検索順位が下がった経験で、最強のSEO対策が見えてきた

最近はキーワードによってはこのブログの記事が検索の1ページ目に載るようになり、ニヤニヤしています。そこから訪れてくれる人も増えてきたので嬉しい限りです。

さて本題に入りますが、先日いくつかの記事の検索順位が下がっていることに気が付きました。正直けっこう動揺したのですが、その一連の流れの中でSEOというものがどういうことなのかを理解したので、記事にまとめておきます。

結論から言うと「放置していたら戻った」

つまらない結果ですが、特に何もせずにいたら順位は元に戻っていました笑
いや正確に言うならば、以前より順位が上がっている記事も。うーん、謎だぞGoogle。

business-163464_640

ただ書けば簡単だけど、その時は結構焦っていたり。何かペナルティになるような事をしてしまったのか不安にもなったし、何かの間違いでスパム認定されてしまったのか調べてみたりもしていました。

しかし原因もよくわからず、仕方がないと諦めた時ぐらいに順位が戻ったので、かなり拍子抜けでした。ただ調べてみると、そういう事例って結構多いようですね。

Googleは我々の想像以上に細かいアップデートを繰り返している

Googleのアップデートというと「ペンギンアップデート」や「パンダアップデート」という大々的なものしか知らず、それらは事前にアナウンスがされた上で実行されるものと勝手に思っていました。

しかし実際は水面下で細かいアップデートが日単位で行われているようなのです。つまり今回のように、順位の上下が頻繁に起こったとしても全くおかしなことではないということです。

google-76517_640-minただそれがわかったとしても、一度順位が下がった後に、以前よりも上の順位になったというのは現象としてよくわからないような。傷ついてからの方がより大きくなる筋肉の超回復のようなものなのでしょうか。こればかりは自分で結論が出せません。

ただ今回の件で、自分としてはけっこう自信になったことがありました。

ブログの健全運営こそが最強のSEOである

自分はこのブログを運営している中で、やましいことは何一つしていない絶対の自信があります。やましいことというのは例を挙げると、「ブラックハットSEO」というやつでしょうか。自作自演の被リンクを作ったり、不自然にキーワードを盛り込みまくったりというアレですね。

ほとんどのブロガーの人はそんなの当たり前だと思うでしょうが、僕は今回の件で健全運営は最大の資産だなとしみじみ実感しました。

business-361488_640

Googleの検索アルゴリズムというのは想像を絶するスピードで進化していて、今後ますます健全なサイトと悪質なサイトは正確に識別されていくことが考えられます。そういった中、今回の件で自分のサイトが真っ当な評価をされたというのは大きな自信となりましたし、またブログを運営する上でこれは非常に重要なことだと思いました。

「ブログが正当な評価を受けている」ということは基礎部分のようなものであり、同時に最も重要な部分です。どれだけ良質な記事が存在しても、何かの手違いで正しい評価をされなければ何の意味もないからです。そしてそのように正しい評価を得る権利は、健全な運営をしてきた人しか得ることができません。

もしブログ運営で後ろめたい部分がある人は、今すぐそれをやめるべきです。今は波に乗っていても、長い目でみたら凋落の危機が必ず訪れます。

また真っ当な運営をしている人は、それをもっと誇っていいと思います。そしてどうかそれを続けていってください。絶対にそれが実を結ぶ時が来るはずです。

SNSでもご購読できます。