なぜトウガラシはコショウを超えたか/『トウガラシの世界史』

fruit-210105_640

比類ない辛さが魅力のトウガラシ。原産地の中南米からヨーロッパに伝わった当初は「食べると死ぬ」とまで言われた。だが、わずか五百年のうちに全世界の人々を魅了するに至った。ピーマンやパプリカもトウガラシから生まれた。アンデスの多様な野生トウガラシ、インドのカレー、四川の豆板醤、朝鮮半島のキムチ、日本の京野菜…。各地を訪ね、世界中に「食卓革命」を起こした香辛料の伝播の歴史と食文化を紹介する。

トウガラシの伝播の仕方によって、各国の文化や特色の違いを見ていくことができるのが本書の特徴だ。トウガラシといえば今や世界を代表する香辛料である。しかしその強烈な辛さから毒物のような扱いを受けてしまい、現代までトウガラシの利用がほとんどされてこなかった国もある。かと思えばあっさりと受け入れられて、今では食卓には欠かせない存在となっている国もある。その違いはどこに由来するのか。そこには様々な背景が存在する。

どうしてトウガラシが世界一の調味料になったのか

トウガラシは中南米で生まれ、そこから海洋交易によって次第に世界へと伝わっていった。しかしトウガラシに対する反応は、当初は否定的なものが多かった。例えばヨーロッパのとある医師は「犬に食べさせたら死ぬだろう」と雑誌の中で警告をしていたし、また韓国では「毒がある」と噂された(ちなみにどちらも根拠はない)。

そこまで評判が悪かったトウガラシが、どうして調味料の代表とも言える位置まで登りつめたのだろうか。その理由のひとつとして、コショウの代用品として利用されたことがある。コショウは中世ヨーロッパにおいて食品の抗菌・防腐のために非常に重宝されていたが、希少価値の高さが難点だった。それに比べるとトウガラシはコショウと同様に防腐作用を持っているし、なにより比較的栽培もしやすい。特にスペインではトウガラシの栽培に適している環境を持っていたため、利用は積極的に進んでいったようだ。

その背景には、トウガラシは、当時高嶺の花であったコショウと違ってスペインの環境に適して容易に栽培できたという事情もあったはずだ。

日本でも江戸時代にはトウガラシの利用が始まったが、それもほとんど同様の理由だ。日本はコショウは海外との交易によってしか入手することができなかった。そして追い打ちをかけるように鎖国政策も始まってしまい、いよいよコショウを入手するルートが閉ざされてしまった。その点でトウガラシは栽培が容易だったので、まさに救世主だったのだろう。うどんやそばに入れる七味トウガラシとしての利用が盛んだったらしい。

他にもヨーロッパや日本ではトウガラシは観賞用としても愛好されてきた。その美しい赤色や特徴的な形状を好む人が多かったのだろう。前述のように栽培が簡単だったというのも理由として考えられる。またインドにはトウガラシを魔除けとして使うおもしろい風習がある。確かにあの強烈な辛さと尖った形が悪霊に効くという想像をするのは理解できるような気がする。こうして見ると国によってトウガラシの利用方法は色々で興味深い。

ただこのようにトウガラシが普及したのは、やはりその辛さに世界が魅了されてしまったというのが最大の理由のように思う。辛いものというのは不思議なもので、食べるとヒーヒー言わされるのをわかっていても、ついまた食べたくなってしまう。これは辛いものを食べた時に脳内にエンドルフィンが分泌されることに関係しているようだ。

トウガラシは胃腸を活性化するだけではなく、カプサイシンによって体に異常をきたしたと感じた脳は、脳内モルヒネと呼ばれるエンドルフィンまで分泌する。エンドルフィンは、モルヒネと同じような鎮痛作用があり、疲労や痛みを和らげる役割を果たす。そのため、結果的に、わたしたち人間は陶酔感を覚え、快感を感じることになるのだ。

今のような暑い季節に辛いものを食べたくなるのは、このような作用によるものなのである。

カプサイシン特有のあの「ヒリヒリする辛さ」は、トウガラシによってしか出せないらしい。そのような新しい味覚を提供したことが食卓への大きな貢献であり、現代に至るまでトウガラシが愛されている理由なのだろう。

おわりに

本書では各章別でヨーロッパやアフリカ、日本に焦点を当てて、その中でトウガラシがどのような役割を果たしてきたかを見ることができる。その地域の文化や特色によってトウガラシの広まり方、扱いが様々な点がおもしろいところだ。

また本章の中にはトウガラシを使った様々な料理が紹介されており、それがとにかく美味そうである。自分も辛いものが好きな人間なので、読んでいる時はヨダレがダバダバだった。

トウガラシや辛い料理が好きな人にはぜひ読んでほしい本です。

SNSでもご購読できます。