SEOにも効果大!『Table of Contents Plus』で目次を自動生成

screenshot_240-min

目次は長い間テーブルタグで自作していたけど、未熟な自分では時間が凄く掛かるので悔しいけどプラグインを導入することにしました。

有名な『Table of Contents Plus』という目次を自動生成してくれるプラグインを導入したけど、何故最初から使わなかったのかが意味分からないぐらいの優秀なアプリでした。

目次はSEOにも好影響を及ぼすようなので、自動化で時間短縮できると非常に捗ります。

『Table of Contents Plus』の紹介

冒頭でも言った通り、プラグインを導入するだけで記事に自動で目次を挿入してくれるプラグインです。記事内のh1からh6までの見出しタグを読み込んで階層に分けた目次を自動で生成してくれます。

screenshot_236-min

前回の記事の目次。h3はh2の階層に入るように表示されている。

デフォルトだとこのようにWikipedia風の目次ですが、デザインはその他にも4種類のテンプレートが用意されている他に、自分でアレンジしたテンプレートを使用することも可能です。

インストール・設定方法

『Table of Contents Plus』のインストールと基本的な設定方法を説明します。

インストール

「新規追加」から『Table of Contents Plus』と検索しするとこのプラグインが見つかると思うので、インストールして有効化してください。

有効化した時点で投稿された全記事に既に目次が挿入されています。しかしデフォルトだと少し味気ないし、使い勝手も悪いので設定をしていきましょう。

各種設定方法

「管理画面→設定→TOC+」と進み設定画面へ行きます。TOC+は”Table of Contents Plus”の略です。たまにわからなくなるので覚えておきましょう。

Position

目次を挿入する位置を設定できます。

screenshot_230-min

項目は上から、

  • 最初の見出しの直前(デフォルトがこれ)
  • 最初の見出しの直後
  • 記事の最初
  • 記事の最後

となっています。自分はデフォルトにしています。

Show When

見出しタグが何個以上あるかで目次を生成するか否かを決めることができます。

screenshot_231

自分はあまり見出しが少ないと目次を作る意味も無いと思うので、見出しが三個以上あるときに目次を生成するようにしています。

Auto insert for the following content types

コンテンツのタイプによって目次を挿入するかどうかを決めることができます。

screenshot_237

  • post:投稿記事
  • page:個別ページ
  • wpcf7_contact_form:コメントフォーム(多分「Contact Form 7」というプラグインを使っている人だけ表示される)

基本的に投稿記事のみでいいでしょう。

screenshot_238-min

Heading text

目次に表示する文字を設定できます。自分はご覧のとおり日本語で統一しています。

Show hierarchy

目次を階層表示にすることができます。見やすいのでチェック推奨です。

Number list items

目次に番号をふるかどうかを決めることができます。こちらもチェックをいれて損はないでしょう。

Enable smooth scroll effect

チェックを入れると目次から該当の見出しに飛ぶときに「ぬるっ」と動きます。自分は重くなりそうで使っていませんが、自分の目で確認してみて好みで決めましょう。

Appearance

目次の横幅、位置、文字サイズを決めることができます。

screenshot_239-min

Presentation

screenshot_234-min

好みのテンプレートを使用できます。気に入るものが無くても右下のCustomで好みに設定できます。

Advanced

ここで設定するのは「Heading levels」のみでいいです。他はデフォルトで。

screenshot_235-min

チェックを入れることで指定の見出しタグを非表示にできます。例えば「目次に表示するのはh3まででいいや」と思ったらh4,h5,h6のチェックを外しましょう。

自分は基本的にh4ぐらいまでしか使わないことにしているので設定はそのままにしています。

基本的な設定は以上です。自分に最適な設定を見つけましょう。

指定した記事にだけ目次を表示する方法

『Table of Contents Plus』を導入すると投稿した全記事に目次が表示されますが、中には目次を入れたくない記事もありますよね。

例えば段階的に順を追って説明していきたいような記事や、オチやネタバレがあると台無しになってしまう記事です。

そういった場合はショートコードを使用することで目次を表示しない設定にできます。

目次を表示させたくない記事に[no_toc]を記入

 というショートコードを記事内の何処でもいいので記入することで、その記事は目次が生成されることは無くなります。

また逆に,

 というショートコードも使用することができます。これは記入した記事にのみ目次を表示させることができるコードです。

普段は目次はいらないけど、たまには使いたいという人はこちらのショートコードを使用するのが良いでしょう。

あとがき

目次は勉強も兼ねてずっとテーブルタグで作っていたけど、最近は記事を書く時間を短縮するように心がけているので、その関係もあってプラグインに頼ることにしました。

今回『Table of Contents Plus』を使ってみて思ったけど、これはWordpressを初めた段階で入れたほうがいいプラグインだと思います。途中から導入すると、既存の目次があった場合に色々と面倒なことになるので。

SNSでもご購読できます。