ランニング・筋トレは3ヶ月続けなさい!効果が目に見えて発揮されてきますよ

sports-768430_640-min

「ランニングや筋トレなどのトレーニングは、3ヶ月あたりから効果が出てくるよ」というアドバイスを目にしたことがあるのですが、それ本当でした

早めに効果が出ないと気持ち的に辛いものですが、それでも頑張って3ヶ月は継続してみましょう。確実に変化を体感できるようになります。

ランニングを初めて3ヶ月経過したら、急に身体が引き締まってきた

ランニングを習慣にはしたものの、始めてから1~2ヶ月は自分の身体に大きな変化は感じられない状況でした。微妙に体重が減ったり、走れる距離が伸びたりはしてはいましたが、大きな変化と言えるレベルではありません。

しかし、始めてから3ヶ月ほど経った段階で変化に気が付きました。全身が明らかに引き締まってきているのです。しかも引き締まっているだけではなく、筋肉も肥大しているような感じです。野暮な言い方をすれば「マッチョ化」してきていたのです。

person-812185_640-min

※イメージ画像です

特に下半身は著しいものでした。ランニングを中心にしているだけあって、ふくらはぎと太ももは少し触るだけでも固さを実感できるようになりました。

それだけでなく、胸や肩などの筋肉も発達したように思います。ランニングは全身運動なので、上半身にも影響があったのだと思います。またウエストも細くなったことを指摘されるので、外から見ても変化は起こっているようです。

3ヶ月あたりから効果が出始めるメカニズム

どうして3ヶ月ごろから効果が出てきたのでしょうか。その理由として「身体は急な変化を嫌うもの」ということを知っておくとわかりやすいです。

例えばランニングを始めたての頃は、身体からするとそれまでの生活ではあり得なかったカロリーの消費が起こっているわけです。運動不足だった人なら尚更ですね。

その時の身体の気持ちを代弁すると、「こいつ何でいきなりこんなカロリー消費してんだ?大丈夫なんか?死ぬんか?」と心配になるのです。

belly-2354_640-min

この時に身体は無駄にカロリーを消費しないように、エネルギーを蓄える働きをします。ランニングを始めたての頃にあまり体重が減らないのはこれが原因です。つまりランニングでカロリーを消費しようとしても、身体自体がそれを拒否するので効率的に痩せることができないのですね。

しかし3ヶ月を過ぎる頃になると、身体もいい加減その生活に慣れてきて「あーこのぐらいのカロリー消費は余裕なのね。なるほどね」とランニングでカロリーを消費することを受け入れるようになり、走って消費したカロリー分も痩せることが可能になるのです。

これは筋トレも同様です。急に筋肉を増やそうとしても身体はその変化を受け入れません。現状の筋肉量をベストだと認識しているわけですから。その身体を納得させて、より多くの筋肉を付けても大丈夫と認識させるためには、やはり3ヶ月はかかるということなのですね。

これがトレーニングにおいて、3ヶ月を過ぎた頃から効果が実感できるようになるメカニズムです。身体って頑固者ですね。

まずは3ヶ月続けよう!変化を実感できればそれがモチベーションになる

もしランニングや筋トレを初めて1~2ヶ月あたりで「効果が実感できない!」とお嘆きの方は、もう少し頑張って3ヶ月は続けてみようじゃありませんか。もう少しでハッキリとした効果が得られるのですから勿体無いですよ。

running-498257_640-min

効果が実感できるようになると、それがそのままモチベーションに繋がり、軌道に乗ることができます。しかも3ヶ月続ける頃には身体も変化を受け入れてくれるわけなので、そこからトレーニングを続ければ今までより更に大きな効果を得られるということです。

むしろ3ヶ月からがスタートラインと考えたほうがいいのかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。