読書ノートをつけ始めてから感じている3つの効果

方眼ノートを買ったのですが、最近はそれを専ら「読書ノート」として使っています。読書ノートと言っても色々な使い方があると思いますが、僕の場合は本から学んだ・感じたことを自分の言葉でまとめていく、という方法。

「読書ノートなんて面倒くさいだけ」と思う人もいるかもしれません。おっしゃる通り、本を読んだ後にわざわざまた読書ノートを書くのは、それなりに面倒な作業には違いありません。ただその労力に見合う効果を実感できているのも確かです。

敬遠されがちな読書ノートではありますが、この記事では僕なりに感じている「読後にノートにまとめる」ということから得られる効果をいくつか紹介していこうと思います。

本の内容がより身に付く

そもそも僕がこの読書ノートをつけようと思ったのは、本が「読みっぱなし」の状態になっているのではないかと感じたからです。本からは色々な知識を吸収できるには違いないけど、しばらくするとすぐにその学びが頭の中から抜け落ちてしまい、ただ「読んだ」という結果だけが残る。これではただ本を消化することに満足しているだけで、何の意味もありません。

読んだ本を読書ノートにまとめることは、その読みっぱなしの状態を避けることになります。ノートにまとめる際には、必ずそこに自分なりの解釈を加える必要があるからです。この「自分の言葉でまとめる」という部分が大切で、それが知識を体系化することに繋がり、本に書いてあることを自分に合う形で定着させることに繋がるわけです。

実際のノート

実際のノート。書き方は適当です。

個人的にはブログで読書感想を書くことも本の内容を定着することに役立っています。ただノートの場合には手書きで書いているのでより制約が少なく、自由に考えをまとめることができますね。

よりビジュアル的に内容を把握するために、イラストや図説も積極的に書くようにしています。完全に理解している物事というのは、言葉だけでなくイラストでも簡単に説明できます。自分自身が本の内容を理解しているのかを確認するためにイラストを書いてみるというのは有効ですし、それができるのは手書きノートの特権です。

再読したい時に便利

面白い本は何度でも読み返したくなりますが、まるまる全部を再読するのは手間なので少し抵抗があります。そういう時にも本のエッセンスが詰まっている読書ノートがあると便利です。本の内容を簡単に振り返ることができます。

また本格的に原文を読み返したいときにも、一度読書ノートの記述に目を通しておくとより内容の理解が深まります。あらかじめ本の核となる部分を把握しているわけなので、再読の時はイージーモードです。最初の読書時には目を配ることの無かった部分に意識を向ける余裕ができるので、新しい発見が生まれやすくなります。

漠然とした読書にならない

読書ノートを書く前提で本を読んでみると重要な部分を積極的に見つけようとするため、結果的に本に没入しやすくなります。

本が身につかない理由のひとつとしては、漠然と読書をしてしまっているのがあると思います。タイトルに惹かれてダラダラ読むのも楽しいのですが、そこから何かを得たいと思うなら「この本の核となる部分は何なのか」という意識を持つことは大切です。ノートにまとめる前提で読むと、自然とそういった目的意識を持つことができるわけですね。

メモ帳を持ちながら街中を歩いてみると、アイデアに繋がるものが目につきやすくなるのと同じ理屈だと思います。情報に対するアンテナが敏感になるわけです。

このように読書ノートは読んだ後のアプローチだけではなく、読書中にも効果を発揮してくれます。

読書ノートを付ける際の鉄則はひとつ

自分なりに感じている「読書ノート」の効果を3つあげてみました。続けていけば、また違った効果を見いだせるかもしれませんね。

読書ノートは、方法としては自分のやりたいようにやってみることがおすすめです。好きなノートと好きなペンで、好きに書けることが魅力だと思っているので。特に手書きにこだわる必要も無いと思います。

ただひとつ絶対に守るべきは「自分の考えた文章でまとめる」ということです。本に書いてある内容をそのまま写しても、それでは結局「知識の流用」「受け売り」といったものであり、本を読みっぱなしにしている状態とそれほど変わりません。

本からの情報を、自分にとって使いやすい情報に変化させてくれる仕組みとなってくれるのが、読書ノートの意義です。そうやって言うと凄く真面目な感じになってしまいますが、自分なりに考えてノートにまとめるという作業は楽しさもあるものですよ。

これは自分が実際に使用している方眼ノートです。少々お高いですが、それに見合う紙質です。ページ数も多い。

万年筆も非常におすすめ。書き心地が気持ち良すぎて、ボールペンに戻れなくなります。

その他にもカラーペンなどで色分けしても楽しいですよ。色鉛筆なども使ってみたい。

SNSでもご購読できます。