紙のメモ帳のもどかしさが、たまらなく好きだ

こうしてデジタルでブログを書いている自分ですが、メモに関しては最近は紙媒体を気に入っています。

何でもデジタル化の流れですが、メモ帳に関しては手書きは廃れないと思いますね。

手書きのメモ帳が持つ「ゆとり」がデジタルに囲まれた人間には必要

紙のメモ帳で手書きでガリガリ書いている時って、キーボードに比べると速度が劣るのでもどかしさを感じることがあります。でもむしろその「もどかしさ」が良いんですよね。

例えば手書きだと、パソコンとは違い誤った場合に綺麗に消し去ることができません(ボールペンの場合)。修正液でも使えば別ですが、手間がかかるので二重線で消す人がほとんどでしょう。

しかしその消せないことも、発想を変えればメリットと考えることもできます。 手書きのメモ帳の良さとして、ぱっと見た時にその時の自分の状況などを振り返りやすいことがあります。

hand-325321_640-min

例えば企画のアイデア出しをしている時などには、あーでもないこーでもないとネタを書いては線で消して、ということの繰り返しになってしまっているかもしれません。そうするとそのページはゴチャゴチャになってしまっているはずですが、だからこそ当時の葛藤や自分の思考の流れなどを鮮明に振り返ることが可能となるのです。

これはデジタル媒体では難しいことだと思います。BackSpaceさえ押せば、誤りは綺麗に消せるわけですからね。そういう理由もあり、時には理路整然とされたデジタルのメモよりも、泥臭さを感じさせる手書きのメモ帳に魅力を感じてしまうのです。

紙のメモ帳の最大の強みは「柔軟性」

紙とペンというものに触れている時に最も感じるのは、その柔軟性です。

例えば1行目と4行目の文章に関連性があった時などに、線を引いて後から見ても思い出せるようにしておきたい。そういう時に手書きの良さが光ります。ペンを握って線を引くだけですから。これがパソコン上となると若干面倒な作業となりますし、多少は専門的な知識も必要となってしまいます。

writing-789835_640-min

文中に補足的に図説を加えたい時も、手書きだと楽です。マインドマップも手書きで実行することを推奨されていましたが、それは自分の思考をよりストレートに表現しやすいからなのだと思います。ペンを握って字を書いている時のほうが、インスピレーションが湧きやすいようにも思いますね。

ズラズラとメリットをあげたけど、一番好きなのは使っている時の「時間」

考えてみると手書きのメモ帳には多くのメリットがあるのですが、実はそんなことは割りとどうでもよく、単純に紙に字を書いている時間が好きなのだと思います。適当な動画でも見ながらダラダラと思いついたことを書いている時の、思考のダダ漏れ感が良いんですよね。

デジタルにまみれている自分たちには、こういう時間も必要なのではないかなと思う次第です。

SNSでもご購読できます。