「いいね!」を押すと、その人の友達のニュースフィードにも記事のURLやアイキャッチ画像、概要文が表示されることになります。

これは非常に大きいことです。何故なら、例えばボタンを押した人に友達が100人近くいたら、それだけで100人の目に記事が晒されることになるのですから。それを繰り返していくことで、結果的に「拡散」と呼ばれる形で瞬く間に自分の記事がネット上で知れ渡るということもあり得るのです。

まさにこういうイメージ。

まさにこういうイメージ。

まずこの部分を考えるだけでもFacebookにOGP設定をするメリットが充分にわかると思います。

ニュースフィードでの表示をわかりやすくできる

ニュースフィードに表示される内容は「記事タイトル」「サムネイル」「記事概要文」が主な要素です。以下の様な感じですね。screenshot_156-min

上記はOGP設定をしている上での表示なのでまともですが、設定をしていない状態だとサムネイル画像や引用文の表示が崩れることがあります。

OGP設定をしていない場合Facebook側が勝手にサムネイルに使用する画像を決めてしまうので、的はずれな画像を選んでしまうことがあるのです。概要文にしても本文に突入する勢いで長々と書かれることもあります。

いくら記事が良く出来ていても、画像がトンチンカンなものだったり、概要文がゴチャゴチャと書かれていたら見る気を無くしてしまう人だっているかもしれません。記事を読んでもらう機会を失わないためにも、OGP設定をすることで人目で内容がスッとわかる表示にすることは大切です。

こんなメリットもあるかもしれない?

FacebookでOGP設定をした時の恩恵として以下のような事もあるようです。

冒頭で「外部ページをFacebookページに見せかけれる」と書いたかと思います。 実は、OGPを設定すれば、普通のFacebookページとは違う、「外部ページ用のFacebookページ」が生成されています。

この「外部ページ用のFacebookページ」のウォールにコメント・URL等を投稿する事で、そのページに「いいね!」を押した人のニュースフィード に、アップデート通知を送れるのです。

引用元:<遂に公開>SEOの2倍のアクセスを稼ぐFacebook「OGP」と「いいね!」ボタンの活用術。

一度いいね!を押してくれたら、それ以降はその人のニュースフィードに記事の更新情報を送信することができるということなのですが、正直現状でこの機能が使用できるかは不明です。

この機能を使用するためには「記事単体のフェイスブックページ」というものにアクセスする必要があるらしいのですが、それが何処にも見つからず……。見出しが疑問形なのはそのためです。

他にもこの情報が書かれているサイトは幾つかあったのですが、どれも三年以上前に書かれた記事だったので、現在では仕様が変更されている可能性が高いのかなと。

しかし実際にその機能が現在も実装されているのだとすると魅力的な話ではありますね。

まとめ

  • OGP設定をすることで、ボタンを押した人の友達にも記事を知らせることができるので、拡散力がより高まる!
  • ニュースフィードでの表示を自分の意図通りに、より見た人がわかりやすくすることができる!
  • 一度「いいね!」をしてくれた人に継続的に更新情報を送信できる機能もあったらしいけど、現状期待しないほうがいい!

友達のニュースフィードに載るというだけでも設定する価値はかなりあると思います。このサイトももっと早くフェイスブックページを作っておけば良かったかなと少しだけ後悔。

ソーシャルメディア全盛期の現在でアクセス増加を狙うのであれば「拡散」という言葉は切っても切れないものだと思います。現在サイト運営をされている方でOGPを未導入の方は設定を検討してみてはどうでしょうか。

SNSでもご購読できます。