ダサいだけじゃない!埼玉が持つ日本一の〇〇まとめました

埼玉の日本一

他県の人が埼玉と聞くと何を思い出すでしょうか。やっぱり「ダサイタマ」でしょうか。

それはそれでひとつの特徴でもあるので「ダサイタマ」のイメージでもいいのですが、そんな埼玉にも日本一のものがたくさんあることを知ってみるのも悪くはないんじゃないでしょうか。

以外なものも多いので、埼玉に対しての印象が2%ぐらいは変わるかもしれません。そういうわけで「埼玉が持つ日本一の〇〇」の紹介です。

市の数

実は埼玉県に存在する「市の数」は日本一で、その数は40に及びます。北海道が圧勝しているものだとばかり思っていましたが、このランキングで埼玉がトップなのはびっくりですね。

市町村全てを合わせた数でも埼玉は3位(63市町村)と健闘しています。ちなみに1位は北海道でその数は179市町村!さすがにレベルが違いますね……。

快晴の日数

雲ひとつ無い快晴の日が最も多いのも埼玉県の特徴のひとつ。しかしこれは「不動の1位」というわけでもなく、毎年宮崎県と熾烈な1位争いを繰り広げているようです。天気というのは不安定なものなので、当然でしょうね。

rapeseed-807943_640-min

それでも2000年から2011年までの統計では、埼玉県は年間快晴日数で8回も日本一となっています(4回が宮崎県)。これだけ高確率なら、堂々と1位といっても良さそうですね。

参考:「快晴日数1位」をめぐる熾烈な争い 埼玉県VS宮崎県

小松菜の出荷量が日本一

埼玉は農業に向いている台地が多く、また前述の通り天候にも恵まれやすいので、農産物の収穫量も上位となっているものが多いです。

その中で不動の地位を築いているのが「小松菜」です。出荷量は約1万5000トンで、その数はなんと2位の東京の2倍以上。

159466791_624.v1435716661-min

またそれ以外にも「深谷ねぎ」などで有名なねぎや、ほうれん草、かぶ、くわいなども2位だったりとかなりの健闘。

野菜の産出額でも全国6位であり、かなり上位に位置していることがわかります。

ドレッシングの消費量日本一!

「なんじゃそりゃ?」と思いましたが、埼玉県民は日本で最もドレッシングを消費する民族とのこと。全国平均だと1人が1年でドレッシングを消費する量は3.61本なのですが、埼玉県民は4.85本消費するらしい。

food-645670_640-min

はっきりとした理由はわかりませんが、やはり野菜の生産が盛んであることは関係性が高いように思います。

ちなみに僕もサラダは毎日のように食べますが、絶対にドレッシングをかけます。マヨネーズなどは選択肢に無いですね。特に好きなのは「シーザーサラダドレッシング」です。話がそれてきてますね。

河川の面積

荒川、利根川などの有名な川が多く通っている埼玉ですが、県における河川の面積が日本で最も大きいことも特徴です。僕の家の近くにも川が流れまくっています。

河川が多いということも農業が発達していることに一役買っているのでしょうね。また大きな河川敷を活かしてゴルフ場や運動場なども多く存在します。

金八先生で有名な荒川の土手

金八先生のOPロケ地として有名な荒川の土手

また埼玉は「川幅」でも日本一の座を手にしています。鴻巣市と吉見町の間を流れている荒川の幅は何と2500キロメートルなのだとか。しかし川幅というのは河川敷を含めた堤防の長さを示すものらしいので、実際に水が流れているのは100メートル程度のようですね。

鴻巣では川幅日本一を活かしたご当地グルメなどを生み出して、観光にも力をいれているようですね。幅が約8センチの川幅うどんが美味しそうです。

参考:こうのす川幅グルメ

自転車保有台数第一位

なんと埼玉は自転車の普及率が日本一。その理由は以下のとおり。

埼玉県の自転車普及率(人口100人あたり自転車保有台数76.9台)は、都道 府県別で全国一となっている。 また、自転車保有台数は平成10年~平成20年 の間で約2割増加しており、全国の増加率(6%)を大きく上回っている。 埼玉県の自転車普及率が高い理由として、大都市圏は鉄道網が発達してい るため、自動車よりも自転車が選好されること、また、平坦地が多いことが挙げ られる(埼玉県の平坦地率は全国一となっている)。

引用元:「自転車王国さいたま」 – 関東財務局 

地域特性として、自転車が最も便利な移動方法ということなのですね。また国内最大の自転車メーカーの「ブリヂストンサイクル」など、自転車関連企業が埼玉に集積していることも理由のひとつのようです。

white-737190_640-min

また埼玉は「日本一長い川沿いのサイクリングロード」が通る県でもあります。その長さは群馬から東京まで約170キロメートルにも及びます。自転車と縁の深い県と言えますね。

ひな人形などの節句人形の出荷額日本一

岩槻や鴻巣など人形の生産で有名な地域も多く、県別で見ても堂々の日本一。

また鴻巣では日本一高いピラミッドひな壇が存在します。圧巻の光景ですね。

screenshot_486-min

防犯活動の団体数日本一

自主的に防犯パトロールなどを行う団体が県内には5800以上存在し、日本最多の数となっています。平成17年にはそれらの団体の相性を公募し、「わがまち防犯隊」と名付けられたそうです。

※イメージ画像です

※イメージ画像です。実際の埼玉に武装兵はいません。

実際に防犯隊の数が増えるに伴って埼玉県内の治安は良くなっており、埼玉の犯罪件数はピークだった平成16年と比較すると50%以上も減少したそうです。素晴らしい!

日本最大の円墳も存在

埼玉は古墳が多いことでも有名です。僕も小学生の時に「さきたま古墳公園」に遠足へ行ったことをよく覚えています。

その中でも「丸墓山古墳」は直径105メートル、高さ19メートルで日本最大の大きさ。また埼玉で数少ない「登ることのできる古墳」であることも特徴です。

またここは桜の名所としても有名で、古墳の頂上にも桜が咲いていて絶景となっています。

screenshot_487-min

終わりに

埼玉の代表的な日本一をまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

調べる段階で自分でも知らないことがほとんどで、驚きの連続でした。知れば知るほど埼玉は色々な魅力があって面白いです。

時々意味のわからない日本一があるのも埼玉らしくて良い部分だと思いますね。

SNSでもご購読できます。