読書は脳を変える力を持っている/『プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか?』

51ah6zb4il

主題を見ても本の内容がよくわからず、副題でやっとわかる。読書が脳にどのような影響を与えるのかを解き明かしていくのが本書の内容だ。インターネットが全盛の現代で、人間が読書をする時間は年々減っている。それだけに読書の大切さが謳われることも多いけれど、その効用まで言及されることは極端に少ない気がする。本書ではディスクレシア(読字に生涯を持つ人のコト)と一般的な読字能力を持つ人とを比較しながら、人間が文字を読む過程でどういった能力を獲得しているのかを解き明かしていく。

興味深いのは、読書をすることによって実際に脳の構造に変化があらわれるということだ。情動や思想の面で変化を与えるのは予想できるとして、人間の内部の構造を変化させるようなパワーを持っていることには素直に驚いた。この記事では「読書が人間をどのように変えるのか」といったことや、「ネットによって人間は何かを失うのか」ということについてまとめていきたいと思います。

読書は人間をどのように変えるのか

読書が我々に何を与え、何を変化させるのかということは、本を読む行為に関心を持つ人にとって興味深い話題かもしれない。本書では読書行為によって生じる影響を、感情から脳の構造まで、様々な側面から取り上げている。

著者は、人は読書体験によって人間の考え方に共通性と独自性があることを認知できると言う。読書をするとき、そこに書かれている内容に共感して嬉しくなったりするし、また全く自分と違う考え方に驚いたりすることがある。それはまるで他人の意識に入り込んでいるようなものだ。その体験によって世界にはさまざまな考え方をする人がいることを知り、それによって自分を客観的に見ることができる。これは子どもが絵本を読む時でも大人が難解な古典を読む時でも共通だ。これが読書の効用のひとつである。

こうして他人の意識を直接体験することにより、私たちは自分の考え方に共通性と独自性があることを悟る――自分は一個の人間であるけれど、一人きりで生きているわけではない、そう悟るのである。

またそういった思想形成のような側面だけでなく、読書は実際に脳の構造に変化を与えるようだ。正確にはニューロンに変化が起こる。繰り返し文字を読むことにより、脳はどのように動けばスムーズに読書ができるかを学んでいく。素早く文章を読み解くための新しいニューロンが生成されたり、また読書に必要のないニューロンは動かさなくしたりと、より効率的になっていくわけだ。ちょうど筋肉のようなものなのだろう。

つまり、読字が熟達のレベルに達すると、ニューロンのレベルで変化が起こるのだ。

本を読み慣れていない人と読書が習慣づいている人とは、一冊を読むまでのスピードに大きな差が生まれる。これは読むテクニックが原因ではなく、ひとえに脳の構造が違うからと言える。長いあいだ本を読んできた人は、それだけ読字行為に対して最適化された脳構造を持っている。裏を返せば、読書を繰り返していくことで人は誰でも本を素早く読めるようになるということだ。「本を読むのが苦手」という人は意外と多いが、そういう人でも少しずつでも文字に触れていくことで確実に脳に変化が起こり、読書能力は上がっていく。

インターネットの登場で何かを失うのか

「インターネットによって人は何かしらの能力を失うのか」ということについてだけれど、これはいまだに研究段階であり、現状では明確な答えが出せない難しい課題なのだそうだ。インターネットの進化は著しいが、その歴史はまだ浅い。解明にはまだまだ時間がかかるのだろう。

たとえば、ブラウザの“戻る”のボタンやURL構文、“クッキー”といったツールがあるが、これを使用することが認知スキルにどのような影響をおよぼすかという研究はいまだ緒についたばかりだ。

しかしながら、インターネットによって人々は本を読む時間が減った。それにより、育まれるべき読字能力は低下の一途を辿っている。これは確かに事実だが、だからといってネットを軽視するべきなのだろうか。悪い面ばかりを見てしまいがちだが、ネットによって我々は大きな恩恵を得ているのも事実だろう。

この問題に対する著者の答えは実にシンプルで、「両方の良いところを採用すればいい」だ。拍子抜けな結論だが、確かにその通りだと思う。著者が危惧しているのは、将来の人々が「本か、ネットか」というように、それらを二者択一の選択肢にかけてしまうことだ。その時点でどちらかを切り捨てることになってしまい、進歩の道は閉ざされてしまう。それでは建設的では無い。読書によって脳に変化が起きたことからわかるように、我々の脳は構造を変えることでモノゴトに順応することができるのである。それならば「本か、ネットか」ではなく、「本も、ネットも」というように良いとこ取りをするのが最も適切だろう。

私たちの後を継ぐ世代には、いったん足を止めて、最も優れた熟考する能力を働かせ、思いのままにあらゆるものを駆使して、来るべきものの形成に備える機会がある。それをとらえさえすればよいのだ。分析と推論ができ、自分の考え方で文字を読む脳に、人間の意識を形成するあらゆる能力と、敏捷、多機能、視聴覚を含む複数のコミュニケーション・モードを利用するマルチモーダル、情報統合を特徴とするデジタル思考の能力が備われば、排他的な世界に住み着く必要はない。

ソクラテスは対話を重視して、書き言葉を徹底的に嫌った。書き言葉はさも真実のように見えるし、反論も許さない。人間とは何かを追求するソクラテスにとってそれは非常に危なっかしいモノに見えたに違いない。それはちょうど我々がインターネットに対して危惧しているのと同じコトだと著者は言う。

しかしソクラテスの予想は誤っていた。実際には、書き言葉はソクラテスの言う「対話」をひとりの人間の中で再現できる素晴らしい発明だったのである。インターネットにもそのような側面があることを忘れてはいけないのだろう。著者が言うように、人間にとって大切なのは何かを切り捨てるという選択ではなく、それらを組み合わせてより高次の段階に進む道を模索することなのかもしれない。

SNSでもご購読できます。