清々しいほどに冒険小説――『三銃士』

アレクサンドル・デュマが生み出した傑作『モンテ・クリスト伯』は大好きという言葉ではあらわせないぐらいに自分にとって大切な小説なのだが、今回取り上げるのはもうひとつの傑作『三銃士』のほうである。むしろこちらのほうが世間的に […]

続きを読む

影を持たずは人にあらず――『影をなくした男』

古本に挟まっていた栞がこの本を読んだきっかけとなった。そこには『影をなくした男』という作品が印象的な挿絵と共に紹介されていた(上画像参照)。しばらく経ってから古本屋でその本を見つけたとき、迷わずカゴに放り込んだ。 影をな […]

続きを読む